Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

出会いと気づきの朝・・・

Category - 暮らし
日曜の朝 

土曜の夜に 少しだけ夜更かししても
いつもの時間に起きて 身づくろい。
ゆっくり遅くまで寝ているのが もったいないような気がしてね。 

普段通りに ウォーキング。
おひさまも おはよーっと 顔をだすところです。

IMG_0545 (1)


いつものコースを歩いていくと
道沿いにある 平屋のお宅の横にさしかかろうとする時
外に出ているご主人らしき人が見えた。
80歳を過ぎたころあいだろうか。

長~いホーキを手にもち 屋根下の蜘蛛の巣をはらっている。
上を見上げて ホーキを動かしながら
家の壁づたいに ぐるっとまわっているのです。
その姿を見かけるのは 実は二度目。
初めは 何をやっているのだろう こんな早朝にと思ったけど
歩きながら観察していたら 蜘蛛の巣をとっているのだと
気がつきました。

もしかしたら この方は 毎朝 あるいは時々
こうして壁の上を見上げて お掃除しているんだろうか。
そう思ってお宅の敷地内に目をやると
庭木もきれいに手入れされ
お家まわりにも ごちゃごちゃしたものもなく
きちんと整頓されている。

なるほど いつも気を配っているのねと 合点していると
ぐるりと回って玄関先に戻ってきたご主人と 目があった。
わたしは一瞬 あっ どうしよう 目が合っちゃった (>_<)
と 思ってしまったの。
知人と言うわけでもなかったので。

ところが
わたしの戸惑いを消すように
あちらから 「おはよう」という 元気な声。
わたしも ほっとして 「おはようございます」と返した。
何だか 気もちよかった♪

そのまま通り過ぎて 歩いていくと
反対車線の歩道を これまた高齢の女性が歩いてくる。
知らない人だし 普段だったら 反対側に居る人にまで
声はかけません。

でも 
さきほどの 蜘蛛の巣取りさんとの挨拶に
こころがホカホカしていたので
こちらから 「おはようございます」と言ったら
その方は 丁寧に頭を下げながら 笑顔で返してくれました。
またしても こころが ほっこりした気もちでいっぱいになる。

ああ なんていい朝かしら。
おひさまの写真は撮れたし 気もちいい挨拶はできたし♪

すがすがしい気もちで 家に着いたのですが・・・

駐車スペースには 枯れ葉が散っていた (>_<)

ウォーキングに出かける時も 気にはなっていたんです。
昨日の朝から その状態でしたから。
朝から外出していた一日だったので 掃き掃除をやらずじまい。

これはいかんと思い立ち すぐ枯れ葉のお掃除 いたしました。
ついでに 蜘蛛の巣取りさんのように
柄が長~くなる シュロのホーキで
お家周りのお掃除 いたしました。

まあ そしたら 高~い所に 蜘蛛の巣があるわ あるわ💦
ふだん 全く気にしてませんでしたからね。
夏の名残というか もうすっかり古巣になってました。
現在進行形の蜘蛛くんたちもいましたから
彼らをシュロに乗せて ポーンと空のかなたに 放り投げました。
また 戻ってくると思うけど (>_<)

おかげですっきり。
駐車スペースにも 家の周りにも
さわやかな秋の空気・・・

      🍃

普段から 心がけてはいるんです。
駐車スペースや玄関の掃き掃除。

家の入口は こころの入り口・・・
だから いつも清潔にしておきたい。
丁寧に掃いて 汚れを取り去り
きれいにしておきたいなと思っていても
慌ただしいときは つい何日も後回しになってしまう。

見えるところがそんな有様だから
見えないところは もっとほったらかし。

それじゃ ていねいな暮らしとはいえないなあ。

こころを整えて ていねいに暮らす
そのことを再考するきっかけをもらいましたよ。
蜘蛛の巣取りさんとの出会いのおかげです。

考えてみれば
掃くとか拭くとかいう行為 それ自体が 
こころを整えるには もってこい。

ふだんから こまめにちょこっと
掃いたり 拭いたり 磨いたり・・・
手間を惜しまずやるようにしようっと。
気づいたら 今日からね。

そのちょっとした時間を生みだす工夫 
こころのゆとりをもてるような 日々の時間の使い方
それが わたしの課題かな いまのところ・・・

こころと暮らしを整える お掃除の時間
あらためて 大事にしていこうと思ってます。

ウォーキングする朝は
出会いと気づきのひとときでした

       ✐ おり~ぶ

ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッ☆にも 励まされております!!
よろしかったら また いらしてくださいね。
いつでも ここで お待ちしています(*^-^*)

  
  ♡
  ♡





にほんブログ村




人気ブログランキングへ







Category - 暮らし

0 Comments

Post a comment