今日の話題は・・・
老いを前向きに生きている 3人の方について。

まず お一人目は・・・
先日の朝のニュース・クローズアップのコーナーで
拝見した 漫談師 Kさん 71歳。
お年寄りに笑いを届けるアマチュア漫談師さんです。
老いをテーマにした辛口トークで
高知県の過疎地を中心に公演活動していらっしゃる。
10年間以上 それも 何と 無償です!!
地域の町内会から依頼されれば どこへでも・・・

お笑いを志したのは 高校生のころ。
プロを目指したけれど 親御さんに反対されて
公務員になりましたが
51歳 ボランティア活動で高齢者施設を回った時
好きだった漫談を披露し 喜ばれたことで
転機が訪れます。

そして 定年後 本格的に活動を始めたとのこと。
ご本人も 自らの老いをひしひしと感じている日々
でも その老いを悲しむだけでなく 老いを受け入れて
楽しもうと思ったそうです。
そして 漫談で 多くのお年寄りの方々に
笑いを届けているのです。

TVの画面には 笑顔 笑顔 笑顔
みんな声をあげて笑ったり にやにやしたり・・・
笑顔って 見ている方も 笑顔になります。
わたしも 公演の場にいるかのごとく アハハって
笑い声をあげてしまいました。
Kさんのトークから ふたつ・・・
・電子レンジのチンに 思わず手を合わせる
・子どもを高い高いしたら 自分が他界しそう
Kさん これからも 練りに練ったフレーズで
みなさんに笑顔を届けてくださいね。

   🍃

お二人目は・・・
シャンソンカフェの Aママ 
彼女は わたしの身近にいらっしゃる方です。
ちょっとしたきっかけで お知り合いになった
茨城出身の女優さん(舞台が中心)
彼女は シャンソンも歌うので
今はシャンソンカフェのオーナーでもあります

「古希は超えている」とはご本人の弁。
つまり70歳以上 年齢の詳細は不明(>_<)

彼女は 今 多忙を極めているようです。
なぜかと いうと・・・
茨城が舞台の朝ドラ「ひよっこ」の俳優さん達に
茨城言葉を指導している方々のおひとりなんです。
時々 テロップにお名前が出てくると
わたしまで ドキドキしてしまう。

彼女は とにかく明るくチャーミングなので
誰とでもすぐ お友達になってしまうような感じ。
今回のお仕事でも 「たくさん友達できたよ~」と
喜んでます。
水戸と北茨城 水戸と東京を行き来してロケや撮影の
現場にも行くので 体力的にはとても大変そう。
「もの忘れもひどくなったわね」と言いながらも
持ち前のバイタリティーで 疲れなんか
どこ吹く風で 頑張っているみたい。
ほんと そのパワフルさには圧倒されます いつも。

    🍃

三人目は・・・実在しないひと
えっ 何それ?と お思いでしょう。

名前は 傘寿まり子さんです。
この コミックの主人公!!
 👇
傘寿まり子(2) (KCデラックス BE LOVE)

傘寿ですから まり子さんは 80歳。

彼女との出会いは 新聞の 本の紹介欄・・・
「傘寿まり子」って インパクトあったし
しかも 高齢者が主人公のコミックってあるんだと
びっくりしました。

実は わたしは 中学生以来 コミック本を
買ったことがありません。
小学生の時は 明けても暮れてもの漫画っ子で
お小遣いをもらうと 街の古本屋に行っては
少女漫画を買ったり 友達に借りたりして
とにかく 漫画漬けでした。
でも なぜだか 小学校卒業と同時に全く
興味がなくなってしまって それ以来
ピタッと読まなくなってしまったのです。
だから 「ベルばら」以降のヒット作も全く
読んでいません(>_<)

そんな わたしなのに 「傘寿まり子」
電子書籍で 買ってしまった!!
そんな気もちにさせたのは何だったの?
それは 「傘寿」という言葉・・・
80歳の女性の生きざまを 漫画家は
どんなテーマで どう描くの? 
というか 単純に 傘寿まり子さんの生き方を
知りたかった。どんな切り口であれ
面白そうじゃないのって 思った次第。

