〇〇さん.さびしくないの?

この前
友達のゆりちゃん(仮名)と食事してたら
彼女が.こう聞くんです。
40代半ばで独身.ナースのお仕事をしてます。
優しくて穏やかな.素敵な女性。
見た目は.30代半ばぐらいよ。

いきなり聞かれたので.驚いたあ。

「どうして?」と.返すわたし。

「私って.微妙な年代でしょ。
今のとこ.結婚の予定もないしさ。
なんかこの頃.急にさびしくなっちゃった。
これからも.ずっとひとりだとしたら
今より.もっとさびしくなるよね。
〇〇さんもひとりだから
どんな感じなのかなと思ったの」

そうだったのね。

わたしは
「そりゃ.さびしい時もあるよ」
と.正直に答えました。

それから先の.二人の会話は.秘密 (^_-)-☆

ゆりちゃんは
好きなミュージシャンを.ずーっと追っかけてる。
仕事も楽しいって.感じてる。
何か趣味をもとうかなと.画策中でもある。
家族を.とっても大切にしてるし
これからだって.いい出会いがあったら
結婚してもいいなって思ってる。

そう♫
ゆりちゃんは.生きることを楽しんでます。

結局
ず~っと先のさびしさを
今.考えても仕方ないよね!!
ということになりました。

先にある不安は
抱えてないで.手放そう。
今を大切に.生きようよ。


ということで
帰宅後
あらためて.ひとりごと・・・

そりぁ.さびしい時もあるのよ。

寂しい

でも

いま.ここのさびしさは
ちゃんと味わうけれど
未来のさびしさには.深入りしません。


ここまで書いたら・・・

ふと
以前読んだことのある
「さびしい」にまつわる
こんな詩が.浮かびました。

ダイヤモンド
      寺山 修司

木という字を一つ書きました
一本じゃかわいそうだから
と思ってもう一本ならべると
林という字になりました
淋しいという字をじっと見ていると
二本の木が
なぜ涙ぐんでいるのか
よくわかる
ほんとに愛しはじめたときにだけ
淋しさが訪れるのです


う~ん
この淋しさは・・・
過去に経験したかもしれませんね (^_-)-☆

ついでに.辞書で調べたら
●寂しい・・・ひたひたと感じる孤独
●淋しい・・・切々とした悲しみを伴った孤独
 * 厳密に.区別はできない
と.ありました。

わたしの.「さびしい時もあるよ」 のさびしいは
淋しいじゃなくて.寂しいほうかもね。

あなたが.もし.今.さびしいとしたら
淋しいと寂しい
どっちのさびしいですか?

では.また♡

     ✐おり~ぶ












勝ち虫・・・

安心して揺れますよ~

comment iconコメント ( 2 )

おり~ぶさん、こんにちは^^

わたしも独り者なので、時々寂しさ、孤独感を感じます。
40代より、50代、50代前半より50代後半と歳を重ねるほど、孤独感を感じる割合は増えてきたような気がします・・・

でも、この道を選んできたのは自分ですから仕方ありません。
私の場合、結婚の道を選んでいたら・・・孤独感はなかったかもしれませんが、別の問題をいろいろ抱えて今よりも切羽つまっていたかもしれません。
知人は普通に結婚し子ども2人に恵まれましたが、妻が子供を連れて家を出て行き、今離婚調停中です・・・

人は人生の分かれ道で自ら今の道を選択してきています。
その道を後悔しても戻れはしないのです。
で、あればこの先のことを前向きに考えていくしかありません。

ですよね?

名前: アーモンド [Edit] 2016-08-25 13:49

Re: comment

アーモンドさん.こんばんは。

そうですね。
年を経るごとに
寂しさや孤独感がつのってくるってありますよね。
わたしが.このブログを始めたのも
きっかけは.「寂しさ」でしたよ。

寂しさや孤独感って
パートナーの有無にかかわらず
生きている限り.つきものだろうなって思います。
ひとりより二人.三人の方が.寂しさがまぎれるとは思うけれど
アーモンドさんの知人の方のように
誰かといっしょにいることで
よけい.孤独で寂しくなることだってあるかもしれません。

アーモンドさんの
<人は人生の分かれ道で自ら今の道を選択してきています。>
のところ。
本当に.そうだなって思います。
数々の分岐点で.選んできたその道の途上に
今.わたしはいるんですよね。
わたしは.夫と死別したあと.再婚という道を選ばなかった。
ひとりものの寂しさは.うすうす予想はしていたけれど
そのことに.全く後悔はしていません。
たとえ後悔しても.確かにもとには戻れませんね(笑)

<この先のことを前向きに考えていくしかありません。>
そうですよね。
「寂しく悲しいひとりもの」じゃなく
「寂しいけど.生き生きとしたひとりもの」になれるように
前向きに.生きていけたらいいなあ。


名前: おり~ぶ [Edit] 2016-08-25 19:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)