友達とお出かけ♪

芸術の秋ということで
みてきました。

ゴッホとゴーギャン展
  👇

ゴッホとゴーギャン展

友達は 都内に住んでいるので 上野駅で待ち合わせ。
高校時代からのおつきあいなので かれこれ45年・・・
くっつきすぎす 離れすぎず
いいおつきあいをさせてもらってます ♡

とても寒い日・・・
コート着て 冬支度。
彼女は とっても素敵な 手作りのコートを着てました。
何でも縫えちゃうひとなんですよ!!
ちなみに おり~ぶのプロフィール写真の
羊のお人形も彼女作よ これ 前も書いたかな。

ところで
ゴッホとゴーギャン展・・・
開館と同時に入ったので それほど混まずに
いい感じ。

じっくりみようということで
音声ガイド・ヘッドホンをつけてのスタート。

この ガイドが ほんとに優れもの。
ゴッホとゴーギャンの対話のような形で 
それぞれを 声の魅力的な役者さんが担当し
説明は 女性のアナウンサーの方というふうに
とてもすてきな音声ガイドさんでした。
展示されていた約60点の中の 21枚の絵について
それにまつわる ふたりの物語をきくことができたの。

それに 美術館の壁をつかって
ふたりの手紙の文面を掲出しているのも とても効果的。
順路にそって 彼らのこころの動きが 伝わってきました。
美術館の 工夫した演出に感謝です。

ということで 
ゴッホとゴーギャンの出会いと別れについて
あらためて知ることもでき  味わい深い鑑賞となりました。

ゴッホとゴーギャンのアルルでの生活・・・

ゴッホは ゴーギャンを迎えるために
ひじかけのある豪華な椅子を用意し
ひまわりの絵を飾った・・・
どちらも強烈な個性をもつ ふたりの共同生活は
ゴッホの耳切り事件で 幕を閉じることになるのだけれど
ゴッホの死後 ゴーギャンは ゴッホの好んだ
ひまわりを描いているの ゴッホへの追憶・・・
ひまわりは ふたりの友情の象徴だったのね。

ポール・ゴーギャン「肘掛椅子のひまわり」

IMG_0560.jpg
 

友達とわたしは それぞれのペースでみているので
時には すぐ近くで
時には 少し離れて
時には 姿が見えず というふうでしたが
見失ってしまう不安は 全くありませんでした。
展示室はいくつもあったけど
出口では 間違いなく彼女と会えると思ってたから。

案の定 出口付近で 彼女と再会♪
展示に関係するグッズが たくさん売られているところ。
わたしは ポストカードを2枚買いました。
記事中の2枚の写真が その絵です。

しばらくして 彼女に会ったら
「あの 小さな花を描いたの 欲しいな」と言うんだもの。
驚いちゃった。
わたしも その絵が好きになって
買ったポストカードの一枚は その絵だったから。
何だかうれしくなりました。同じ絵を気にいったなんてね。
もちろん 彼女も そのカードを買いましたよ。

この絵です。
フィンセント・ファン・ゴッホ
「グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝」
 
IMG_0561.jpg

ゴッホもゴーギャンも 浮世絵の影響を受けているとのこと。
特にゴッホは 日本の文化など 精神的な面も含めて
広く影響されたそうです。

一枚の花の絵で ゴッホがとても身近に感じられました。
それに
わたしたち二人とも 同じ絵にこころ惹かれたなんて・・・
一緒にみれて よかった ♡

    🍃

美術鑑賞したあとは 上野精養軒でランチ。
黒生のグラスビールも頂いて 満足♪

その後は キッチン雑貨を見に かっぱ橋道具街へ。
わたしは 木製のマグカップ ☕
彼女は 息子さんのカップを買いました。
優しいお母さんなの。

そして お出かけの〆は 甘いもの。
甘味処ののれんを見つけて 迷わず入店。
栗クリームあんみつ おいしくおいしく頂きました♪

わたしたちの定番は
ランチで ビールを頂いて 最後には甘いもの。
おしゃべりしながら過ぎる時間は
それはそれは 楽しいです。
それにしても
昼飲みって どうしてあんなにおいしいんだろう。

   🍃

ゴッホとゴーギャンのような 濃密すぎる時間は
わたしと彼女にはないけれど
彼らのような衝撃的な別れも おそらくないと思います。

思春期の年頃から
ともに この時代を歩んできた 大切な友達・・・
これから先 お互い もっともっと年を経て 
やがて 身体も動かず
会うことが かなわなくなるような事態になっても
こころの中には
今日 ふたりで 同じ時間を共有した思い出が
残り続けることでしょう。

ひとは 思い出だけでも生きていける・・・
そんなふうにも思うので
彼女との楽しい時間を これからも
紡いでいきたいなと思っています。
できる範囲でね。

一枚の花の絵を 小さな額に入れて飾ろうかな。


共有した 同じひととき
今日という日を忘れないように ♡

         ✐ おり~ぶ


ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッ☆にも励まされてます





にほんブログ村




人気ブログランキングへ











     





小鳥のように 自由に羽ばたけるかしら?

