今朝は 早起きして 書いてます。
いつもだったら 午前8時過ぎに書き始めるのですが
何と 5時起きして PCの電源を入れました。

今日の仕事は 一日勤務なので 早くに出かけます。
いつもの病院ではなく 某学生相談室へ。
この4月から 毎週火曜日は そこに行くことになりました。
今日は入学式・・・特別に 朝からの勤務となったのです。

新1年の学生さんは 新たなスタート
わたしも 新たな職場の仕事がスタートします。

ついでにいうと 今日は・・・

わたしの誕生日 62歳になりました。
わたしが わたしに happy birthday ♪

誕生日おめでとう


4月4日 覚えやすい数字?!
以前 中学校のスクールカウンセラーをやっていた時のこと。
相談室に遊びに来ていた やんちゃな少年少女たち。
わいわいしながら 誕生日の話題になって・・・
「〇〇さん 誕生日って いつ?」と聞かれました。
「4月4日よ」と答えたら すかさず ひとりの子が
「あ~ おかまの日だぁ」と笑うんです。
周りにいた子もわたしも 「えっ なんで?」と一瞬
ぽか~んとして わからなかった。

その子が言うのには・・・
「3月3日は 女の子のお雛様
 5月5日は 男の子の子どもの日(端午の節句)
 4月4日は その中間だから おかまでしょ」だって。
なるほどね♪ みんな感心してしまいました。
以来 誕生日を聞かれた時は ふざけて「おかまの日」
という時があるの。そうすると 結構 誕生日 覚えて
くれてたりします。

4月4日生まれのわたし・・・
これまでに出会った 仲良し同級生のなかで
4月1日 2日 3日生まれのひとは ひとりもいなかった。
偶然ですけれど。
同級生の中では 数か月違いでお姉さんだから 誰よりも
早く 歳をとってしまいます(>_<)
若い頃 わたしが あと一か月で20歳になろうとしている時
やっと 19歳になるという同級生 いましたもの。
自分がものすご~く老けちゃった感じがして ショックだったわ。
最近では できるだけ遅く 歳とりたいわって思うから
昔より 切実よ。

同級生で
「〇〇さんは 62歳だけど わたしは まぁだ 61歳だもん」
なんておふざけをいう友達には
「あら わたしのほうが大人なのさ」って
余裕で 笑ってみせたいわ(^_-)-☆

   🍃

とはいっても 早いの遅いのは どうでもいいです。
こんなこと言ってたら
一生懸命産んでくれた母に申し訳ない。

30歳の母が 大事に大事にお腹の中で育てたわたしは
4月4日の昼頃 大きな産声をあげて 奇跡的に
この世に生まれてきたのです。

誕生日は 両親に感謝する日
産んでくれて 育ててくれた父母の愛に感謝する日
そして
大いなるものに感謝する日
さらに
62歳まで 生きてこられたことに 感謝する日

10数年前 思いもよらない病気になったときは
こんなに長生きできるなんて思えなかったから
60歳を迎えられた時も 本当にうれしかった。
そこから さらに・・・62歳!! 感無量です。

できたら この喜びを 誰かと今すぐ 分かち合えたら
いいなあと思います。
まずは パートナー? でも わたしの夫はもういない。
生前の ちょっとしたお祝いの食事やプレゼント・・・ 
今となっては 少しセピア色に近い思い出になりました。

郷里に戻ってきてからは 母の近くに暮らし
母の晩年は 一緒にこの家で過ごしていたから
「おめでとう」の言葉 母が必ず言ってくれました。
不思議と 忘れる事はなかったんじゃないかしら。
わたしから言わなくても
「今日 誕生日だね」と言ってくれた・・・
ああ 海より深い母の愛
  
    🍃

目覚めてすぐ 朝一番に
「誕生日 おめでとう」と言ってくれるひとは
今年もまた おりません ちょっと寂しいわね。
たぶん これからも ずっと。

でも
今までの誕生日と ちがうことが ひとつあります。
それは・・・
「わたしの誕生日よ」と こうして ブログに書いていること。

読んで下さっている まだ見ぬ あなたさま
わたしの この喜びを共有して下さって
本当に ありがとうございます m(__)m

去年の誕生日には こんなこと 想像もしていませんでした。
61歳~62歳 わたしにとっては激動の一年でした。
このブログが その証です。
おそらく 62歳の この一年も 数々のエピソードが
生まれることでしょう。

