昨日は 仕事始めでした。
スタッフとも 6日ぶりのご対面です。
中でも 看護助手の業務をしているOちゃんとは13日ぶり。

それというのも
Oちゃんの母国は モンゴル。年末年始は 少し長く
お国へ帰っていたんです。
彼女は モンゴルで生まれ モンゴルで育ち
現在は 家族と 隣県に居住し こちらには単身赴任。
週末 家に戻れば 三人の子のママ。
40代前半の とっても素敵なひとです。

わたしの勤務している病院が
モンゴルと国際交流している関係で
Oちゃんは 期間限定で 通訳の仕事をしています。
通訳の仕事のない時は 病棟で働いているというわけ。
彼女は 母国では 看護師さんでした。
ご主人の仕事の関係で来日し 子育てしながら
留学生として大学で学んだ 頑張りやさんです。

2年前に出会ってから いろんな話をするようになり
仲良くさせてもらってます。

Oちゃんは とにかく ボランティア精神が全開のひと。
母国の高齢者のために 自費で車いすを贈ったり
恵まれない子供たちのために 学習用具を贈ったりと
いろいろな活動をしているの。

それに 向学心に燃えてます。
卒論後も 看護学の研究活動を継続中。
モンゴル語忘れちゃってる~と 危機感を感じていて
今回は モンゴル語の本 何十冊も持って帰ってきてます。
話をきく度に ほんと 頭が下がります。

さて そんなOちゃんですが
退勤時 「ちょっと話があるの」というのです。
エッ 何だろう?と思うわたしに 彼女が手渡したものは・・・
これなんです。

カシミヤのソックス

「モンゴルのカシミヤだよ。自転車借りてるから そのお礼♪」
思いがけないプレゼントに びっくりしましたが
それはそれは うれしかった 何より 彼女の気もちが・・・
高価なものを頂いて・・・ と思ったので
「お気遣いありがとう。でも 散財させてしまったわね」と言うと
「さんざいって なに?」と 不思議そうに聞いてきた。
Oちゃんには 初めて聞く言葉よねと これこれしかじかと
意味を話すと
「ああ だいじょうぶ だいじょうぶ バーゲンで買ったよ」
と 笑いながら いつものように 率直な言葉♪ 

自転車のお礼だよ・・というのは
スーパーなどに行く時に わたしの自転車をレンタル中だから。
わたしが使わずに保管していたもの。
彼女に乗ってもらえば 自転車も喜ぶよ♪

自転車といえば こんなこともありました。
Oちゃんは どこまででも自転車で行くから
夏のある日 30分以上はかかる 商業施設に行ったらしい。

買い物を終えたら 夕方になっていた。
帰り道 来た道を ちゃんと帰るはずだったけれど・・・
暗くなってきてたこともあり 道に迷ってしまう。
行けば行くほど 知らない風景が広がっていて
そのうち 灯りもないような 森の中の道を走っていた。
車も たまにしか通らない。でも 車が来ると怖いですよ。
女性がひとり 山道にいるんだから 襲われたらどうしよう。
車のライトが見えるたびに 茂みに隠れながら
数時間さまよっていて・・・ やっと 街の灯りが見えて
帰宅できたのは 夜の11時だったというのです。

翌日 その話を聞いた時
「そんな時こそ 電話かメールもらえれば すぐ行ったのに」
と わたしが言うと
「だって 夜遅かったから 迷惑かなって思ったよ。
それに どこにいるか説明できなかったもん」と Oちゃん。
わたしは 「よくぞご無事で」 と 思わずハグしちゃいました。

そんなこんなで
Oちゃんは 大切な友達のひとりです。
彼女と出会ってからは モンゴルの自然や暮らしに
興味をもつようになってます。

モンゴルは 今 気温が マイナス10度とか15度とか・・・
もっと寒くなると マイナス45度とかも (>_<)
そんなモンゴルからの カシミアのソックス
あったかい贈り物を 本当にありがとう。

大切に大切に 使わせて頂きますね。
愛すべきOちゃん ♡

        ✐ おり~ぶ


 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村






青い花が ぽつんと・・・母恋し

たのしみは・・・

comment iconコメント ( 4 )

モンゴル好きの入院患者

おり~ぶさん、はじめまして。

夏ごろから毎日読ませていただいてます。
本当に偶然訪問したのに、途中から何となく知っている方かもと思っていたのです。
でもそれを書くのはもしかしてルール違反かしら、と言い出せずにいました。

でも今日の記事、モンゴルの看護師さんのことを読んで、書くことにしました。
勤務先は、水戸の北西部の総合病院ではないでしょうか。
夫が入院していた時に、部屋にモンゴルの看護師さんが来てびっくり仰天。
モンゴル好きの夫が、それはもう喜んで、たいそう興奮したことがあるのです。

おり~ぶさんは、もしかして・・・

名前: わすれ草 [Edit] 2017-01-05 22:00

Re: モンゴル好きの入院患者

わすれ草さん はじめまして。

コメントをありがとうございます。
以前から読んで下さっていたとのこと そして
わたしをご存知の方とのこと 大変驚きました。
でも ブログを書いていれば こんなこともあるのかもしれないと
出会いの妙を あらためて深く感じ入っております。

あなた様は わすれ草さんということでは初めてですが
わたしが出会った患者さんの奥様ということでは
よくよく覚えている方でいらっしゃいます。
でも この場で これ以上詳しく書くことは
臨床心理士としての守秘義務に反する内容になってしまうので
どうかお許し下さいね。

わすれ草さんのブログに伺った折に
あらためて ご挨拶させて頂きたいと思っております。

どうぞ よろしかったら これからも
お立ち寄りくださいね。お待ちしています。


 

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-01-05 22:51

おり~ぶさん、やっぱりおり~ぶさんだったのですね。
私のブログも読んでくださったと。
なにか失礼なことを書いてはなかったかと、私も少し読み返してみました。
失礼があったとしても、もう消せないし、許してくださいね。

当時のブログは今日まで、まだ読み返すことができないでいますが、今朝「緩和ケア」の部分を少しだけ読みました。が、やはりだめでした。
当時よりさらに涙が溢れてきます。
珍しい病気の闘病の記、絶望の中でせめてあとの人の手掛かりになれれば良いと書いていましたが、途中で終わっていて。
つづきを書くことが私の宿題と思っています。

今度はブログ友だちとしてお付き合いいただければ嬉しいです。
おり~ぶさんと違って、毎日ウダウダと愚痴の繰り返しが恥ずかしいですが。

名前: わすれ草 [Edit] 2017-01-06 12:12

Re: comment

わすれ草さん こんばんは。

再コメントをありがとうございます。

ブログには 失礼なことなど ひとつも書かれてはいませんでしたよ。
ご安心ください。たとえ 書かれていたとしても 全くOKです。

当時のこと・・・
いつか 読める時が来たら 読み
つづきを書ける時が来たら 書く
そんな日が やがて 必ずくるような気がします。
それがいつとは 言えませんが・・・必ず

ブログ友達と言って頂いて とてもうれしく思います。
どうぞ よろしく お願いいたします。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-01-06 19:23

コメントの投稿