数日前 届いた 大きな青い封筒・・・
重要書類とあったが 少々忙しく 封を開けずにいた。

昨日 おもむろに中身を取り出すと
共済組合からの 年金の書類でした。

昭和30年4月2日生から 昭和32年4月1日生の人には
62歳から 特別支給の老齢厚生年金が支給されるとのこと。

先輩からきいていたことでしたが
ついにわたしにも 届いたわという感じ。

わたしは 21年間 共済組合に加入。
その後は 国民年金を毎月毎月・・・💦

でも
書類を読んでいくと
遺族年金を受けている人は 別の書類が必要とのこと。
そう わたしは 夫の遺族年金♡を受給してるのですよ。

電話せよと書いてあるので そうしたところ
年金の受給選択申出書が必要だって・・・
遺族年金か その特別支給の老齢・・・か
どちらかを選択するらしい。

この どちらかひとつということについては
わたしも 認識はしていましたが
それは 65歳からだと 勝手に思い込んでました。
もう この時点でも どちらかチョイスなんだなあ。
浅はかな 知識でした(>_<)

自分の方を選んだら
遺族年金は完全ストップ・・・そりゃ そうだよね。
そういう仕組みですから しかたない。
遺族年金と 自分の年金と 金額を比較しなくては
決められないから 試算書も送ってもらうことにしました。

試算書が届いたら じっくり検討しなくては。

たぶんどちらを選んでも
年金だけでまかなっていくのは かなり厳しいと思ってます。

今 パート勤務している病院も
更新期間はあと一年 つまり来年度で 卒業になるので
新たな収入源を確保しなくては と 思っているのですが・・・
まあ いろいろ 難しいわねぇ。
いつまでたっても 悠々自適な毎日にはならないだろうな。

まあ もともと 働くのは苦にならない。
うちの母のこと 以前も書いたと思うけれど
75歳まで 金魚の卸売り業の手伝いをしてレジも打ってたの。
そんな姿を見ていたので 
こころとからだがOKなら もうしばらくは働きたい思います。

こんなふうに 書いていると
夢みる夢子のわたしも
経済面の老いの現実に 向き合わざるを得ませんね。

老齢厚生年金のお知らせを見たら
いよいよ わたしにも来てくれたのね!(^^)!という思い
いよいよ 年金だけの暮らしが近いんだわ(*_*)という思い
いろいろあって 何だか 複雑です。

仲良しの先輩が 以前 言ってたの。
「年金の書類が届いた時 すごくショックで
しばらくの間 封を開けられなかったの。
ああ そんなに齢とっちゃったのぉ」って。
彼女は 今も 現役バリバリ
老いに抗っているのか なんなのか
仕事人間の様相を呈してます。

わたしのショックは そこまでではないけれど
彼女の気もち ちょっとだけわかるような気がします。

     🍃

それにしても
「老齢」という二文字は かなりネガティブな感じよね。
自然食レストランのシニア割引デイに はりきって行き
「はい 60歳以上です!!」なんて 胸 張ってるし
映画館のシニア料金なんて 喜んで利用してるのにね。
シニアというだけで ほんわかしちゃうんですから
言葉の魔力 恐るべし。

日本ブログ村の カテゴリー「女性シニア」も
「老齢女性」としてたら 誰も登録しなかったりして(-_-;)

あらあら
話がちょこっと 横道に入っちゃった。
そうそう 年金・・・

   🍃

いよいよ 年金だけの生活が じわりじわりと
迫ってきています。
かぎりある予算の中で暮らしていくことは
これまでと同じだけど
さらに 小さな枠組みの中での暮らし・・・

でも 何とかしていくとは思います きっとね(^_-)-☆

こういう時こそ
「足るを知る」の精神・・・

ないものねだりをせず
いまあるものに感謝しながら
こころは豊かに暮らしていければなあ。

わたしの一生だって すでにかぎりがあるのですから
かぎりあるところでの かぎりある暮らし
あたりまえのことなんだんなあと 思います。


それはそうと
来たるべき 年金だけの生活に備えて
節約 節約 


           ✐ おり~ぶ




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




甥っ子とわたし

発車しました 大人のための絵本セラピー号♪ 

comment iconコメント ( 4 )

うちの母も節約でなんとかやってます^^
応援しておきました。ポチッ

名前: 矢田@医療職兼業トレーダー [Edit] 2017-02-07 21:30

Re: 矢田@医療職兼業トレーダーさんへ

矢田@医療職兼業トレーダーさん おはようございます。

お立ち寄りくださり しかも
応援ポチッまで頂くなんて 感激です!!

お母様を 見習いたいと思います。 

応援 ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-02-08 07:55

共済年金

おり~ぶさんは公務員でしたから共済年金なんですね。
おり∼ぶさんのように手に職があると言う事は
本当に素晴らしい事だと思います。

私は専業主婦でしたし結婚するまで3年程しか働いておらず
この今の状況になって初めて扶養されていたと言う事実に
女性の不利な立場を感じたりしていますが
それは今更どういっても仕方がないので
これからの女性はやはり正職員(正社員)として
厚生年金(共済年金)など掛けて行かなければ
生活出来なくなると思いますね~(≧▽≦)
今の時代は男性さえ非正規社員ですから
この国の未来が恐ろしくなります

おり~ぶさんも
いよいよ選択しなければいけない年齢になったのですね
でもおり~ぶさんならきっと大丈夫ですよ
いつも前向きにきちんと生活されているから
旦那さまも見守っていらっしゃいますよね(^^♪

私も最近は65歳になるのを楽しみにしてる位で
いろいろな集まりや無料で楽しめる事も多いから
元気にさえしていたら節約しながらも楽しめそうです
なんて呑気な事考えています(^▽^;)

長くなってごめんなさいね

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-02-08 18:44

Re: 共済年金: ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんばんは。

そうなんですよ。
でも 共済年金も
昔の人に比べたら 受給額がどんどん減っていますからね。
受給開始年齢は 上がってますし。
これからのひとは ますます そうなっていくでしょうから
本当に 大変な世の中です。

年金だけの暮らしになるまでに
少しずつ 暮らしを小さくして シンプルにしていかなくてはね。
今は その準備期間というところです。

かれんさんの 65歳楽しみだっていうの 面白い。
そんなふうに 受け止めると 歳をとるのも悪くないですね。
元気ならば 節約もまた楽し。
わたしも かれんさんも ひとり暮らしだから
いかようにもなりますもの。心がけ次第でね。
頑張ろうっと♪

かれんさん いつもありがとうございます。  

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-02-08 21:19

コメントの投稿