好きなことのひとつに,朗読があります。

子どもの頃から,声に出して読むことが好きでした。

22歳の時
東京アナウンスアカデミーの基礎講座に,3か月だけ通ったこともあります。
アナウンサーになりたい,というわけではなく
言葉のアクセントやイントネーションをなおしたいと思ったから。

というのは,私は,茨城生まれの茨城育ち。
茨城の言葉は,標準語という点では,ハンディがあるのです。
茨城なまりという言葉もあるくらいですから。

あれから,約40年(。-_-。)

アナウンスアカデミーに通った時のような熱い気持ちが,再び甦ったのです。

一念発起して始めたことのひとつが,「NHK話し言葉通信講座」の朗読入門コース。
5個の課題を,およそ6か月で学習します。
ICレコーダーで録音したものを,インターネットを通して送り,
それに対して,講師がアドバイスを返信してくれるというシステム。

先月,初回の課題を送ったら,
「一か所アクセントが気になりましたが,今回は,不問に付しましょう」
と優しいお言葉。
アナウンサーさんの声は,とてもやわらかで,響きがあって素敵!!
続けていこうっていう気になりました。

ということで,今日は,2回目の課題の提出日。

相田みつをさんの文章を朗読します。
内容を深く読み込んで,書かれた意味を聞き手に届ける。
「読む」のではなく「話す」ように。

でも,まだまだ練習不足。
今頃になって,アクセント辞典をひいてます。
これは,私の必需品。

NHK日本語発音アクセント辞典 新版

もう少し夜が深まり,静かになったところで,録音を始めます。


      ✐おり~ぶ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ







大人と子どものための読み聞かせ会

母のバラ