先日のこと・・・

茨城県立近代美術館の
東山魁夷 唐招提寺 御影堂 障壁画展へ・・・

絵画展看板

奈良 唐招提寺では 一年に三日だけ
唐招提寺の開祖 鑑真和上の像と障壁画(襖絵)を
特別公開するそうですね。
唐招提寺は 若い頃に一度だけ行ったことが
ありますが そのときはもちろん 襖絵を見ていない。

今回の美術展では
すべての襖絵とスケッチや下図も展示されるという。
奈良まで行かなくても その襖絵を見られるチャンスは
そうそう ありません。

隣県に住んでいる友達からも
「観てきたよ~」というメールが 早々と来てました。
彼女は お寺巡りや美術鑑賞が趣味なので
今回のような企画には フットワーク 軽い軽い。
そんなメールに刺激を受けて わたしも 
4月2日に終了してしまうところを
あわてて 駆け込んだ次第です。

少し前に行った 成川美術館でも
東山魁夷画伯の絵が展示されていたこともあって
襖絵の実物  どうしても観たかったの。

     🍃

多くの苦難を乗り越えて来日し
唐招提寺を開祖した鑑真和上 
その御心を慰めるための 御影堂の襖の絵・・・
画伯が その障壁画を依頼されたのは 昭和46年
62~3歳頃でしょう。
約10年という歳月をかけて完成した
全68面からなる襖絵のテーマは 海と山・・・
画伯が 日本と中国各地を巡ってスケッチを重ね
生涯のすべてをかける気もちで取り組んだ作品と
いわれています。

鑑真さんが日本に来る時 わたってきた海・・・
そして 生まれ育った 中国の山々・・・
画伯は 鑑真和上の慰霊にと
日本と中国の美しい風景を描きあげたのです。
それはそれは 祈るような気もちで。

展示会場に足を踏み入れたわたしは・・・
何枚もの襖に描かれた風景に 涙が出そうになりました。
言葉にならない感動に ふわっと包まれた感じ。 
ほんとうに言葉に表せないような不思議な感覚です。
とっても 静かなところにいるようで
それでいて 海の波の音が聞こえてくるような・・・
桂林の山々や風にしなる柳の枝葉は 水墨色なのだけれど
若緑の葉の色が見えてくるようで・・・

鑑真和上像の両眼は 閉じている。
御影堂の襖絵に囲まれて
その閉じた目は
故郷・中国の山の青さを見たのではないか。
その耳は 海の音を聴いたのではないか。

鑑真和上を想う 画伯の祈りの襖絵は
きっと その魂を癒し 慰めているのに違いない。

  🍃

美術館の売店で 
画伯の小画集・文庫本を買いました。
   👇
唐招提寺全障壁画 (新潮文庫―東山魁夷小画集)

記事を書きながら 小休止して ページをめくっては
あの時の感動を 思い返しています。

     🍃

そして この日 帰路につきながら
ふと考えたことが 蘇ってきました。

それは 画伯が 60代になってからの約10年間で
襖絵を完成させたということ・・・
「60代」 と「10年間」というキーワードが
気になって仕方ない。

展示室で解説を読んでいる時も
「へぇ~10年も襖絵に取り組んでたのねぇ」と
妙に そこのところに意識がいっちゃった。

それは やっぱり わたしが これからの生き方
いろいろ 考えたりしているからだわ。
この頃 特にね・・・

15年程前に大病してから 10年というスパンで 
物事を考えたことはなかったです。
3か月後 半年後 一年後というように考えるのが
癖になってしまった。
術後の10年生存率が極めて低いという身体だったから
10年先のライフプランなど考えられなかった。
一年 また一年 生きられるかもしれないと思って
生きてきたようなところがあるんです。

