Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Archive: 2017年09月

READ MORE

See more details

語るほどでもないんだけど この ささやかな願い。

今朝は 久しぶりのスカイブルーの空まさに 秋晴れ 天高し庭には 段菊が咲き始めました。週間天気予報も ☀マーク目の覚めるような青空 しばらくは 続いてほしい。こんな日はささやかな願いについて書こうかな。      *とりたてて語るほどでもないようなささやかな願いがあります。それは 友達とランチするとか好きなグループのコンサートに行くとか芝居やミュージカルを観にいくとかその他もろもろちょっと先の楽し...

READ MORE

See more details

老いてなお 好奇心真っ盛りなひと♪

昨日の夕方帰宅して 郵便箱を見ると 一枚のハガキ。女性らしい素敵な文字が もみじ模様の中にしたためてある。送り主を見ると20年来おつきあいのある 大先輩からのおたよりでした。明るい中で 落ち着いて読みたいから急いで 家の中へ。電気をつけて ソファに沈み込みあらためて文面に目を通しました。         *彼女は Aさん。仕事の関係で出会いました。出会った頃は 彼女57歳 わたし39歳(若かったな...

READ MORE

See more details

おひとりもんの休日 特別なことは何もない ちょっと寄り道しただけ。

おひとりもんの ある日ある時 昨日のこと。特別なことは なにもなし。最後まで読んで頂けたら うれしいなぁ(^^)!       *お彼岸のお中日 23日は 朗読スタジオなどがあってお墓参りに行けなかったの。だから 昨日 行ってきました。午前中まず 母の実家のお寺さんへ。わたしにとっては 祖父母が眠っているところ。車で20分ぐらいのところにあるから母とよくお参りに行っていたんです。母とお別れしてからも ...

No image

READ MORE

See more details

何度も読み返した手紙のこと

何年も前に届いた手紙を読み返すことは ありませんか?わたしは あるんです。折にふれ 繰り返し 繰り返し 読み返す手紙。それは ある方から 頂いた 16年前の手紙です。ある方とは 男性 現在は71歳こう書くと おやおや 過去の恋の話かと思うかしら。でも 残念 そうではないの。手紙の送り主は わたしが 人生の師と仰ぐひと Aさん以前書いた記事の中に 出てくる 仲間のおひとりです。未読で お時間のある方...

READ MORE

See more details

時には アナログで。

今日の話題は アナログなこと。新聞に 某有名映画監督が 小説を発表するという記事があった。題名が 「アナログ」 男女の恋物語という。「アナログ」という題名からしてSNS やメールなどITを駆使した出会いの話ではなさそうである。だとすると アナログなツールを使った物語かと思いきや連絡先を全く知らない男女の話らしい。かの作者に 特別な思い入れはないけれど物語の中身は 少々気になる。そのことでアナログかぁ ...

READ MORE

See more details

絶不調だった おひとりタイム

絶不調 (>_...

READ MORE

See more details

彼女 どんな服装で 来るのかな ?

彼女と会うことになって 真っ先に頭に浮かんだこと。それはどんな服装で 来るのかな?ということ。彼女とは このひとなの。少し前に書いた記事に登場してきた Aちゃん若い頃 同じ職場で 一度だけ けんかしちゃったひと。未読で お時間のある方は よろしかったら ぜひぜひ♪   ☟「9月頃 お会いできますか?」Aちゃんは わたしとは4つ違いの後輩仲良しご主人と娘さん お義母さんと暮らしている。息子さんは 大学院...

No image

READ MORE

See more details

わたしの診察券 こんなにあった!?

唐突ですがあなたは 病院の診察券 何枚お持ちですか?というのは今 わたしの手元にある わたし名義の診察券こんなにあった!?何と 14枚。この数字 多いのか少ないのか はたまた 普通なのかまったくわかりません。今日の話題は この診察券にまつわること。     *実は 昨日 総合病院の泌尿器科を受診しました。4月末の職員健診で 要検査と出た項目(尿の潜血反応)の再々検査です。再検査は かかりつけの内科...

No image

READ MORE

See more details

趣味への思いを 断念せざるを得ない時もある。

ある思いを 断念せざるを得ない状況人生には そんなことが多々ありますよね。買いたいものをあきらめるというようなある意味 小さなことから人生の軌道を大きく変えなければばらならない分岐点に立たされるような 大きなことまで いろいろ いろいろ。今日の記事はある思いを ひとつ断念した友達のことから。彼女は 朗読の仲間 Aさん(60代半ば)。ある思いとは 朗読への思い趣味を継続するか否か彼女は とっても悩んだ...

READ MORE

See more details

友達からのメール その中の一行が気になった。

昨夜届いたメールのこと。相手は同職種の仕事仲間でもある 友達のAさん(56歳)8月に会おうと約束していたのがお互い 忙しくて 時間を作れなかったから「ぜひ10月には♪」というメールでした。その中の一行が 気になって仕方がないのです。「お変わりありませんか?」という文章に続いて書かれたこの文です。「Bさんが 〇〇さんのお身体のことを心配していましたよ」               *〇〇さん=わたしBさ...