それでね・・・
一冊目読んだら
二冊目読みたくなってしまって・・・ 
昨夜 PCで 読みました(^^)/

まり子さんは80歳 職業は作家です。夫を亡くした後は
息子夫婦&孫親子の4世代で暮らしている。ところが・・

これ以上書くと ネタばれになるのでやめますね。
シリアスな部分も大いにありながら
ちょっとファンタステック ちょっとほろり・・・ そして
80歳からの波乱万丈という予感・・・
前に前に向いて 生きてく気配 (^^)/
「まり子さん」の3巻目 待ってまぁす♫

   🍃

わたしは 今60代
同年代の方々が どんなふうに生きていらっしゃるのか
それは もちろん 興味・関心 大いにあります。
そして 同じくらい
70~80代 それ以上の方々の生き方にも
とっても 興味をひかれます。

過去・現在・未来というタイムライン上に立って
一歩先のわたしの未来を 想像する。
どんなふうで在りたいか どんな風に生きているか。
そんなことを考えて また 現在のわたしに戻ってくる。

そんなことをイメージする時
年長で 先輩で わたしの先を行く方々のいろんな生き方が
参考になるんです。

ひとりとして 同じ生き方をしているひとはいない。
ひとりとして 同じ人間がいないのだから当たりまえ。
多くのひとの考え方や生き方 生きる知恵を目の当たりに
すると そこに 生きるヒントが あふれてるんです。
老いを前向きに生きるヒント・・・

今日は 3人のことを書いたけれど・・・
ブログ村にも 素晴らしい先輩は たくさんいらっしゃる。
時々 年上の方々のブログ 
ひそかに訪問させて頂いてます(^_-)-☆

こころを込めて ご家族の介護をなさっている方
ボランティア活動を楽しんでいらっしゃる方
日々を慈しんで 丁寧に暮らしていらっしゃる方
        etc
いろいろなひとの 様々な生き方に刺激を受けながら
わたしも 頑張ろうって 明日への元気 頂いてますm(__)m

まあ こんなふうにして・・・
見たり 聞いたり 考えたり 体験したり・・・
一生続くと思うのです。
この   生きるという 学習 ♡


        ✐ おり~ぶ



長々と おつき合い頂いて ありがとうございます

※ランキングに参加中。応援ポチッと頂けるとうれしいです 


にほんブログ村










 「〇〇さん 猫背になってるよ」
先日 仲良しの同僚から言われたひとこと。

カンファレンス室で ミーティングの始まる前
何気なく 丸椅子に座っていたわたしを見て
言ったのです。

「猫背? そんなに 猫背?」
「うん 丸まってる 背中というか肩というか」
そう言って 彼女は わたしの肩に触って
キュッと胸を広げてくれました。
ピンと背筋が 伸びたわ。


そのショック以来 [猫背]を意識してみました。

あるある!!
自分じゃ見えないけど 猫背になってる時

最たるシーンは この時

猫背でPc

ブログを書くとき 読む時 調べ物をしている時
書き物をする時・・・ そのことに集中しているから
ある意味 自然体。
自分の背中の猫背加減など知る由もありません。

それと 食事している時の猫背。
誰かといる時は 少しお上品!?になってるから
姿勢もよくて それほどではないけれど
ひとりで食事している時は これまた自然体・・・
意識してみたら
すご~く 丸くなって食べてました。
これじゃ 胃も 働きづらい???
だって こんなイラスト あったんだもの。

猫背はだめよ

きっと意識してなかったら
ず~っと猫背で 過ごしているぐらい
猫背が自然体になっちゃってるわね。

でも
猫背で 何が悪いのさ?
そりゃ 見た目もあまり芳しくない?
そう思って ちょっと ググってみたら
あんまりいいことは なさそうです(>_<)

猫背だと 横隔膜の動きが制限されて
呼吸が浅くなるらしいです。
呼吸は大事ですからねぇ。
猫背が何らかの病気につながっていくという可能性も
全くないとはいえないかもしれません。

猫背の原因は 骨盤のずれ 筋力・背筋の衰えなど・・・

出ました 「衰え」という二文字。
そう 背筋力など測定していませんが
かなり 衰えているでしょう。
骨盤のずれ・・・これはだいぶ前 ひざ痛があって
受診した時 言われたことがありましたっけ。
なるほどね(-_-;)

ところで
猫背って ラクなんですよね。
身体の筋力の衰えに逆らわずに
腰をぐっと落としちゃうから
背中から肩が ぽよ~んと丸くなってしまう。
そりゃ ラクちんよ。
ラクだから そのままがいいでしょ。
だから ラクを続けて どんどん猫背というわけ。