ところで
ヒトの身体の細胞は 日々新しく生まれ変わっているらしい。
ということは・・・
毎日 毎日 次々と
新たなわたしが生まれていると言ってもいいのかな(^_-)-☆
そういう意味では もしかして 毎日が 誕生日??
なんと おめでたいことでしょう。

とにもかくにも めでたき この一年を
フレッシュな気もちで 今日 スタートします。

62歳
日々 新たなり


       ✐ おり~ぶ



※ランキングに参加中。応援ポチッと頂けるとうれしいです 


にほんブログ村










今朝のTV
歌手の小田和正さんが 写っていました。
思わず ひき込まれてしまった・・・

小田さんの特別なファンというわけでもなく
コンサートにも 行ったことはないけれど
あの 透明感のある高音を 聴いたら
誰だって 魅了されますよね。

1979年の「さよなら」
わたしが社会人になった翌年だったか
爆発的な ヒット曲でした。

♪ さよなら さよなら さよなら
もうすぐ そとは 白い冬~
愛したのは たしかに君だけ
そのままの君だけ~  ♪

学生時代の淡い恋なんて思い出しながら
この曲聴いて 涙 流してましたもん。


ピアノを弾いて歌うひと
  このイラスト 髪型が小田さんのと ちょっと違うわね。

ところで その小田さん 70歳になるらしい。
BSプレミアムのロングインタビューの
ほんの一部を 今朝 放映していたのです。

小田さん 70歳といいますが
お若いです やはり♪

「ラブストーリーは突然に」「言葉にできない」など
次々とヒット曲を生み出してきた 小田さんにも
売れない時代もあったそう。
そんな時 彼は 思った。
「売れないのは 自分たちの音楽がまずいからなんだろう」と。

わたしは この言葉を聞いた時 ハッとしました。
ああ この言葉が
小田さんの たゆまぬ音楽への追究の源だろう。
多くのひとに聴いてもらえる音楽
多くのひとのこころに残る音楽
とにかく いいものを創ろうと思ってきたから
今の小田さんが あるんだわ。

ものごとがうまくいかない時
何かがうまくできない時
何かのせいにするんじゃなく ひとのせいにするんじゃなく
まずは 自分のことを 省みる・・・
何がまずいのか どこがまずいのか
どうしたらできるようになるのか そこからじっくり考える。

もし 小田さんが
「自分たちの音楽は いけてる!!のに
それをわかってくれる人がいないんだ」と
考えてしまったら その先はなかったかもしれません。

そして・・・
小田さんが 昔 自動車事故に合った時
大勢のファンが言ってくれたんですって。
「とにかく生きててくれるだけでよかった」と。
それを手紙で知った彼は
「ファンに喜んでもらいたい!!」と思ったそうです。
「それまでは かっこつけたところでたたかってきたけれど
そうじゃないんだ 喜んでもらうんだ」と
コンサートの中身を変えていった・・・
ファンサービス全開のコンサートの映像 楽しそう♪

小田さんは 70歳!!
これからも 理想の音楽をもとめて
日々 進化なさっていくことでしょう。

「キーを下げて歌うようになったら 潔く身を引くかな」
とも 言っていましたが
インタビュアーに 「引退は?」と聞かれて
「へへへ・・・」と お茶目に答えていました。

たぶん・・・・引退はしないですよ。
まだまだ「さよなら」はしてほしくな~い。
70代になっても 輝き続けて
甘く 切ない 素敵な高音を響かせてほしいです。

小田さん
まだまだ「さよなら」は なしよ

わたしも ブログ
こころを込めて 綴っていこうと思います 

くもこブログ楽しい

      🍃

(お知らせ)
わたしといっしょ♡ブログ
ご訪問頂きまして まことに ありがとうございます。
今日で ブログスタートからちょうど10か月が経ちました。
拙い記事を読んで頂き そして 育てて頂き
本当に 感謝の気もちでいっぱいです💛

つきましては お知らせがございます。
わたしの 暮らし・仕事・趣味 のバランス調整のため
本日から 一日おきに更新することにいたしました。
更新の回数は少なくなりますが・・・
これからも 時折 お立ち寄り下さいますよう
どうぞ よろしくお願い申し上げます m(__)m 

   
         ✐ おり~ぶ 



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




ブログのこと
半年前の 5月15日に記事がスタート。
今日は ブログ半年記念日です。
そんな記念日 勝手につくってすみません (^_-)-☆

3か月過ぎた時も 記念日の記事 書いたのですよ。
お時間のある方で 未読の方は 読んで頂けるとうれしいな。

  👇
あなたへ

あれから 季節は流れ もう初冬。
毎日毎日 更新できましたのは
読んで下さるあなたのおかげ♡
応援ポチッ☆押してくださる あなたのおかげ♡
本当に本当に 感謝の気もちで いっぱいです。
いつも ありがとうございます!!

