Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

シニアの7割が 終活に前向きだそうです。

Category - 雑感
少し前の新聞に
「シニア7割 終活に前向き」という記事あり。
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

60~79歳の男女1000人を対象に ネットで調査したもの。
●終活を・・・
 すでにしている 8.9%
 近いうちに始める予定 8.5%
 時期がくればしたい 56.2%
 するつもりはない 26.4%

●終活に前向きな回答をした人の理由(複数回答)
 寝たきりになった場合に備えて 40.4%
 人生の終わり方は自分で決めたい 31.5%
 今後の人生をよりよく生きたい 20.2%

●終活の主な内容は
 生前整理 葬儀費用などのお金の準備  相続の準備
 終末期の医療や介護の希望をまとめる
 携帯やPCのデータの整理 など

もし わたしが
「終活」という言葉を
「自分の身終い」というような狭い意味でとらえて
回答するとしたら・・・

● 終活・・・時期がくればしたい
● 理由・・・後の始末をする親族に迷惑をかけたくないので
  できるかぎりの 様々な整理 諸準備をしておきたいから。
● 内容・・・上記のようなこと

と こんな感じでしょうか。

時期がくればしたい・・・まあ なんともあいまいな感じですが
実際 まだまだ具体的には 手をつけていませんから。
頭の中では いろいろと考えてはいるのですが。

例えば 突然の病気や事故で・・・など考えたら
親族は もうお手上げでしょう。
どこに何が保管してあって 預金はどうなっていて なんて
もう ほんとパニックに陥ると思います。
突然だったら 家族がいる人だって 
どうしようもないかもしれません・・・
それに 突然そうなったら・・と考えて 完璧に準備している
人は なかなかいないんじゃないかしら。
みんな 明日があると思って生きてます。
そうじゃないと 生きていけない・・・

でも そんな 突然・・・や 
ひしひしと迫ってきている老いや
これから起こってくる未体験のこと
それらを想定しながら
そろそろ ちゃんと考えないといけない年齢になってきたんだわ。
考えるだけじゃなくて 具体的にしていかないと
誰かに 心配や迷惑をかけちゃうよ。

まして わたしは 夫も子もいない ひとりものですから
いろんなことを 親族の誰かに託していかなくちゃならない。
誰にも頼らないなどとは 全く思っていません。
たとえ そう思っていたとしても
最期の最後は 誰かに何かをお手伝いしてもらうようになる。
必ず そうなります。
だから しかるべきときは 潔く甘えるということも
大事かなとも 思っています。
ならば せめて わたしが頼る相手に
できるかぎり迷惑がかからないようにしておかなきゃね。
スムーズに 後始末をしてもらえるように。

あっ★
ひとつだけ やってあることがあったわ。
ネット銀行の詳細などが書いてあるノートの存在だけ
次兄に伝えてありました。
通帳がないから わからずじまいになってしまうでしょ。

長兄が亡くなっているから きょうだいは次兄だけ。
わたしが大病しているから 兄の中では
わたしが先にこの世とお別れするというイメージがあるらしく
母の葬儀が終わってしばらくした後
「あとは お前のこと みてやんなきゃな」ですって。
失礼だこと!! でも そんなふうに思ってくれたんだと
ほんの少しうれしかった・・・
でも そんな兄も4つ年上ですから 兄だって・・・???

とほほ いろいろ考えたら 大変だあ。
今更ながら ことの重要性 認識いたしました(>_<)

ひとりで生きていく そして 終わっていくこころの準備は
わたしなりに進んでいるように思うけれど
見終まいの準備は ほんと これからの課題です。
とにかく 何をやっておくべきか
まずは その洗い出しから始めなくてはね。 

ところで 先ほどの調査結果の最後の項目は
●人生で やり残したことがある 59.2%
つまり
残りの40.8%の人は やり残したことがないと答えてる
そっちの方が すごいと思っちゃいます。

わたしの回答は 今の時点では やり残したことがある方。
だって まだまだやりたいことが目白押し状態だから。

いつまで どこまで できるかはわからないけど
やりたいことを ひとつひとつ やっていきたい。

「終活」も大事だけど・・・
わたしは 「習活」も大事にしていきたいです。

習う活動で 「習活」 !!
習う は 学ぶです。
ガンジーのこんな言葉にヒントを得ました。

明日死ぬと思って 生きなさい。
永遠に生きると思って 学びなさい。

マルティン・ルターが言ったとされているこんな言葉も。

たとえ明日 世界が滅亡しようとも
私は 今日 リンゴの木を植える。

どちらの言葉も とても好きです。
明日死んでしまうかもしれないという真剣さで生きる。
そして 学び続ける。
明日がないかもしれなくても そこに新たな木を植える。

今日やろうと思ったことを着実にやっていく。
そうしていけば 仮に 目標が達成できなくても 納得する。
なぜなら そのプロセスが大事だから。
その プロセスが 生きるということだからね。

「習活」は 興味・関心のあることを学んでいく活動
そして 生きるということを学んでいく活動
いのちの終わりまで それは 続いていくのだと思います。

    🍃

「終活」と「習活」
どちらも やっていこうと思います。

人生のさいごに
やり残したこと ほとんどないよって言えるように・・・
まったくないよ は難しいと思うので
ほとんどないよ ぐらいにしておきます 


           おり~ぶ



にほんブログ村









    

Category - 雑感

2 Comments

こまはは  

おり~ぶさん、おはようございます。
そちら雪は積もりましたか?

「終活」と「習活」
どちらも興味深いテーマです。

「終活」においては
まずは断捨離からと思うのですが、なかなか進みません。
物を増やさないようには心がけてるけど、捨てるまでの踏ん切りがね。

>たとえ明日 世界が滅亡しようとも
>私は 今日 リンゴの木を植える

これとても好きです。
結果は二の次にして、大切にしてることを貫く姿勢に打たれます。

シリトリ
楽しむことが一番、それにはマイペースが一番ですから。
くれぐれもご無理のないようにね。

2017/01/16 (Mon) 10:18 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: comment こまははさんへ

こまははさん こんばんは。

ありがとうございます!!

こちらは 雪 全く降らなかったんですよ。
ニュースで見る あまりの雪に驚いています。

わたしも 物を増やさないように努めていますが
なかなか難しいですね。
思い切りよく捨てることは 結構やってしまうほうなので
捨てなくてもいいように ものを買おうとは思います。

大切にしていることを貫く ・・・それができたらいいな。

シリトリ 無理せずに参加しますので
気長に お待ちくださいませね。

2017/01/16 (Mon) 18:57 | REPLY |   

Post a comment