もっともっと歳を経たら 猫背のままでも もういいかも。
うちの母も 85歳ぐらいから丸~い背中になってきて
それが 何ともかわいかったです。

でも わたしは まだまだ!!60代
今から 「猫背でもいいや」とは言いたくないなあ。

猫背を改善する方法 調べなくちゃ。
とりあえず
姿勢を意識して 背筋を伸ばすことにします。
あまり反り過ぎてもいけないらしいから
自然にスッとね。

と 書きながら
わたしの背筋 伸びてます (^_-)-☆

まずは PCを使う時 食べる時
姿勢よくしてみようっと。

さてさて 今から 朝のウォーキング👣
足はサッ サッ サッ
背中は スッ スッ スッ
背筋 伸ばしてね ♡ 
 

         ✐ おり~ぶ




にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ








ブログ友達の記事内にあった言葉が
心に留まりました。

老いの叡智・・・

昨夜 記事を拝読してから
以前読んだことのある詩を連想して
新聞・雑誌の記事や気にいった言葉などファイルしたものを
あれこれとめくりました。
あるはず あるはず と思いながら。

見つけた詩・・・

最上のわざ

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り 失望しそうなときに希望し 従順に
平静に おのれの十字架をになう。
若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても ねたまず
人のために働くよりも 謙虚に人の世話になり 弱って
もはや人のために役だたずとも 親切で柔和であること。
老いの重荷は神の賜物
古びた心に これで最後のみがきをかける。
まことのふるさとへ行くために。
おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば それを謙虚に承諾するのだ。
神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。
それは祈りだ。
手は何もできない。
けれども最後まで合掌できる。
愛するすべての人のうえに 神の恵みを求めるために。
すべてをなし終えたら 臨終の床に神の声をきくだろう。
「来よ わが友よ われなんじを見捨てじ」と。


この詩を読んだことのある方♪
いらっしゃるかもしれません。
「ツナグ」という映画の中で 樹木希林さん演じる主人公が
語っていた言葉なのです。
当時のパンフレットには一部のみ掲載されていたので
ネットで調べたところ 全文がわかった次第です。
ヘルマン・ホイヴェルス神父という方の友人が書いた詩で
神父の「人生の秋に」という随想集に収められています。
  👇
人生の秋に―ホイヴェルス随想選集

人の世話になるほど弱っても 人のために役立たずとも
そのことを受け止めて 謙虚に にこにこ世話になる。
何もできなくなったことを嘆き過ぎず そのことを受け入れて
ただ生きる。老いの重荷で こころに磨きをかけ・・・
そして 祈る。
愛するすべてのひとのために 祈る。

最上のわざ・・・
老いて死するわざ
これも まさしく 老いの叡智でしょうか。

自分の人生を おそらくは いいも悪いもなく ありのままに
ただ 静かに謙虚に 勇気をもって受け入れる・・・
こんな老境を迎えられたら あっぱれ 見事です。
とてもとても わたしには無理だわと思うけれど
目指すところとして こころの片隅に置いておきたい詩です。

神様が 最後に残してくださるという仕事は
祈ること・・・ 


新しい朝を ありがとうございます 👏


まずは 祈りて
老いに向かう一日を始めます 


          ✐ おり~ぶ



※ブログランキングに参加中※
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ





昨日は 美容室へ
20年あまり通っているところです。

3~4週間に一度 カットと白髪染めをしてもらってます。

昨年の春頃までは 20年以上 耳の出るショートカット。
すごく 気に入っていて 我ながら 似合ってた!?
でも 
何だか 急に 髪を伸ばしたくなって
夏ごろから カットは髪を揃える程度にしてもらい
少しずつ 伸びては揃え また 伸びて・・・
今は これぐらいの長さで キープしてます。

できたて ほやほやのわたしの髪を 見てね~
美容室のアキさんに撮ってもらいました。

わたしの髪

後ろ姿だけで ごめんなさい。
でも 振り向いたら もっと ごめんなさい!!なので
ご勘弁を(^_-)-☆

夏の暑い間 髪を伸ばしているのは 少々しんどかったぁ。
やっぱり またショートにしようと思ったこともあったけど
こらえて こらえて 今は この感じになりました。

白髪染めは 約一年弱になるかしら。
白髪がすごく目立つほどではなかったんだけど
額や目の横の生え際・・・
いつも 自分で見えるところだから
気になってきてね それで 染め始めました。