でも 本当に久しぶりに
これからの10年間 どう生きていくのかなと思ったの。
画伯が 襖絵の制作に費やした時間は10年間・・・

それに こんな絵 画伯の作品にありますもの。

  「道」
道

わたしの人生の道は どこに向かうのだろうか。
どう 歩んでいくんだろう。
どんな10年になるのだろうか。

10年後は 71歳・・・
それまで どんな時間を積み重ねていくのかなあ。
これまでの10年間と おそらくは かなりの部分違ってくる。
身体も変化してるし 仕事もここ数年で辞めるだろうし・・・ 
わたしは どんな人生にしていきたいのかな。
これからの 10年という歳月・・・

まあ 考えても その通りにはならないのが人生だから
あまり深くは考えない。
それに あと10年 生きていられたらの話です。

明日の命がわからない・・・それは ほんとにそうだと思うので
いつ そうなってもいいように!?
今日という日を 精一杯 楽しんで生きていく。
そして ちょっとだけ欲張って
「10年後 こんなふうになっていられたらいいなぁ」ぐらいの
ビジョンをもって 暮らしていくことにしようかな。
ビジョンは おいおい 考えます。
とりあえず そんなとこ・・・

    🍃

今日いちにち ちょこっとだけ頑張ろうっと。
明日につながる 今日だもの
10年後につながる 今日だもの

今日という時間
大切につかいます  ♡


           ✐ おり~ぶ



 長々とおつき合い下さって ありがとうございます


にほんブログ村




友は おかんむり・・・

検査の結果は・・・

comment iconコメント ( 12 )

こんにちわ!こちらは桜 咲け 咲け とお日様が叫んでいるような空です。

何という偶然かしら。私も先月に千葉の市川にある東山魁夷の美術館に行ってきたのです。 20代に彼の絵を初めて見た時、鳥肌がたったのを思い出しました。

10年後の私はどこで暮らしどういう生き方をしているのかしら?とにもかくにも、フットワーク軽く毎日を過ごしたいな!

名前: 鬼女蘭 [Edit] 2017-03-25 13:08

「今日という日を大切に使います」
本当に一番大切な事の様な気がしますね
私の場合は妻がこの10年の間に激変しました
でも守ってやりますよ

名前: 久仁 [Edit] 2017-03-25 17:11

Re: 鬼女蘭さんへ

鬼女蘭さん こんばんは。
また お会いできて とってもうれしいです!!

こちらも 日差しは春 でも風がちょっと冷たいです。
桜もまだまだかなあ。

市川の東山魁夷美術館 行かれたんですね。
こんど行ってみたいなあと思っていたところです。
コメントを頂き 行こうと決めました(^_-)-☆

フットワーク軽く 毎日を過ごしたい
わたしも 全く同感です♪

鬼女蘭さん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-25 17:22

Re: 久仁さんへ

久仁さん こんばんは。

今日という日を大切に使う・・・
記事を書きながら あらためてこころに誓いました。

久仁さんが 奥様を守っていらっしゃるお姿
ブログを拝見して いつも感銘を受けております。
それこそ この10年間 
一日 一日を大切に過ごしていらっしゃる
お二人のご様子に 多くのことを学ばせて頂いています。

久仁さん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-25 17:28

10年後・・

こんばんは。
東山魁夷画伯の作品は幻想的で、私も大好きです。

10年後・・・どうなっているんだろう?
おり~ぶさんのブログで、あらためて考えました。

私も、今日を一生懸命って、先を見なかったようです。

でも、10年後くらいは生きていたいです。生きています。
私は75才になっています。

ビジョン・・・私もこれから考えます。(笑)

名前: [Edit] 2017-03-25 19:48

Re: 10年後・・夏さんへ

夏さん こんばんは。

そう 幻想的な風景 もっと観てみたいです。

今日を一生懸命 それが一番だと思います。
まずは 今を大事にしなくては。
夏さんの暮らし方 参考にさせて頂いてます(^_-)-☆

10年後 そうですよ 生きていたいですよね。
生きてます 生きてます!!

ビジョンは 適当にね(^◇^)
わたしは のらりくらりと考えます。

夏さん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-25 20:24

こんばんは~!

おり~ぶさんも、大病を経験されてきたのでしたね。
いつもの軽快なブログからは、そんな深刻な病状だったことなど
まったく感じませんでした!

