Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

近所のご縁・・・

Category - with aging
わたしの家の右隣りは.空き地だけれど
左隣りには.2軒の家があります。

こんなイメージ・・・

3つの家

ピンクの屋根が.わたしの家とすると
こんなふうに並んでます。
実際には
左から2番目と3番目は.100mほど離れているの。

この3軒の家の住人には.共通点があるんです。
それは
3人とも.一人暮らしの60歳以上の女性ということ。
まあ偶然とはいえ
高齢社会そのものね。

全員.結婚歴あり。
でも.今はひとり。

わたしは.夫と死別してひとりでしょ。
真ん中のノリコさんは.離婚してひとり。
その隣のミヨコさんも.離婚しているけれど
たまに.息子さんや娘さんが帰ってくるみたい。

でも.お互い詳しいことはわかりません。
根掘り葉掘り.聞いたりもしないので。

ノリコさんと ミヨコさんは.もともと地元育ち。
親御さんの土地に.お家を建てて住んでいました。
3番目に住んだのが.わたしです。
13年が経ちました。
わたしは新住民なので
この土地には知り合いがいませんでした。
ご縁ができて.とてもうれしかったです。

年齢は.若い順!!に.わたし ミヨコさん ノリコさん
わたしとノリコさんは.約ひと回り違います。

ここ数年.わたしたちは
3~4か月に1回ぐらいは
ミヨコさんの家で.おしゃべりをします。
偶然.道で会った時は.いっしょに散歩もします。
庭に出ているところを通りかかった時は.声を掛け合います。
ごくたまに.野菜など.頂いたり差し上げたりもします。
「今度.ご飯食べに行こうよ」と盛り上がったりもするけれど
まだ.行ったことはありません(笑)

一度だけ.3人でお出かけしたのは
森林公園の青空市というイベント。
つきたてのおもちを食べたり.おしゃべりしたり
自然の中で.のんびりしたことがありました。
今年も.誘い合って行くかもしれません。

ミヨコさんは.最近.営業の仕事をリタイヤしたばかり。
68歳位まで勤めていたいと思っていたけれど
会社の都合でやめざるを得なかったとのこと。
「時間がいっぱいありすぎる~」と嘆いていましたが
図書館通いの楽しさを見つけたらしいです。
ノリコさんは.とうにやめていて
お家で内職していると言ってました。

いっぱいおしゃべりするのは.ミヨコさん。
雑学博士のような人なので
歯の治療のこと.年金暮らしのことなど
参考になることを.事細かく教えてくれます(笑)
ノリコさんは.優しい聴き役だけど
家庭菜園で野菜を作っているので
その話になると.生き生き語ります。

わたしは.訊き役(質問ばかりする)です。
お姉さま方には.「あんたは.まだ若いから~」
と言われるので.少し言葉をひかえもします(笑)


わたしは.まだ働いているので
彼女たちのようには.自由な時間がありません。
でも.散歩の途中.ふらっとミヨコさんの顔を見に行ったり
ノリコさんと.塀越しにしゃべったりしています。

この.ゆる~いおつきあいを
わたしは.気にいっています。

あくまで
ご近所のおつきあいって感じもするけれど
やっぱり
友達といってもいいかな。
こんなふうに思っているのは
わたしだけかもしれないけれど (>_<)

深入りせず.つかず離れず
いい塩梅って思うの。

それぞれ.ひとり暮らしということが
わたしを.ほっとさせるのかもしれません。
どこか.分かり合えるものを感じるから。

孤独なひとりの夜を
彼女たちも.過ごしているんだわと思うと
自分だけじゃないって思えて
こころが軽くなる・・・そんなこともあります。

これからも.年を重ねていくわたしたち。

わたしが仕事をやめて.家にいるようになったら
もう少しだけ.会う時間が増えたりするのかな。
何か.助け合えることもあるのかな。

おばあさん

もっと年をとっても
こんな顔でおしゃべりできるように

大切にしていきたい
このご縁 

       ✐おり~ぶ


にほんブログ村







Category - with aging

0 Comments

Post a comment