Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

立冬に思う・・・ 日本水仙に寄せて

Category - 暮らし
今日は 立冬
暦の上では 冬だけれど 
こちらは紅葉もこれからだから 晩秋というところです。
でも 季節は確実に進んでいて
今朝は かすかに霜がおりていました。
ウォーキングで吐く息も白くなります。


冬というと 必ず この詩を思います。


冬にさく花がすきです
        門倉 さとし

冬にさく花がすきです
街をゆする風の中で
ことばすくなにほほを染め
裸の山を見つめながら
さみしいときこそ こころを燃やし
きっぱり冬と むきあっている

冬にさく花がすきです
街をとざす雪の中で
まわりをあかるくするように
ひとをうらまず ひとをにくまず
つらいときこそ こころを燃やし
やさしく春と むきあっている

冬にさく花がすきです
街をゆする風の中で
なかまのいない季節を生きて
ひとにあまえず ひとにたよらず
きびしいときこそ こころを燃やし
しずかに自分と むきあっている
冬にさく花がすきです
            「光と影の四季」より

転職する前 資格試験の勉強をしていた時
この詩に出会いました。

二度目の学生生活を終えて
無資格でも雇ってくれたクリニックで仕事をしながら
必死で 受験勉強してました。
乳がん術後のからだでもあったから
フルタイムじゃなく 短時間を 週3日だけ働いたの。
院長先生や まわりの仲間がいろいろと理解してくれて
とってもとっても ありがたかったけど
お給料は 目がひっこんじゃうぐらい
何とも言えないほど むちゃくちゃ 低かった。
一度目の試験に 落っこちたばかりの時なので
なおさら 悲愴感 漂いますよ。
つらくて みじめで 見事にいじけてました。
健康面 経済面 の心配もあいまって
かなり ネガティブモードに陥ってましたね。
自分が選んだ道なのに ほんとにくじけそうだったの。

そんな時に この詩を読んだの。
涙が出て出て とまらないほどに泣けました。

さみしいときこそ こころを燃やし・・・
つらいときこそ こころを燃やし・・・
きびしいときこそ こころを燃やし・・・

さみしい つらい きびしい・・・
どれも 今のわたしよ でも 頑張ってるの
って思ったら もう こころはヒロインになっちゃった。

そうだわ わたしは 冬に咲く花
きっぱり しずかに つらい冬に向き合って
やがて 来る春を 待とう。

いじけている場合じゃないんじゃないの。
こんなつらさは 想定内のはず。
ここを乗り切らなくて どうするの。
って 思い直して こころが凍えそうな冬を 越えました。

言葉は 時として
とんでもない力をくれるものですね。
この詩のおかげなのか 二度目のチャレンジはOK。
だから この詩を忘れられないんです。

ところで
詩の中に出てくる 冬の花は何だろう?

初めて読んだ時に浮かんだ花は 日本水仙。
水仙の中でも 一番早く 冬の間に咲くでしょ。
花は小さいけれど だからこそ 可憐で美しい。
甘い香りもしますよ。

日本水仙

以前 球根を植えて 何度かは咲いたのだけれど
いつのまにか 見えなくなってしまっていたの。
だから 昨年 友達の庭から頂いた球根を植えました。
この春は 一本だけ咲いたんです。
そうして 今年は・・・
何と もう芽がこんなに伸びてます。
しかも 増えてる!!

IMG_0586.jpg


夏の間 ずっと サルビアが咲いていたところなので
隠れて 見えなかったのね。
昨日 サルビアたちをとったら 顔を出したというわけ。
うれしいわね こんな時。
「わあ こんにちは~♪」って 思いました。 

咲いたら お正月に生けたいな。
間に合うかしら? ちゃんと咲いてねって
これから 毎朝 声かけようっと♪

ちなみに Wikipediaによると 
欧米では 水仙の花は 希望の象徴なんですって。
春の訪れとともに咲くからでしょうか。
ガン患者をサポートする団体の多くで
希望のシンボルとして使われているそうです。