いつもハッと気づきを与えてくださるおり~ぶさん。
ちょうど今年60歳になる私です!
来週の手術のことばかり考えていましたが
10年後の私かぁ~…。
今は目の前の自分でいっぱいいっぱいですが
きっと元気に飛び回っていたいです(#^.^#)

名前: たかびん [Edit] 2017-03-25 23:08

Re: こんばんは~!:たかびんさんへ

たかびんさん おはようございます。

そうなの 当時は 顔色真っ青な事態だったんですよ。
いろんなこと ありますね 人生は。

たかびんさんは 今年60歳。いよいよ還暦 お祝いだよ。
わたしより ふたつ若い(笑)
わたしは 今年62歳になるのです。

今のことも もちろん大事だけど
10年後 元気に飛び回ってるぞ~
いろいろ楽しい事 やってるぞ~って思うと
お身体にもいいかもよ。
夢と希望は 大事で~す。

たかびんさん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-26 07:06

10年後の私

なんだか奥が深い内容だったので
何度もここに来てはコメントが纏まらないでいました。

10年後の私・・・なんだか作文のようで面白かったり(*^▽^*)
おり~ぶさんの過去の事を考えると本当に大変だったと思います。
私も過去15年前くらいからジェットコースターのようにいろいろあったのでその時の時間はゆっくりと流れたはずなのに親と同居してからの7年間は何と早い事か・・・・(笑)不思議なものですね。
この分だと10年後まではものすごく早いような気がしちゃう。歳を取るってこんな事かなって(≧▽≦)だって一年が早い!!!!
10年後は73歳だから・・・身体はついて行けないけど気持ちは若くいたいなぁ。お互いにワクワク暮らしましょうね(*^▽^*)

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-03-26 08:57

Re: 10年後の私:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん おはようございます。

何度も来て頂いてすみません(^_-)-☆
コメント 無理なさらなくてもいいですよ~
コメントなしで 気楽においでくださぁい♡

かれんさんも わたしも
いくつかの試練 乗り越えてきましたものね。
お互い よくぞ ここまで生きてこれました!!
かれんさんとお会いできて よかったわぁ。

そう 年々 はやくなってますよね 時の流れが。
あっという間に60になって
あっという間に70ですね きゃ~

10年後 身体は老体だけど 気もちは青春で
ワクワクしていきましょね(^^)/

ののはなかれんさん ありがとうございます(*^_^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-26 09:15

こんにちは

おり~ぶさん
こんにちは。
東山魁夷さんも、わたし、好きなんですよ。
でも残念ながら奈良の唐招提寺の障壁画、まだ観たことないんです。
東山魁夷さんがどのような思いで10年間、描かれたのかと思うと、興味深々です。
いつもおり~ぶさんの突き詰めていかれる姿勢に、凄いパワーを感じます!
見習わなければと思います。

10年後の私、さあどうでしょう、
わたしが思うには、幸せなこと、悲しいこと、楽しいこ 苦しいこと色々なことがあり笑ったり、泣いたり、悩んだりしてそれでも最後は楽しく暮らしているイメージですね( ´艸`)
一日、一日わたしの人生、大切にしていきたいと思っております。

いつもありがとうございます。
昨日、忙しかったので朝からぼ~とゆっくりとしております(笑)

名前: あんこ [Edit] 2017-03-26 11:29

Re: こんにちは:あんこさんへ

あんこさん こんにちは。

昨日はお疲れさまでしたm(__)m
今日は ゆっくりできて何よりです。

東山画伯の絵 いですよね。
唐招提寺は 平成の大修繕とかで しばらく襖絵は
観られないんですってよ。それが終われば
毎年 6月の3日間だけ 特別公開するらしいです。
先のお楽しみ ぜひ一度観られるといいね。

10年後のあんこさんは・・・・今のように明るく軽く
元気&面白く 笑って暮らしているような気がするなあ。
いろいろあってもね。
そうなるイメージで 日々を暮らしていきたい。
わたしもね。

あんこさん ありがとうございます(*^_^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-26 13:43

コメントの投稿