書くことが習慣になってきて
書くことは 生きること!!などと
大げさなことまで感じている おり~ぶでございます。
ブログ村に集う たくさんの書くひと 読むひと
この村の 豊かさと 深さと・・・
しだいにしだいに わかってきたような気がします。

これからも 細く 長~く続けていけたらいいな。
それが わたしの願いです。

でも ここに来て ひとつ 悩みが出現 (>_<)

どうしよう

趣味でやっている朗読の発表会まで あと一か月。
自主練習日やレッスン日のスケジュールを見ると
うまく 乗り切っていけるかしらと少々不安になりました。
自分だけの練習も 今まで以上にやらないとね。
20分でも40分でも 時間を確保して。
みんなで いい舞台にしようって 誓ったからには。

もともと器用な方ではないので
こんな場合 同時進行で どれも全力疾走は無理なタイプ。
それと 大病をしてからは 睡眠時間の確保は最優先 !!
眠る時間は 削れません (>_<)
ブログと 仕事と 朗読と その他もろもろ どうしよう。
ブログも 記事をいったん書き始めると
2~3行で済ますってことができない性質(たち)なんです。
とにかく 今の時間枠の中で どうにかするぞって思って
・・・考えました。

結果・・・

ブログの更新を 毎日じゃなく 一日おきにしようと思います。

大変大変ありがたいことに
「毎日楽しみ」と書いて下さったコメントを頂いたこともあるので
とっても こころ苦しいのだけれど
楽な気もちで続けていきたいと思うので そうさせてくださいね。

ブログ楽しい

ところで 悩み中は こんなことまでやりました(^_-)-☆

ダウジングって ご存知でしょうか?
L字型の木の棒や振り子を使って 水脈を発見する手法。
ちょっとオカルトっぽいけれど そうではないの。
実際に 発見されるそうですよ。

そのダウジングのやり方を使ってする ダウジング占い
たま~に 遊びでやったりします。
こんなグッズを使います。
線を書いた紙と 振り子。
ピンクの振り子 結構 捜し歩いて見つけたものなの。

IMG_0612.jpg

振り子を 親指と人差し指でもって
紙の中心の上に 下げます。
Yes Noで答えられる質問をすると 振り子が揺れるんです。
例えば 「わたしの血液型はO型です」と聞くと
Yes の縦方向に動くか 右回りに動くんですよ。
指先を動かしてるんでしょと思うでしょうが
意識して動かしているわけではありません。
いわば 脳が動かしている。
脳の指令によって
無意識に 手が微細に動いてしまうんですね。
科学的に観察すると 筋肉がかすかに動いているそうです。
潜在意識の中に すでに正解が眠っているということかな。

このダウジング占い 久しぶりにやってみたの。
潜在意識にきく間でもなく
何をどうするかという具体的なことを考えているので
顕在意識で 答は出そうだったけど 念のため・・・

「ブログを長~く続けていきたいですか」 Yesに振れる
「朗読の練習時間を増やしたいですか」 Yes
「ブログの更新を休みますか」 No
「ブログを毎日書きますか」 No
「更新を一週間に一度だけにしますか」No
「更新を一日おきぐらいにしますか」 Yes

こうして書いてると 何だか可笑しくなってきちゃいます。
質問を声に出しながら じいっと 振り子の動きを待っている。
まじめな顔して 真剣に 振り子とにらめっこしてたの。

最後の質問で 振り子が Yes の回転になったから
気もちがすっきりしました。
毎日書かないと自分が寂しくなっちゃうような気もするけれど
とにかく 無理のないペースで続けていこう♪
それでいいんだわ。
わたしの奥底の こころの声が そう言っている・・・