寄り添い過ぎずに・・・

comment iconコメント ( 4 )

おり~ぶさん、こんにちは~。

午前中2時間ほどかけて、父ちゃんと山歩きしてきました。
今朝はちょっと寒かったけど、歩くにはちょうどよい気候でしたよ。

ゴッホ、大好きな画家です。
ひまわりや杉の木みたいな、厚塗りの荒々しい絵も
水彩画も、どちらも惹かれます。
水彩画を見て、もっと好きになりました。

絵が大好きになったのは、落語同様お父ちゃんの影響大で
展覧会にはよく出かけます。
行くたびに図録を買ってるので、たくさん持っています。

付かず離れず長く続いてるお友達って宝ですよね。
私もべったりが苦手なので、そういうお友達が多いです。

気の置けないお友達と絵を見てランチして、〆はあんみつ
最高に素敵な女子会でしたね♪

名前: こまはは [Edit] 2016-10-31 12:30

Re: comment

こまははさん こんばんは~。

2時間の山歩き しかも お父ちゃまとご一緒とは
楽しかったでしょうね♪ 
どんな会話をしながら歩いたのかなって 想像してます。

こまははさんご夫婦は よく美術展いかれるんですね。
これまた 憧れちゃいます。
絵をみるようになったのは わたしは ここ3年ぐらいです。
美術館というたたずまいが好きで 絵をじっくりみるというより
雰囲気を楽しむって感じです。

でも 今回は 絵をみることの楽しさを味わえたんです。
ゴッホもゴーギャンも好きになりました。

こまははさんのお好きなゴッホ ♡
わたしも もっとゴッホの絵をみてみたいです。

こんな気もちになったのも
友達といっしょだったからかもしれません。
そう つかず離れず 程よい距離感でつながっていられる友達って
とってもありがたいですよね。
本当に 人生の宝ものです。

名前: おり~ぶ [Edit] 2016-10-31 20:04

お友達といい時間を共有されたんですね!

おり~ぶさぁ~ん🎵

おはようございます!
つかず離れずの高校時代からのお友達といい時間を過ごされたんですね!

それにしてもそれぞれに購入された絵が一緒なんて、感性が似てらっしゃるんですね。

ランチで乾杯、最後は甘党でしめて最高のデート💗
高校時代の友達って話すと学生時代に戻った気がするというか学生時代のまんまでいつもあんこちゃん、変わらんなあと言われます。

展覧会など行くのは大体一人です。
6月頃藤城先生のメルヘンの影絵を観たのとつい最近では正倉院展に行ってきました。

正倉院展は61才になるまで行ったことがなく初めてで30分程並んでようやく入る事ができましたが、想像以上に素晴らしかったです!

昔の人はすごかった!
めっちゃおしゃれで作りも丁寧、大切に使われていたのだとしばしいにしえの生活を想像!

おり~ぶさんは行かれた事ありますか?
機会がありましたら是非!

おり~ぶさんの12時の更新、まちにまって楽しみにしております\(^o^)/

名前: あんこ [Edit] 2016-11-01 10:32

Re: お友達といい時間を共有されたんですね!

あんこさ~ん♪ こんにちは & ありがとうございます!!

そう 学生時代の友達って 会うとすぐその時代に戻っちゃいますよね。
あんこさんも 昔から 変わらないんでしょうね きっと。

展覧会などに行くのは わたしもひとりでいくのが多いです。
今回は 友達を誘ってみたの。
ひとりじゃないのも 楽しいってあらためて思いました。
でも やっぱり わたしも ひとりが基本かな。
行こうって決めたら すぐ行けるから そんなところがいいです。

藤城さんの影絵 素敵ですねぇ。いいなあ。
それに 正倉院展 近くにいたら 見にいってたと思います。
これまた いいなあ。
いにしえの文化に触れるって いいですよね。
おしゃれって感じた あんこさん 素敵よ。

12時に投稿するってことまで 知っていて下さって感激です!!
決まった時刻に公開するの わたしのこだわりなんですよ。
おつきあい頂いて 感謝 感謝です。

寒くなってきましたから 風邪ひかないようご自愛くださいね。

名前: おり~ぶ [Edit] 2016-11-01 11:23

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)