Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

老いて死するわざ・・・

Category - with aging

ブログ友達の記事内にあった言葉が
心に留まりました。

老いの叡智・・・

昨夜 記事を拝読してから
以前読んだことのある詩を連想して
新聞・雑誌の記事や気にいった言葉などファイルしたものを
あれこれとめくりました。
あるはず あるはず と思いながら。

見つけた詩・・・

最上のわざ

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り 失望しそうなときに希望し 従順に
平静に おのれの十字架をになう。
若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても ねたまず
人のために働くよりも 謙虚に人の世話になり 弱って
もはや人のために役だたずとも 親切で柔和であること。
老いの重荷は神の賜物
古びた心に これで最後のみがきをかける。
まことのふるさとへ行くために。
おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば それを謙虚に承諾するのだ。
神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。
それは祈りだ。
手は何もできない。
けれども最後まで合掌できる。
愛するすべての人のうえに 神の恵みを求めるために。
すべてをなし終えたら 臨終の床に神の声をきくだろう。
「来よ わが友よ われなんじを見捨てじ」と。


この詩を読んだことのある方♪
いらっしゃるかもしれません。
「ツナグ」という映画の中で 樹木希林さん演じる主人公が
語っていた言葉なのです。
当時のパンフレットには一部のみ掲載されていたので
ネットで調べたところ 全文がわかった次第です。
ヘルマン・ホイヴェルス神父という方の友人が書いた詩で
神父の「人生の秋に」という随想集に収められています。
  👇
人生の秋に―ホイヴェルス随想選集

人の世話になるほど弱っても 人のために役立たずとも
そのことを受け止めて 謙虚に にこにこ世話になる。
何もできなくなったことを嘆き過ぎず そのことを受け入れて
ただ生きる。老いの重荷で こころに磨きをかけ・・・
そして 祈る。
愛するすべてのひとのために 祈る。

最上のわざ・・・
老いて死するわざ
これも まさしく 老いの叡智でしょうか。

自分の人生を おそらくは いいも悪いもなく ありのままに
ただ 静かに謙虚に 勇気をもって受け入れる・・・
こんな老境を迎えられたら あっぱれ 見事です。
とてもとても わたしには無理だわと思うけれど
目指すところとして こころの片隅に置いておきたい詩です。

神様が 最後に残してくださるという仕事は
祈ること・・・ 


新しい朝を ありがとうございます 👏


まずは 祈りて
老いに向かう一日を始めます 


          ✐ おり~ぶ



※ブログランキングに参加中※
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ





Category - with aging

2 Comments

しおん  

ツナグという映画のことは知らなかったのですが、
私は10年ほど前、あるチャプレンの方から「最上のわざ」の
詩を教えていただきました。(チャプレンというのは、施設や
病院、ホスピスなどで働く牧師さん、神父さん、僧侶などの
ことです。)
「老いは容赦なく、健康や富、地位や力を奪い、愛する人との
別離をもたらすけれど、神様が最後に最も良い仕事、“祈り”と
いう奉仕を残していてくださいます。それは、人間の尊厳でも
あります」と、そのチャプレンの牧師さんは言っていました。
老いを、余生、つまり余りの人生とは考えず、今まで耕して来た
ものの刈り入れ時、総括の時と捉えていく時、老境を無下に嘆く
だけの、味気ないものにはならないのかも…。
老いの叡智。本当に深く考えさせられる言葉ですね。

2017/03/01 (Wed) 18:31 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: しおんさんへ

しおんさん こんばんは。

しおんさんのブログ記事にあった 「老いの叡智」という言葉・・・
そこから連想して 記事を書かせて頂きました(^_-)-☆

もう10年も前に 「最上のわざ」
ご存じだったのですね。

祈りという奉仕 それは人間の尊厳でもある・・・
う~ん 深く考えさせられる言葉ですね。
最後の最期に わたしは 祈れるだろうか。
ひととして 尊く気高いこころで いられるだろうか。

老いは さまざまなことの喪失ではあるけれど
同時に 獲得するものもありますよね。
生きる知恵とか精神的な成熟とか・・・
そうなると 老いは 余生ではないように思います。

最上のわざ 老いの叡智・・・深い言葉です。

しおんさん いつも ありがとうございます(*^_^*)

2017/03/01 (Wed) 20:19 | REPLY |   

Post a comment