冬の夜の 母のぬくもり・・・

何のことはない これなんです。

DSC_0488.jpg

言わずと知れた 湯たんぽ♪
全長約20cmの ちいちゃいものです。
一昨年までは もっと大きいのを使ってたんですが
昨年からは これに変えました。
お湯の量が 電気ポットの容量と同じだから
一回分沸かして入れると ぴったんこなんです。

わたしは 冷え性だから
入浴後 起きていると 足が冷えてしまうの。
分厚い靴下をはいていても
お布団に入った時 足の先が冷たくなってる。

秋頃から 寝る前に入浴していたんだけれど
最近は 帰宅したらすぐ入浴してるのですよ。
過去記事に書いたけれど
湯船で眠っちゃう事件?!があったので
入浴時間を早くしたのです。

まあ その前から 湯たんぽはお布団に入れてました。
これを使うようになると ああ 冬が来たわって思う。

    🍃

湯たんぽを見ていると ことさら 母を思い出します。
わたし アパートに住んでいるころは・・・
お正月は 母のひとり暮らしの家にお泊りしてました。

その時 必ず もっていくのは 湯たんぽ。
石油ストーブにやかんをかけていたので
母は お湯がわくと 初めにわたしの湯たんぽに入れてから
つぎのお湯をわかします。
そして 今度は 自分の湯たんぽに入れてました。
たいがい 母がやってくれていたような・・・
実家に行くと どうしても 母に甘えてしまうわたしでした。
母も 年齢の割には とびきり元気でしたしね。

この家に住むようになってからは
お正月は 母をご招待♪
「上げ膳据え膳はいいねぇ」と言われるぐらい
もてなしましたよ~
母も マイ湯たんぽ もってきてましたから
わたしは まず 母の湯たんぽからお布団に入れてました。

今も 母の湯たんぽ ありますよ。
晩年の約2年間は 我が家で暮らしてくれたので
わたしの大きい方の湯たんぽと一緒に
仲良く ふたつ押し入れに入ってます。

もっと 歳をとったら ふたつ 使うかもしれないわ。
ひとつは 足の方に
もうひとつは 抱っこするの。
あたたかいわよ~

写真の湯たんぽは 初めは足の方に置いておくの。
いざ お布団に入ったら 手で抱えるようにしたり
お腹の上にのせちゃったりすることもあります。
小さいから お湯を入れた状態でも 重くありません。
これだけでも十分に あたたかく 休めます。

先日の 不思議な仲間のお泊まり会には
この湯たんぽ 持っていったんです。
洗面所の水道から出るお湯でも 十分あったかくて
ばっちりでした。
起床時見たら 湯たんぽが 畳の上で冷えている(>_<)
足で蹴っ飛ばしたらしい。寝相 悪かったのね。

ところで
ホームセンターで これより小さい湯たんぽ見かけましたよ。
携帯用って書いてあって 長さ 10cmぐらいのかしら。
ちょっと 胸キュンしたけれど 買いませんでした。
持ち歩くまでは いいかなあ。
そんな時は カイロがあるし・・・

電子レンジで温めるゆたんぽもありますね。
でも レンジがない我が家では使えないし
もし レンジがあっても それは使いません。

わたしは 断然 お湯の湯たんぽ派♪

だって 湯たんぽは 母さんの思い出だからね。

もう今はない あの家 あの茶の間
石油ストーブの上にのせた やかんの形
お湯の沸く音
湯たんぽにお湯を入れる母の仕草
わたしの脳裏から 生涯 消えることのない映像です。

湯たんぽを入れたお布団の中のぬくもりは
母の ぬくもり・・・

冬の間も ずっと  わたしを温めてくれる
母の 思い出です ♡


         おり~ぶ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村





友を待った時間・時間の使い方は 命の使い方・・・

雪の降る中 こわごわ 義姉の家へ・・・

comment iconコメント ( 4 )

今度母の所にもっていきます

おり~ぶさん、

おり~ぶさんのお母さまに対する愛情が伝わってきて
涙が出てきました、

2年間ご一緒できて良かったですね、

このおり~ぶさんの優しさと愛情を受けて来週
母の介護にいってきます、

おり~ぶさんみたいにたっぷりと、

優しい気持ちにさせて下さって、いつも
ありがとうございます。

名前: あんこ [Edit] 2017-02-11 12:53

Re: 今度母の所にもっていきます:あんこさんへ

あんこさん こんばんは。

わたしも 書きながら 涙出ちゃったの。
やっぱり 恋しいよ~ もう4年 経つのにね。

あんこさん お母様の介護
いってらっしゃい♪

あんこさんは ご主人のお世話もあるのだもの。
えらいわ~♡
大変だろうと思うけど
できることを できる範囲で 思い立ったら会いに行く。
お母様 きっと 喜んでくださるわよ。
楽しい時間を過ごしてきてね。

あんこさん いつもありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-02-11 19:00

湯たんぽ

懐かしいですね~私にとっては湯たんぽは幼い時の冬の思い出です。
北海道は本当に寒かったですから母が寝る前に湯たんぽにお湯を入れてた姿はやはり何年経っても記憶にありますね。おり~ぶさんは今でも湯たんぽを使ってるのですね(^^♪良い物は時代が変わっても残るのかな。
お母さまの湯たんぽに今度はおり~ぶさんがお湯を入れてあげて親子のぬくもりを感じますね。
母親と言うものはいつも子供に暖かい愛情を注いで素晴らしいなぁと思います。おり~ぶさんとお母さまの繋がりは本当に深かったんだなぁと思います(*'ω'*)おり~ぶさんも親思いの優しい娘さんですもんね💖
私も見習わなくちゃ(;・∀・)

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-02-11 20:03

Re: 湯たんぽ:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんばんは。

やはり お母様も湯たんぽ 使われていたんですね。

省エネであったかいから 重宝してます。
湯たんぽは ずっと残るものかもしれませんね。
勤務している病棟でも お湯の湯たんぽとレンジチンの湯たんぽ
両方使ってますよ。患者さんも 喜ばれます。

わたしは はやくに父をなくしてるから それ以来
母だけ。それで 母への愛着が強いのかもしれません。
相性もよかったのかもね。

お母様のこと どうぞこれからも 大切になさってくださいね。

かれんさん いつも ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-02-11 21:26

コメントの投稿