マイブームのひとつ
ポジティブ心理学

世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生

1998年.アメリカの心理学者 マーティン・セリグマン博士が提唱しました。

それまで心理学は.どちらかというと
人間のネガティブな要素にスポットをあて
心の病気をなおし.悩みを解決するにはどうするかという
研究を.行ってきました。

でも.

ポジティブ心理学は.
こころの.ポジティブな要素に注目しています。

人それぞれが資源としてもっている.よいところを.さらに伸ばし
人生を幸せに生きるためには.どのようにしていったらよいかを
科学的に解明しようとしているのが.ポジティブ心理学。

この心理学にひかれているのは.なぜかしら?

「わたしの幸せって何だろう」と.考えたからなんです。

他者と比較しての幸せではなく.
わたしが.わたしとして生きる.幸せ感をもちたい。
つねづね.そう思っています。 

どのような状況においても.
小さな幸せを積み重ねて.
生きがいや充実感をもちながら.
人生後半のステージを.歩んでいきたいです。

セリグマン博士の言葉
   〇幸せな人は.自分が過去に経験してきた本物のポジティブな
    インプットをもとに.物事を都合よく解釈することができる。
   〇ポジティブな感情は.健康と長生きの秘訣。
   〇ポジティブな感情を抱くということは.自分だけが心地良いからではなく.
     あらゆる分野で.よりよい人間関係を築くから重要なのだ。     etc


短所をなおすよりは.長所を伸ばす!!
弱味を嘆くよりは.自分の強みを生かす!!

でも.

ポジティブ心理学は.ネガティブな要素を軽んじているわけではありません。
悩むことは悪いことではなく.
ネガティブなものを直視することによって生まれる.
真の心の成長や.他者との深い相互理解なども.重要なものであるとしています。

ネガティブとポジティブは.表裏一体。
どちらもあってこそ.
よりよく生きていくことができるのだと思います。

幸せって何だろう。

このブログも.幸せへのプロセス。
これからも.わたしの幸せを求めていきます。


追記
    裏庭のどくだみが.咲き始めました。

DSC_0221.jpg

    どくだみも.(人間にとっては)ネガ・ポジ.両面ありますね。
Negative 
       ★ 茎を切ると.少々不快なにおいがある。
       ★ 地下茎でどんどん伸びて.庭に植えると始末にこまる。

Positive
       ◎ 白い花が.清楚で美しい。
       ◎ 一輪でも.群れていても.存在感がある。
       ◎ 生の葉から.化粧水が作れる。
       ◎ 乾燥した葉から.お茶が作れる。

     「強み」に軍配あり!!

         ✐おり~ぶ

読んで下さって.ありがとうございました♡
 



       

















アートな?休日

呼吸法ですっきり