染めるのは いつも美容室。
できるだけ 安全なもので染めてくれているけれど
やっぱり 髪は傷みますよね。
ゴワゴワ パサパサになっちゃったの。
自分なりに シャンプーをいろいろ変えてみたりしたわ。

しばらく使っているのは これです。
  👇
大島椿 オイルシャンプー 400mL

比較的 わたしの髪には あったのか
少し しっとりしてきた感じはありました。
でも これは 石鹸系なので 洗った後
ギシギシきしみます。
それで 洗って乾かす前に ココナツオイルを
ほんの少し 髪につけてみたの。
乾いたら なめらかだわ~。

でも それでも パサパサ ギシギシはありました。
マスターに
「これこれこうなのよ。ここで洗ってもらったあとは
しばらく大丈夫なんだけど」と話したら・・・
彼は シャンプー コンディショナー トリートメントの違い
原料のことなどを含め 諸々のことや お手入れの方法を
わかりやすく話してくれました。
さすが プロね♪

「どうして それ はやく教えてくれなかったの?」と言うと
「聞かれなかったから」とシンプルな答え。
この美容室は もとから いろんな商品を勧めないお店なの。

わたしも 白髪染めを始める前は 
髪のことで あまり 悩んだことがなかったから
マスターとそんな話をしたことがなかったんです。

彼から聞いたくわしいことを
わかりやすく伝える自信がないので ここでは省きますが
気づいたのは トリートメントの重要性!!

ダメージを補修して なめらかな髪にする
いわば 髪への栄養♪

わたしが聞いて初めて 見せてくれた
お店で使っている トリートメントが これです。

  👇
ルベル イオ マスク (ヘアトリートメント) 170g

マスターは もちろん 販売しませんよ。
それを勧めたりもしません ただただ 情報提供のみ。
「トリートメント Webで 少し安く買えると思いますよ。
100g1000円以上するものなら 間違いはないかな」
と いうことだったので 楽天で探したら ありました。
100g1000円以上って わたしには ちょっとお高いわ。
でも いろいろな商品を見たあとで・・・
お店と同じものを 思い切って購入!!

そして 使ってみたら もう びっくりです。
シャンプー後 水気を切ってから
ほんの少しだけ 髪につけて
ガサガサッとして2~3分 そのままにしてから
十分にすすぎます。
乾かしたあとは ほんとになめらか さらさらです。
最近は 髪のつやも出てきた感じ。

ダメージの状態に合わせて週1~2回の頻度で
使用すると書いてあるけれど ダメージがひどい時は
しばらく毎回使ってもいいと マスターが言ってました。
一回に ほんの少ししか使わないから
かなりの期間 もちますね。
それを考えると お高くはないかもしれません。

ということで
白髪は増えて 髪も少し薄くなってきたような・・・
わたしの 髪ですが
栄養を与えて 生き生きとしてくれて うれしい限り。

       🍃

なぜ 髪を伸ばしたくなったのだろう。

小学生のころは おかっぱ
中学生の頃は 少し伸ばして お下げにしたり
耳の横で結んでた。
高校生のころは 肩より少し長かったかな?
学生時代は おかっぱ というか ずっとボブ
就職してからは 時に ソバージュだったり
結婚したころは 少し長めの ストレートなボブ
30代後半で ショートカット
以来 ず~っと ショートで 昨年までは
一生 ショートで行くわって 思ってました。

でも わかりませんね。
その わたしが ボブ風のこの髪型になりました♪

超ショートカットのわたししか知らないひとは
久しぶりに会うと 一目みるなり 「え~っ」と驚きます。
その後 何を言われるか怖いので
「いい感じ?似合ってる?」とわたしから聞いてしまうと
「うん!?」「いいんじゃない!?」って 半強制的な回答が
返ってくるので にんまりしてます。

     🍃

ひとは 歳をとっていくと
だんだん 子どもにかえるっていうでしょ。
わたしは そこまで 高齢ではないけれど
60過ぎたら ちょっとそんな感じだわって思います。
子どもの頃 好きだったこと 始めたりしてる。
子どもの頃の夢 まだ ひそかに追いかけてる。
そして
だんだん わがままで 自己中になっている(^_-)-☆