わたしにとっても まさしく 希望の花 🌻

水仙が咲くのを待ちながら
春よ来い は~るよ こいって こころの中で唱えながら
いくつもの 冬を過ごしてきましたから・・・

今日は 立冬 🍃

ブログを書き始めてから 初めての冬です。
このような記事を書くことのできる幸せ
そして 読んで頂ける幸せを感じつつ

水仙の花咲く季節を 待ちたいと思います

        ✐ おり~ぶ


ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッにも 励まされてます(^^)/





にほんブログ村




人気ブログランキングへ



Category - 暮らし

6 Comments

しおん  

素敵な詩に出会えましたね。おり~ぶさんが言葉の力によって、つらい冬を乗り越えられたことが、とてもよく伝わってきました。実は私も、歩いてきた道を“回れ右”するほどダイナミックな言葉に出会って、人生観がすっかり変わった経験があります。価値観が変わると、すべてが新しくなってポジティブになれるような気がするから、人生おもしろいですね。

2016/11/07 (Mon) 18:45 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: comment

しおんさん ありがとうございます!!

わたしの思いが しおんさんに伝わったことがわかり
とってもうれしいです。
そう 言葉の力ってすごい。

しおんさんの人生観を変えた言葉って どんなだろう。
回れ右をするほどの言葉に出会えるって 素敵ですね。
しおんさんにも その言葉を受け取る力が
おありになったんだろうなと思います。

コメントを読んでいたら
言葉は 生き方 言葉は 人生・・・
ふと そんなふうに思いました。
言葉っておもしろい 人生って面白いですね。

2016/11/07 (Mon) 19:11 | REPLY |   

しおん  

星野富弘さんの詩画集、木瓜(ぼけ)の花に添えられた言葉に心が砕かれました。
「苦しみに会ったことは わたしにとって しあわせでした」
旧約聖書 詩編119編の一節ですが、苦しみにも意味があること、すべての出来事には意味があるということが、理屈ではなくストンと腑に落ちました。その時の、目の前の霧が晴れていくような感覚を今も覚えています。ことばの力って素晴らしいですね。

2016/11/07 (Mon) 23:29 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: comment

しおんさん ありがとうございます!!

わたしの問いかけにお返事を頂けるなんて 感激です。

星野富弘さんの言葉だったんですね。
究極の苦しみの中で 自分を救ってくれる言葉
そんな言葉に出会えるって やっぱり人生はすばらしいです。
「苦しみに会ったことは わたしにとっては しあわせでした」
旧約聖書の言葉の一節であることを初めて知りました。

理屈でなく感銘を受ける言葉は それを受けとるタイミングで
自分のもとに ちゃんとやってきてくれるんですね。
すべてのことに意味があり すべては必然だということを
あらためて感じています。

2016/11/08 (Tue) 07:01 | REPLY |   

あんこ  

大変な所、乗り越えられたんですね!

おり~ぶさぁ~ん🎵

おはようこまざいます😄

乳ガン、そして学生、心理療法士になるためには大学院にまで行かないと、と聞いております。健康体でも大変なのに大病の後、どんなに大変だったでしょう。

でも見事やり遂げられ、今のおり~ぶさんがあるのですね!

力のある言葉って凄いです。

協力な味方ですね!

お歌
最後の章に励まされました!

いつもありがとうございます(*^^*)

2016/11/08 (Tue) 10:24 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 大変な所、乗り越えられたんですね!

あんこさぁ~ん🎵
こんばんは。

ありがとうございます!!

そうそう いろんなことがあって 今のおり~ぶがいます。
そして
いろんなことがあって 今のあんこさんがいます!!
誰でも いろんな歴史をもってますものね。
いろんな人や いろんな言葉に支えられ
あんこさんとわたしは 生きてきました♪
これからも そうやって 生きてまいりましょうね。

最後の章の言葉から力を得られたとのこと
記事に書いた甲斐がありました。
伝えて下さって 感謝 感謝です。

2016/11/08 (Tue) 17:15 | REPLY |   

Post a comment