    🍃

ということで
ブログの更新は 一日おきにはなりますが
これからも ぜひぜひ お立ち寄りくださいね。
どうぞ よろしく お願いいたします

寒さ厳しくなります折
あなたも 風邪などひかれませんよう
くれぐれも ご自愛くださいね ♡

            おり~ぶ


ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッにも 励まされてます(^^)/





にほんブログ村




人気ブログランキングへ
            





 



ブログを読んで下さる.あなたへ

このブログに.お立ち寄りくださいまして
本当に.ありがとうございます。

お顔も.お名前も存じ上げないあなた様では
ございますが・・・

いかが.お過ごしでしょうか?
TVで.各地の最高気温のアナウンスがあると
あまりの暑さに.体調を崩されているのでは・・・と
ふと.案じたりもしております。


わたしは.ご存知のように元気に暮らしております。

このブログも
何とか.3か月続けることができました。

石の上にも3年. じゃなく 3か月
何かを続けるときって.とりあえず
3日 30日 3か月が.目安のような感じがしています。

この3か月
書き始めたら.毎日更新しなくてはと
やや強迫的に.綴ってきましたが
今は
3か月続けられたという満足感があります。
内容はともかくも
一ページ一ページ積み重ねてきている
そんな充実感。

3か月ぐらいで.ほっと一息ついてたら
何年も続けていらっしゃる先輩の方々から
「あなた.まだまだよ」と笑われてしまいそうだけど。

226080.jpg


こうして続けることができたのは
読んで下さる
あなたがいてくれたから。

どんな方が.読んで下さるんだろう?
どんな背景をもち
どんなことが好きなのかなあ。
どんなふうに暮らしているのかなあ。
いろんなことを.勝手に想像しながら
こころの中の.「あなた」へ
わたしの思いが.伝わればいいな♪
そんなふうに思って書いてます。

何を.伝えたいの?どう.伝えるの?
どうしたら.受け取って下さるだろう?
これからも悩む日々・・・

でも.どこか
楽しい悩みなんですよ。

ブログを書くって
とってもクリエイティブなことって
やってみて思いました。
書くことが決まると.ワクワクします。

そうして
わたしが綴ったものを
あなたのこころが
受け止めて.共有して下さるとしたら
それは.何て素敵なことでしょう。

ひとは
ひとりで暮らすことはできるけれど
ひとりで生きることはできない。
ひととのつながりの中でこそ
生きていける・・・

実際にはお会いしたことのない
見えないあなたにも
わたしは支えて頂いてるなあ。
ありがとう!!って思っています。


長々と.自分のことだけ書いて失礼しました。
3か月という節目の時
どうしても.あなたに
今の気もちをお伝えしたかったんです♡

さて

これからも.ブログ.続けていきますね。
無理せず.気負わずに.力まずに
って.思っているので
たった3行の記事の時もあるかもしれません(^_-)-☆

でも どうぞ どうぞ
また ぜひ お立ち寄りくださいね。
お待ちしています ♡

暑さ厳しくなってまいります折
くれぐれも.お身体をお厭いくださいませ。

    ✐おり~ぶ より















8月14日は
忘れられない日です。


IMG_0407.jpg


2001年のこの日
右乳がんの診断を受けました。

その3年程前に
人間ドッグで要精密検査になりましたが
良性の腫瘍という診断。
たしかに.よく触ってみると
手に.ちょっと硬いしこりが触れました。

その後.毎年一回は.検査をしていて
これまた良性ということで.ひと安心してました。

その年の7月末.いつもの総合病院で検査。
Drは.前の方が定年退職していて
新たなDr.S先生に変わっていました。

触診 マンモグラフィー エコー  血液検査
そして.生検(細胞診)

この細胞診では.何も出なかった。
でも.S先生は「気になるからもう一回細胞診していい?」
と.聞くのです。
エーッと.青ざめました。
もしかして.絶望の淵に立たされてしまうの!!

