Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

寄り添い過ぎずに・・・

Category - 朗読
4月から参加している朗読スタジオ。
いよいよ 12月の発表会に向けて
配役が決まりました。

朗読

今年は
O・ヘンリーの短編を6作品 発表します。

わたしが参加するのは 「賢者の贈り物」

こんなお話です。
若い夫婦が
お互いのクリスマスプレゼントを買うのだけれど
夫は 妻の長い髪に合う櫛を買うために 金時計を
妻は 夫の金時計の鎖を買うために 長い髪を
それぞれ売ってしまうの。
クリスマスの日 お互いがもらったものは
結局 使う必要のないものになってしまった。

遠い昔に読んだことのある方
いらっしゃるかもしれませんね。

この夫婦の贈り物は
一見 賢くないように見えるけれど
実は この二人こそ賢者だったのではないか
という結びで終わっています。
お互いを思いあう ふたりの愛の深さ
じわ~っとこころにしみる作品です。

「賢者の贈り物」チームは 4人(全員が女性)
語り・・・・・ Aさん(60代) と わたし(60代)
妻・デラ・・・Bさん(30代) 夫・ジム・・・Cさん(50代)
チームを組むのは初めてだけど
みんな昨年も経験しているので 心強いです。

今日の稽古では J先生から こんな注文が・・・

「語りは 主人公に寄り添い過ぎずに 進行しなさい」

えっ 寄り添い過ぎないって どういうこと?
首をかしげるわたしたちに J先生が言ったのは

「人生はいいもんだというところに立脚した上で
主人公たちから 少し離れたところにいて
明るいほほえみを送りつつ 語りなさい。
温かいまなざしなんだけど ちょっと乾いてる雰囲気で。
ミュージカル⦅キャバレー⦆の進行役を参考にせよ」

疑問

う~ん
わかったような わかんないような??

J先生が今回 目指しているのは 朗読エンターテイメント。
いつもそうだけど
正確に きれいに読むだけの朗読ではないの。
かなり 演劇的な朗読なんです。
わたしたち 素人なんだけど 素人扱いせずに
ばんばんダメ出しされます。
でも また参加したいって思っちゃうから
魅力的なんですよね J先生も その朗読の世界も。

登場人物に 寄り添い過ぎずに 語る・・・
寄り添い過ぎずに・・・

やっぱり よくわからない?

はてさて どうなることやら (>_<)

J先生は 「3週間後 楽しみにしてるよ!!」と
笑いながら 東京へ帰られました。
みんなは 稽古で高揚した顔で ふ~っとため息つきながら
がやがや わいわい すずめのお宿状態
やる気満々 でも できるかなっていう不安もあるんです。
J先生の演出は より高みを目指して 厳しいの。

わたし達のチームも さっそく メルアド交換して
自主練習の相談をしました。
なんてたって チームワーク 大事だからね。

とりあえず
次回の稽古までに
ミュージカルの「キャバレー」 観ることにしようかな。
DVD レンタルしよう。

朗読の練習は 午前中に。
脳の老化も防げるのなら 一石二鳥。

そう思って 頑張ろうっと 


         ✐ おり~ぶ


ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッ☆にも励まされてます





にほんブログ村




人気ブログランキングへ






Category - 朗読

4 Comments

しおん  

O・ヘンリーの「賢者の贈り物」、大好きな作品です。
ジムとデラの贈り物は、結果的にはうまくいきませんでしたが、お互い自分のことより、相手が一番喜ぶと思われるプレゼントを選びました。相手を思う愛の強度は、物質の価値を上回るということなのでしょうね。
クリスマスの夜、幼子イエス・キリストのもとに、東方の3博士(賢者)が、お祝いにかけつけて素敵な宝物を贈ったという、おなじみの降誕劇。ここからクリスマス・プレゼントの習慣が始まったみたいですよ。
朗読の経験は皆無なので、よく分からないのですが、寄り添いすぎずとは、聴き手の立場になって読むということなのでしょうか?? 最も伝わる距離感がどの辺にあるのか、読み手と聴き手、一人二役を同時に演じるとか‥。
むむ‥難しいですね(;'∀')

2016/10/30 (Sun) 17:27 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: comment

しおんさん ありがとうございます!!

「賢者の贈り物」やはり ご存知でしたね♪
子どもから大人まで みんなに愛される物語ではないでしょうか。
もちろん わたしも 大好きです。
相手のためには 自分の大切な物を犠牲にするという
その愛の強さに こころ打たれます。
愛の強度が 物質の価値を上回った まさしくそうですね。

東方の3博士が 赤ん坊のイエスに贈り物を運んできたという
くだりも 本文の中に出てきていて 語りが担当するんですよ。

寄り添い過ぎず・・しおんさんのおっしゃるように
聴き手の立場になって というところが最重要な点でしょうね。
聴き手に 物語の世界を伝えるためにはどうするか?
語り手と登場人物の距離感 さらに 読み手と聴き手の距離感
など しおんさんのコメントから いろいろイメージを
膨らませているところです。参考にさせて頂きますね。
それにしても 難しい課題です。

2016/10/30 (Sun) 18:51 | REPLY |   

ののはなかれん  

朗読

おり~ぶさんは色々な事に挑戦していらっしゃって素晴らしいですね
朗読です(*'▽')か📕
良く女優さんが語り手をしていますが
とっても重要な役割ですよね

その声・・その話し方・・間の置き方ひとつで
情景を感じたり心を感じたり
聞き手の想いは大きく変わりますものね

おり~ぶさんの朗読(*^▽^*)聞いてみたいなぁ
頑張って下さい(^^)/

2016/11/01 (Tue) 09:19 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 朗読

ののはなかれんさん ありがとうございます!!

子どものころから好きだったことを
やり出しただけなんですよ。
むずかしいけど それも含めて楽しいんです。

そう 聴き手に 何を どう伝えられるかが
一番 大事でしょうね。
自己満足だけじゃ つたわらないみたいです。
役者さん達は ほんと上手ですよね。

ののはなかれんさんの励ましを頂いたので
頑張ります(^^)/

2016/11/01 (Tue) 09:40 | REPLY |   

Post a comment