今日は 前回のつづきです。

題して 本物のおとな???

どういうことかというと・・・
ボランティアのAさんとお話した翌週
また Aさんのお当番の日

「〇〇さん あなたに見せてあげたくて・・・」
Aさんの手には 一枚の紙がありました。
そこに 書かれていたことは こんなこと。

本物の大人論 
           外山滋比古

矛盾しているのが 大人である
私を消すのが 大人である
味のある顔をしたのが 大人である
正直ではなく 白いウソをつくのが大人である
裁くのではなく 応援するのが 大人である
まねではなく 自分の頭で考えるのが 大人である
威張らず 腰の低いのが 大人である
敬語の楽しみを知るのが 大人である
広い世間を知るのが 大人である
落ち着いた声で話すのが 大人である
言ってはいけないことを知るのが 大人である
あいまいな言葉を使うのが 大人である
つつしんで歩くのが 大人である
歳相応の苦労をしたのが 大人である
自分のスタイルをもつのが 大人である
相手を大切にするのが 大人である
考えながらしゃべるのが 大人である
団体生活が 大人を つくる
エスカレーターではなく 階段が 大人をつくる
他人が 大人をつくる


渡された紙を 上から下に パーッと
ものすごいスピードで読みましたよ。
だって どのフレーズも 内容も 言い得て妙って感じ。
お見事って感じ。

大きな木


外山滋比古氏・・・ 
確か むか~し
「思考の整理学」とか「知的生活習慣」など
読んだことがありました。
難しいことも エッセイ風に
とても分かりやすく伝えて下さる先生♪

この記事を書くのに あらためてリサーチしてみたら
外山先生は 1923年のお生まれだそうです。
現在も 精力的に執筆活動をなさっているんですね。
すっ  すごい !!

著書の中には・・・
ありました!! 今のわたしが興味をそそられる本♪

     👇
本物のおとな論 人生を豊かにする作法

      👇
老いの整理学 (扶桑社新書)



ところで
Aさんによると この文章は 新聞に掲載されていたとのこと。
お読みになった方もいらっしゃるかもしれませんね。

Aさんは 目にした途端に書き写したんですって。
わたしも 見せてもらって すぐ言いました。
「コピーさせてください!!」


そのコピーを見ながら 今 これを書いているのです。

外山先生の含蓄のあるお言葉を ひとつひとつ読みながら

うん うんと頷いてみたり
ふ~むと 腕組みしてみたり
うん?と 首をかしげてみたり
ふふっと にやりとしてみたり
ちょっと 遠い方を見て思い出してみたり・・・

そんなふうにしながら
ただいま 自分の来し方を振り返っておりますよ。

じゅうぶん おとなといわれる年齢ではあるけれど
どれひとつとってみても
まだまだ 不十分であることは間違いなし。
外山先生の言葉で これはできてるって思うのは
最初のフレーズ
「矛盾しているのが 大人である」
ここだけは 自信あるかも (^_-)-☆
まあ それも 浅い意味での「矛盾」なのですけどね。

     🍃

人生の大・大・大先輩からのメッセージ・・・
あらためて わたしって おとなかしら?
偽物かしら 本物かしら?
ほどほど まずまず 中途半端?
って 考えてますよ。

う~ん 今のところ 結論はでませんね。
まだまだ 発展途上ですから (*^-^*)

おとなのようでいて
まだ 子どもっぽいとこいっぱいあるしね。
ある意味では 子どもの部分も大事だと思うから
純粋で自由な心も抱きながら
☆彡本物のおとなになれたら 素敵よね。

いまだ 本物のおとなではないけれど

少なくとも・・・

本物のおとな
ほんとうの本物のおとなを目指す
そんな おとなでは ありたいなあ 

           おり~ぶ


ご訪問 ありがとうございます。
応援のポチッにも 励まされてます(^^)/





にほんブログ村




人気ブログランキングへ
            






やっぱり うらやましいなあ・・・

情けは ひとのためならず・・・

comment iconコメント ( 2 )

おり~ぶさん、本当に言い得て妙!外山先生、お見事ですね。
ほとんどが理想とする大人像ですが、いつも意識していることが
挙げられていて、嬉しくなりました。

>私を消すのが 大人である
>まねではなく 自分の頭で考えるのが 大人である
>落ち着いた声で話すのが 大人である
>自分のスタイルをもつのが 大人である
>相手を大切にするのが 大人である
>他人が 大人をつくる

<落ち着いた声>って案外、難しいですよね。私は通らない声なので、
はっきり、ゆっくり、要領よくを心がけていますが、う~ん、難しい(-_-;)
饒舌ではなくても、スマートな会話ができる人に魅力を感じます。
<他人が、大人を作る>まさにその通り!どんな人にでも学ぶべきところが
ありますから。あるカウンセラーから教えてもらったのですが、
苦手な人の苗字はすべて<砥石さん>と思うんですって。自分を研いで
磨いてくれる<砥石さん>(*^^*) 
まだ伸びしろあると信じて、本物の大人をめざしましょうっ!(^^)!

名前: しおん [Edit] 2016-11-19 17:28

Re: comment

しおんさん ありがとうございます!!

そう お見事でしょう。
しおんさんが心がけていることが挙げられているなんて
さすが 意識たか~い!!

しおんさんのチョイスした項目
わたしも 同感ですね。
話す声は 生まれつきの部分がありますけど
声も話し方も 訓練次第で洗練されていくと思うから
やっぱり意識してみることが大事ですね。

苦手な人を 砥石さんとネーミングしたカウンセラー
いいですねぇ。自分を磨いてくれる人 そういうチャンスをくれる人だから
砥石さん=チャンスさん(^_-)-☆


そう わたしたち まだまだ 伸びしろありますよね!!
お互い 本物のおとな目指して まい進いたしましょ(^^)/

名前: おり~ぶ [Edit] 2016-11-19 21:45

コメントの投稿