細胞診の結果を聞きに行くまでの期間
こころは.半端なく波立ちました。


まだ診断されてもいないのに
乳がんについての本を買い
闘病されている方のブログを読み
徹底的に.自己防衛しましたよ。
それぐらい.不安と恐怖に
押しつぶされそうでした。

そして.思いました。
すぐ.死んじゃうわけじゃないんだって。
敵の正体を知ったら.少し落ち着いてきたんです。

だから
S先生「やっぱり悪いものが出たよ。乳がんですね。」
この言葉を.冷静に受けとめました。

S先生「マンモでは.はっきりしなかった。
〇〇さんのは.乳腺がかたそうだから
その裏に隠れていて.みつけにくそう。
(過去の)細胞診でもわからなかったのかもしれません」

S先生は.エコーで怪しいと思ったんでしょうね。
だから.「もう一度細胞診を」と.言ってくれたんです。

さあ.そうと決まったからには
手術することに.迷いはありませんでした。
右乳房切除です。
「温存手術は.できないんでしょうか?」と.先生に聞くと
「〇〇さんのお乳は小さいから.約2~3cmのしこりをとると
ほんの少ししか残らないからなあ」という返答。
おまけに
「ファッションモデルやってるわけじゃないでしょ」
というので.笑っちゃいました。
S先生は.はっきりズバズバと話すけど
ユーモアのある人なので許せます (^_-)-☆

手術の日は
義姉と姪っ子が.付き添ってくれました。
何が.心配って・・・
麻酔から目が覚めなかったらどうしよう.ということだけ。


術後
「〇〇さん 〇〇さん」と呼ばれて覚醒したとき
ほ~っとしたのを思い出します。
S先生が.わたしの顔を覗き込んで.にこっと笑ってくれた。
以来.S先生のファンになりました ♡

病理検査では.腫瘍の大きさ2.6cm
リンパ節転移あり.13個 
腫瘍は.ホルモン受容性あり
ステージⅡb

生存率は.どのくらいなの?
ネットで調べまくりましたが
リンパ節転移13個という数は
楽観視できるものではなかったです。
(当時の資料では)
エッ 2年 3年以内に???


乳がんには.標準治療というものがあり
病理の結果をもとに
再発・転移予防の治療が始まります。

わたしの場合は
化学療法(抗がん剤) ホルモン療法

抗がん剤は.最初の一回だけで
白血球が命にかかわるまで減少してしまい
中止になりました。

飲み薬の抗がん剤の服用
ホルモン療法の注射と服用を続けて・・・

ああ
やっと3か月生きられた・・・
やっと1年生きられた・・・
やっと3年生きられた・・・

そんな思いで.毎年8月14日を迎えてきました。

そして

10年で.標準治療終了。
それ以上やっても
再発を予防できるというデータがないのです。
治療の最終日
S先生は.いつになくまじめな顔で
「今日で.この治療は卒業です。
 残っている左の乳房は.毎月必ず自己触診して下さい。
 何か変わったことがあったら.すぐ来てください」と。
完治した.という言葉はないのです。
わたしの乳がんは.あくまで進行がんですから。

11年目からも
毎年一回は.自主的に受診してます。
S先生も.ずっと外科にいらっしゃるので
心強いです!!

   ♡

いのちの瀬戸際に立たされて
とてつもない不安に
打ちのめされそうになったこともあった・・・
その中で
生きていきたい!!という思いも
生きていられる!!という喜びも
いっぱいいっぱい味わってきました。

生きていきたいという思い・・・
私には.当時.どうしても取得したい資格があり
その資格で.仕事をしていきたい。
そんな強い願いがありました。

そして
何よりも生きねばならないと思ったのは
母の存在です。
何としてでも,母を残しては死ねない!!
息子を亡くした母に
これ以上の悲しみを味わわせたくない。
そう思っていたのです。

もしかしたら.その一念が
わたしを.ここまで連れてきてくれたのかな。

母を見送った時.とても悲しかったけど
どこか安堵しているわたしを.感じていました。

   ♡

もし.乳がんにならなかったら
こんなに.自分を愛おしむことができたろうかと
ふと.思うことがあります。

この病を体験しながら
ひとりの自分と向きあってきたからこそ
今のわたしが.いるのです。

ほんのささいなことでも.幸せに感じちゃう。
生きていられるからには.生きる喜びを味わっちゃう。
今.この瞬間を.大事に生きるよ。
無理なんかしない.わたしはわたし。
出会いを大切にするんだ.一期一会。
ネガティブ<ポジティブ!!

これからも
わたしは.わたしといっしょ♡


15年目の8月14日は
またまた.特別な日。

病がわかってからは
同じ病をもつ方のブログを読んで
生きようとする思いに打たれ
励まされてきました。

そんなわたしが.こうして今
ブログを書いているなんて・・・

これからも.ブログといっしょ♡

    
     ✐おり~ぶ