Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

おとなに刺さる言葉

Category - 雑感
新聞の広告欄で見つけた この本

  👇
大人に刺さる園児の名言

2歳~6歳の 幼稚園児・保育園児の名言が
集められています。
幼児の時だけの ものの見方やとらえ方ってありますからね。
成長につれて 変わっていく 失っていく部分だからこそ
どんな言葉 発してるのかなあと思い 手にとった次第です。

わたしは 自分の子どもを育てたことがないので
幼児と 実際に接した体験は少ないです。
甥っ子や姪っ子とたまに遊んだくらい。

だから この本に出てくる言葉は とても新鮮で面白かったの。
いくつか ご紹介しますね。
子育てを経験した方などにとっては
あるある!! という感じだと思います。

「ママは 大きくなったら なにになりたいの?」

七夕の短冊に  
 「せんせいたちが げんきにすくすくそだちますように」

「ねえ ママ 12月の次は13月だよね?」

「ねえねえ お父さんお母さん いっしょに手をつないで寝たら
  おんなじ夢を見られるよ」

「ママ お風呂入る前の顔の方がかわいいね」

「ママはどうして ちょっとじゃないのに ちょっと待ってって
  いうの?」

焼き魚の皮を食べながら
 「お魚さんのお洋服って おいしいよね」

「バレてるよ。ママ 怒っても僕のこと好きなんでしょ」

朝 お父さんのパンとミルクを運んで ひとこと
 「パパのお世話 ホントつかれる」

自動で流れるトイレを見て
 「このトイレ おりこうさんだね」

ママの心臓の音を聞きながら
 「かみさまの おとが きこえるよ」

● 朝食にミルクを飲んで
 「こころが あったまる~」

 産まれてきた妹に
 「泣かなくてもいいよ ずっとそばにいるよ」

アウトドア好きの父 毎週末 山へドライブ
 「パパ 人がたくさんいるとこにいきたい!!」

ああ もう きりがないので こんなところで やめときます。

そういえば うちの子も幼い時 こんなこと言ってたわ・・・
って 遠い日をなつかしく思い出した方もいらしたでしょうか?

幼子たちは
大人が身につけているもの 身につけてしまったものを
ほとんど もっていませんよね。
だからこそ 真っ白な ピュアなこころで
感じたことや思ったことを口にします。
何のてらいもない その言葉は
どこか曇りがちな大人のこころに ぐっときてしまう。
時には グサッと刺さる言葉もあります(>_<)
キッズたちの感性 あなどれませんよ~

ふうむ
なるほどねぇ
あらあら まあまあ 
かわいいこと 言うわねぇ
ほんと こどもって 正直・・・
こんなこといわれたら 抱きしめちゃうわね
などと にやにやしたり
声をあげて笑ったりしながら 
約270のお言葉を
次から次へと 夢中で読破!?いたしました♪

幼児たちの 無垢な魂にふれて
こころが洗われた わたし 61歳 

        おり~ぶ



>にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村








 

Category - 雑感

0 Comments

Post a comment