桜にとっては 無情な雨・・・

昨日の午後 ゴロゴロと 雷の音がした。
春雷 というと 少々ロマンチックな雰囲気だが
雷は 大の苦手である。
目をつぶり 耳をふさぎ 恐怖のどん底・・・
幸いこの日は パステル和アートのレッスン日だから
ひとりではなかった。
先生と一緒だから ふだんの怖さは激減!!

ちょうど 桜の絵を描き始めたところ・・・

雷の音は 初め 申し訳なさそうに 少し遠くで
2~3回ゴロゴロしていたが
4回目は 急に近くなった。
ここにいるぞと言わんばかり 大暴れしている。
と同時に 激しい雨が降り出したので 驚いて
カーテンを開けたら ひょうも降っているではないか。
小さな粒だが パチパチと道路に落ちる音がする。
この季節に ひょうが降るとは
春の天気は 何と 情緒不安定 極まりないことか。

パステルのピンクの色を指でこすりながら
ふと 勤務先の病院の桜が 気になった。

この季節 大きな数本の桜は 見事に花をつけている。
先週は 満開になり 病院の庭は 華やかな春爛漫♪
そんな中
緩和ケア病棟の患者さんと一緒に お花見をした。
車いすや ベッドのまま・・・
外に出て 春の風にふかれるだけでも 楽しいこと
まして 桜の花の下に わが身を置くことができる。
こんなに うれしいことはない。
おひとり おひとり 待ちに待っていた 桜なのだから。 

車いすやベッドから見上げる桜の花々は 青空を背景に
こぼれんばかりの微笑みで歓迎してくれている。
それを愛でるひとも とびきりの笑顔
弱々しい表情の中に こんなエネルギーが宿っていたんだと
思うほど いのちがキラキラと輝いている。
スタッフのひとりが 
桜木の下の方に咲いている小枝を数本 手でちぎって
患者さんに差し上げると・・・
手でしっかりと枝をもち 花びらのにおいをかぎ
ほっぺたにふわふわとくっつける。
「桜はいいねぇ 見られてよかった 本当によかった・・・」
と感無量の表情
そのひとことの重みを わたしは 全身全霊で受け止める。

スタッフが 禁を犯してまで 枝を折り
手渡したかった 桜花
それを うけとったひとの満面の笑み
ああ 今を生きていらっしゃる・・・
春を感じていらっしゃる・・・
そして わたしも スタッフも
共に その同じ時を 生きているのです。

    🍃

先週の そんな場面を思い出していたら
あの桜たちも
この雨で もう 散ってしまうのではないかと心配になった。
先週 満開になっていたのだから
いずれ 散る方に向かうのは必至だが
一挙に花がなくなってしまうのは寂しい。
散り際の桜木の下 淡い桃色の花びらが
ひらひらと散って来るのもまた 風情がある。
そんな花舞う時期に 患者さんとご一緒した事もあったのだと
さらなる記憶が蘇ります。

とは いっても
桜の花は 人間の都合などきいてはいられない。
桜は 満開ののち
すでに来年の開花に向けて 準備を始めているのだ。

花が散り葉桜となる頃 その緑葉が ある物質をつくるという。
それは 休眠物質。
翌年つぼみの芽吹くところに ぎっしりと蓄えるらしい。
冬になって寒くなると 木は眠る その時のための休眠物質。
桜にとっても 眠ることは大いに必要なのだ。
ヒトも桜の 同じような生き物なのだと しみじみ思う。

冬の間に 休眠物質を使い果たして 桜は目覚める。
そして つぼみが大きくなり 開花するという。
冬の寒さが 厳しければ厳しいほど 休眠物質はどんどん
使われて なくなってしまうので 花は一気に咲きそろう。

こんな桜の開花のメカニズムを知ってから
わたしの桜への見方に 変化あり・・・
これまでは 桜花の見事な美しさは いうまでもなく 
パッと咲いて パッと散って 美しさゆえのはかなさにも
魅力を感じていた。
そこに さらに こんな見方が加わった。
散ると同時に 夏の間 葉を茂らせ ひたすら休眠物質を作り
秋は枯れ葉を落とし 冬は裸木になって眠りにつく。
そして 厳しい冬を眠ったあとは 見事に花を咲かせる。
そんな 桜の一年を想って 浮かんだ言葉がある。
それは ひたむきさ・・・
はかなさ + ひたむきさ・・・

冬の寒さが厳しいほど 花開く・・・
人間も そんなところがあるような気がする。
花が開くかどうかは わからないが
辛い事 哀しい事の試練に耐えるほど
人生の味わいを感じられるように思うから。

桜のように ひたむきに生きていけたら
きっと 後悔しない
自分の人生 自分の生き方に・・・

詩人 八木重吉氏の詩・・・

 綺麗な桜の花をみていると
 そのひとすじの気持ちにうたれる


詩人の書いた 「ひとすじの気持ち」
わたしの感じた ひたむきさ と ほんの少し
近いだろうか。
わたしも 桜のひたむきな姿に
こころ打たれている ひとりです。

    🍃

パステル画のレッスンが 終わる頃
雷の音は遠のいていき 雨はやんでいる。
薄日もさしてきて またすっかり春模様。

数枚のパステル画から この一枚を額に入れた。

DSC_0592.jpg

桜の花が終わっても ずっと 飾っておくことにしよう。

桜のように
ひたむきに
一途な思いで 生きていきたいから。
せめて 自分がこれだと 思うことには・・・

来年もまた 桜の花に 会いたいから。
必ず 会いたいから。

    🍃

明日は また 病院に勤務します。
はらはらと舞う 花びらを この両手に受けとろう。

桜木のひたむきさが
わたしに 宿りますように 💛


          おり~ぶ
 

長々と おつき合い頂いて ありがとうございます

※ランキングに参加中。
応援ポチッと頂けると すんごくうれしいです 


にほんブログ村









あら 忘れちゃってた・・・遅くなってごめんね。

待った甲斐あり

comment iconコメント ( 10 )

涙がにじみました。
心に響くお話です。

パステル画も見せてくだすって ありがとう!