わたしのこの髪型も
そんな思いと無縁ではないように思います。
わたしの中で 何かが息づいている・・・

ショートカットの時は 感じなかった
風に吹かれて 後ろに髪がなびく 心地よさ
そんなことだけで こころが踊ってしまうのです。

この髪とともに これからの人生
どんなに老体になっても
ほんの少し青春のこころで
生きていきたいです 


        おり~ぶ



    ※ブログランキングに参加中※
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



昨日の新聞記事・・・

「認知症に安心 図書館の試み」という見出しで
図書館の 認知症への取り組みを紹介していました。

認知症のお年寄りが 快適に過ごせる居場所を
図書館にも作ろうというもの。
認知症の人が 興味を持ちそうな本を集めたコーナーを作る。
困っている人への対応の仕方を 職員が学ぶ。
そういったことらしいです。

それだけ 図書館でも 認知症の人への対応に困っている
という現実もあるのでしょうね。
図書館の本を 自分が買ったといって持ち帰ってしまう
そんな人もいるらしいのです。
でも わたしだって 認知症になったら
それぐらいのこと しちゃうかもしれません。

厚労省の推計では 2025年には
認知症の高齢者は65歳以上の5人にひとり・・・
(記事内に書かれていました)

2025年・・・8年後よ わたしは69歳
どうしてるかしら。
いろいろ予防していたって なる時にはなるかもしれない(>_<)
ほんと ひとごとではないなあと思います。

ところで 記事では
次のような 取り組みの事例を紹介していました。
●世田谷図書館の 認知症コーナーの設置
●練馬区の図書館の スタンプカードの利用 職員の研修
●愛知県の市立図書館の 高齢者施設での読み聞かせや
                  グループ回想法

なるほどねぇ。
いいですねぇ。

・認知症や介護保険関連の書籍を 一か所に集める。
・地域包括センターの案内や医療機関のリストを提示する。
・職員も 認知症の人への対応の仕方を学ぶ。
・司書が出張して 高齢者施設で読み聞かせなどをする。

こんな地道な活動が 継続して行われることで
認知症の人やその家族は 安心して 
図書館を利用できるようになるでしょうね。

わたしも たまに 図書館に行きますが
平日は 特に
シニアの方達が たくさん来館しているように思います。
わたしだって 仕事を辞めたら 今よりもっと
図書館を利用することが多くなると思うので
認知症の人はもちろんのこと
高齢者にやさしい図書館づくり どんどんやってほしいな。

記事の中では
「認知症の人にやさしい 小さな本棚」の写真が載っていました。
歳をとれば
背中も丸まり 背が縮み 腰も曲がってくるのです。
おまけに 目も悪くなってくるから
じ~っと近づいて本を探す そんなことも起こってくる。
車いすに乗っているかもしれないしね。
そうなると 目線は ぐ~んと下がるでしょう。
そこで 背の低い 小さな本棚 というわけかな。
認知症とひとくちに行っても 症状も程度も様々だけど
少なくとも 探しやすい本棚という点は 重要ですよね。

   🍃

もし 認知症になっても できるなら 本を読みたいわ。
重症だと難しいかもしれないから そこは厳しいけれど
軽度の時は まだまだ ふつうの暮らしができるかも。

わたし 母の晩年は 一緒にくらしたんだけど
母は 軽度認知症と診断されていました。
脳梗塞もやっていたので 脳血管障害からくる認知症。
わたしが お勤めに行っている間 留守番をしていたり
デイサービスに行ったりしてました。

母は 本好きというわけではなかったけれど
わたしが 図書館から借りてきた 草花の図鑑や
自然を写した写真集など 繰り返しページをめくってました。
とにかく 花好きな母でしたから。

「もう 見ちゃったよ」と言われると
次のを借りてきて・・・そのころは 今より
図書館に通いました。母が喜ぶような本を探しにね。

わたしには 頼れる娘や息子はいないからなあ (>_<)
図書館 自分で行くしかないし・・・
でも もっと 高齢になっても
ぎりぎりまで 自分の足で行けたら それは幸せよね。

住み慣れたところで
それまでの暮らしを維持して行ける
それは とっても幸せなことのように思います。

だから
認知症にやさしい図書館は 大歓迎!!

でも

認知症は 歓迎したくないわ(-"-)
とりあえず
予防にいいこと ひとつぐらい やらないとね。

図書館に行って 本を選び 読んでみる・・・
そんなことも そのひとつかも


         おり~ぶ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村