先日 年賀状を作る時
昨年届いた年賀状を見ていたの。
そしたら 友人の一枚が目にとまった。
ず~っと気になっている友人・・・

彼女は Kちゃんといって
高校生の時同じクラスになって仲良くなった。
同じ大学に行ったので 時々は顔を合わせていたの。
まじめで 優しく親切なひと。

忘れられないエピソードがあります。
ある時 わたしが帰宅した時の事。
家から通学していたので 実家ということになります。
玄関先に 白いテッポウユリの花束が置いてあるの。
Kちゃんの名前が書いてあるメモがはさんであった。
一緒にすんでいた母も勤めにいっていて留守だったから
そっと 置いていったのね。

メモには 「お留守なので 置いとくね」とだけ。
それにしても わたしの家 どうしてわかったのかしら。
大学から家までは バスに乗って しかもバス停から
歩くと 30分近くかかるのに。
そのことの方が不思議で なぜ訪ねてきたのかは
当時 あまり考えなかったような気がする。

お礼の電話をかけた記憶はない。
大学2年の頃だったから 毎日のように通学してるし
たぶん 学内で 「ありがとう」って言ったんだと思います。
学部が同じで 同じ授業もいくつか受けてたから
時々 顔は合わせていたんです。
でも テッポウユリのわけは 聞かないし
彼女も話さなかったんだと思います。
学生の頃は テッポウユリとこころの機微など
眼中になかった・・・そんな感じかな。

卒業後も わたしの赴任地へ訪ねてきてくれたりしたっけ。
その時は ミニチュアの七夕飾りを持ってきてくれたの。
手作りで 小さな小さな短冊が ひらひらしてきれいだった。

彼女は5年お勤めしたけど 結婚を機に退職して
専業主婦してました。
家を建てた時 息子さんが生まれた時など
折にふれて 栃木の彼女の家を訪ねたこともあります。

わたしが茨城に戻ってきてからは
たまに ふたりの中間地点の道の駅で会ったりしてました。
ある時は 急にメールが来て
「今 恩師に会いに水戸に来てるの。 帰りに会わない?」
というんだけど わたしは仕事中で 断ったわね。
そんな突然メール 多かったわあ。

でも 8年位前だったか 電話がかかってきて
「アパート代って そのあたりではいくらぐらいするの?」
と言うのです。
理由を聞くと いろいろなことがあって実家にいるとのこと。
もし 離婚するとしたら 自立して生活していけるかどうか
情報収集しているとの 穏やかならざる事情があったらしい。
でも 「いろいろなこと」の中身は話さなかったし
わたしも 詳しくは聴かなかったの。
彼女も急いだ感じで話していたので とりつくしまがない感じ。

その後 どうなったのかなあと心配はしていたけれど
彼女からの連絡は なかったから
わたしからも 連絡しなかった。
「その後 どうした?」と尋ねるのもどうかなという思い。

半年ぐらい経ってから 彼女からメールが来て
中間地点で会いました。
「あの時は どうしたの? 今どうしてるの?」と
わたしがきくと
「夫が迎えにきたから 仕方なく戻ったの。
現在家庭内別居中だよ」と 比較的明るい表情の彼女。
いちおう形だけでも もとのさやに収まったのだから
話を蒸し返すのも変だわ・・・と思い
根掘り葉掘りとは聴かなかったし
彼女も自ら ことの詳細を話すことはありませんでした。

その後は 突然メールが3~4回来て 一度だけ会えたけど
結構元気そうでした。
「高校生に数学を教える家庭教師続けてるよ。
熟年離婚したときのための資金つくらなきゃ」と
半分冗談のような本気のようなことを 言いながら
相変わらず 詳しくは話さないし わたしも聴かなかった。

そして ここ4~5年は 年賀状だけのやりとりになってます。
わたしも 母と暮らすようになったり
その母を見送ったりと大きな転換期だった。
その後は 自分の好きな事始めちゃったから
正直にいうと 彼女のこと 優先順位 かなり低くなってた。
彼女からの 突然メールも 来なくなってたわ。

今年の年賀状に
「時々実家の手伝いに行くだけで 動けません」
とあったのも 軽く受け流していたぐらい。

でも 今 その年賀状を目にしていたら
「ああ 高齢のお母さんのお世話に時々は行ってるのね。
でも動けません・・・て どういう意味?
忙しくて 遊びには行けないということ?
それとも 何か病気してて 気力も体力も減退し
動けないという意味なの?」という心配が
ふつふつと湧いてきた(>_<)
年賀状から一年も経ってるのにね。
ほんと 薄情なわたしです。

いつだって お互い
何から何まで話してきたわけじゃない。
でも 高校の時からず~っと
つかず離れず歩いてきてるの。

そう 思ったら とっても胸が熱くなった😢

罪滅ぼしに わたしからの年賀状には
万感の思いを込めて 書きました。
「今年は 会いに行きます♡」

言葉だけじゃなく ホントの気もちよ。
中間地点で会うんじゃなく
高速バスに乗って わたしが 行くからね。
久しぶりに Kちゃんの住む街に・・・・

Kちゃんのことをいろいろ思い出したので
昔のおたよりがあるかもと ごそごそ探したら出てきたの。
そのハガキに描かれた この絵。
優しい感じでしょ♪ ああ 会いたくなっちゃったよ~

友の描いた花

ということで 
一枚の年賀状が 友への新たな思いを
気づかせてくれました


            おり~ぶ



にほんブログ村









あ~ 痛くて ムスッとしちゃう。

あー やること 山積み💦

comment iconコメント ( 2 )

会いたい気持ち

年賀状が続いてる昔の友人っていますよね
私も以前ブログで書きましたが転校が多かったので
幼馴染と言う友人は居ないのですが
学生時代はそれほど仲が良い方でもなかったのに
未だに年賀状だけが続いてていつも会いたいね~と
書きながらも中々実現しないままになってる人が居ます

Kちゃんの事を急に懐かしく思えて
色々な事が蘇って来て
無性に会いたい気持ちが抑えられない
というおり~ぶさんの想いは
Kちゃんに届いてるかも知れませんよ(*^▽^*)

相手を強く思う時は
向うも自分の事を思っているんだって
以前読んだ本に書いてありましたもの(^^)/

私もおり~ぶさんのお話を読んで
学生時代の友人でいつしか遠のいてしまった
彼女たちに会いたくなりました(^▽^;)

来年はKちゃんに会えますように(#^.^#)

名前: ののはなかれん [Edit] 2016-12-27 13:57

Re: 会いたい気持ち

ののはなかれんさん ありがとうございます!!

年賀状は続いているのに 会えない人っていますよね。
年賀状のやめ時って 難しいし
やっぱり どこかでつながっていたいのでしょうね。

Kちゃんのことは いつの間にか 距離をとりすぎてしまっていたので
気になってたんです。
友達のことで後悔はしたくないから 会おうと思った時に
行動することにしました。
実は さっそく電話してみたんですよ。
彼女も喜んでくれて 4月ごろに会うことになりました。
やっぱり 気もちはつながっていたんですね。

かれんさんも 会いたい友達がいたら 会ってみてね。
会いたいなあって つよく思う相手だったら
相手もそう思ってるってことですものね♪

名前: おり~ぶ [Edit] 2016-12-27 19:12

コメントの投稿