名前: わすれ草 [Edit] 2017-04-16 13:22

パステル画

こんにちは。
お義姉様の手術が無事に終わって良かったですね。

そして
今日のパステル画、素敵です。
いい色ですね。いろんなピンク色
先日、東山魁夷画伯展をいらした気持ちがわかるような気がしています。
おり~ぶさんの絵と重なりました。

また、桜の一生はよく人生に例える人は多いです。
私も桜は大好きです。

仰る通りで、はかなくて、ひたむきで・・・
咲き誇る見せ場は華やかで、気品があって・・・

禁の一枝は、桜からのプレゼントなのでしょう!
いいお話ありがとうございました。

名前: [Edit] 2017-04-16 16:18

Re: わすれ草さんへ

わすれ草さん こんにちは。

桜を求めて旅をなさった・・・
さらに
桜の下を歩かれるお写真・・・
拝見しました。

色あせることのない 宝物のような時間
どうぞ 胸の奥で 大切に大切になさってくださいね。

わすれ草さん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-04-16 17:14

Re: パステル画:夏さんへ

夏さん こんにちは。

パステル画は なかなか上達しませんが
たのしく描いています。
フリーな時間が増えたら もっと描きたいのですが・・・

桜は 木の中でも特にドラマチックな印象ですね。
それは やっぱり 咲き誇り 散っていく姿が
あまりに美しいからでしょうか。

義姉のことも覚えていて下さって 感謝です。
とりあえず ほっとしました。

夏さん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-04-16 17:21

感動しました

おり~ぶさん
こんにちは。
何か物凄く久しぶりに感じるのはなんでしょうか、
さくらのお話、感動致しました。
そして 病院のスタッフさんの 禁を破ってまでの深い思いやり。
見せてくだっさた方はどんなにお喜びだったでしょう。
さくらの休眠物質のお話、益々、桜が好きになりました。
おり~ぶさんのさくらのパステル画も思いやり、優しさ、潔さを感じ、わたし、欲しい程です(*^_^*)

お義姉さんの手術のご成功、良かったですね、姪さんもおり~ぶさんが一緒に付き添ってくれたこと、こころ強かったことでしょう。
いつもありがとうございます。

名前: あんこ [Edit] 2017-04-16 17:52

Re: 感動しました:あんこさんへ

あんこさん こんばんは。

そうね ほんとに久しぶりな感じですね。
また 会えてうれしいです🎵

桜の枝 ほんとはとっちゃいけないんだけど
つい 差し上げたくてね この時は スタッフが
行動に移してました まあ 許される範囲でしょう。

パステル画 そんなに褒められて なんか照れるなぁ。
なかなか上手にできなくてね でも楽しくやってます。

義姉のこと そう言ってもらえて ありがたいです。
今は ほっとしてます。

あんこさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-04-16 19:55

桜の力は偉大ですね

日本人にとって桜のイメージが大きいのでしょうね
春に咲く桜には大きな力がありますね
今まで寒い秋冬を乗り越えやっと少し暖かくなって
春が来る頃あの優しいピンクの桜の花が咲き始める
優しい気持ちになって幸せな気持ちになりますものね

札幌は桜並木もあまりなく桜のイメージはないのですが
本州に引っ越して一番感動したのは
何度も書いていますがやっぱり桜ですね
こんな美しい物があるのだと(^^)/

風が吹いて桜の花びらが舞い降りて来る桜吹雪の下を歩いた
思い出は今でも鮮明に覚えています
幸せすぎて・・・

そういう意味でも「ひとすじの気持ち」のイメージに
納得します(^^)/愛する人と桜を追っかけドライブしたあの頃の気持ちが
蘇るわ・・こちらは5月の連休の頃かな。

いつも素敵な言葉を有難うございます

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-04-17 13:12

Re: 桜の力は偉大ですね:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんばんは。

そう 桜の花を見ると ほんと優しい気もちになりますね。

美しい桜の花の下の思い出
大切に大切に なさってくださいね。
思い出すだけでも 幸せ気分・・・でしょ。
ひとすじの気持ちで過ごした頃の 思い出・・・

北海道の桜は 5月の連休頃なんですね。
もうしばらく お待ちください。

ののはなかれんさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-04-17 18:59

おり~ぶさん、わざわざコメント有難う御座いました
お義姉さんとの良い関係が築けていらっしゃってますね、良かったです
桜の花も緩和ケアに行かされているのですから本望じゃ~ないでしょうかね
パステルカラーの絵はパソコンで作られてるのではないのですね
とっても素敵ですよ、色使いもバランスもね、私も水彩画が描きたくて
時々描くのですがね、なかなか時間が取れなくてね~
簡単な絵手紙でもいいので描きたいと思っているのです

名前: 久仁 [Edit] 2017-04-18 08:08

Re: 久仁さんへ

久仁さん こんにちは。

パステル画 褒めて頂いて うれしいです。
そう 手描きなんですよ。
まだまだ つたない絵です。

久仁さんも 絵 やられるんですか。
水彩画 いいですね。
でも 時間がとれないのは わたしも悩みのひとつ。
すきま時間にちょこっと描けたらいいですね。

久仁さん こちらこそ ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-04-18 10:28

コメントの投稿