先日のこと・・・

フェイスブックからの通知音が鳴ったので
開けてみると・・・
「今日はM・Kさんの誕生日です。コメントを投稿・・」とある。

M・Kさんとは わたしの次兄の名前です。
そうだったわね・・・いくつになったのかしら?

    🍃

子ども時代から次兄のことを Kちゃんと名前で呼んでいるの。
「お兄ちゃん」じゃなく なぜ 名前なのか・・
もうひとりの兄 長兄と区別するのに
名前になったのかもしれません。

わたしには 兄が二人。
でも 長兄は 18年前 52歳で他界したので
今は Kちゃんひとり。

長兄は どちらかというと活発で 腕白少年
これは 母からの情報です。
わたしは 兄の子ども時代はよくわからない。
9歳離れているから 一緒に遊んだ記憶はありません。
Kちゃんはおとなしくて 必要なこともしゃべらないようなタイプ 
機械いじりが好きで ラジオを分解したりしていたような・・・
わたしは・・・外で遊んでばかりいた お転婆少女だった。

Kちゃんとは 時々 後にくっついていって遊んだような記憶も
あるけれど ある時期からは 近所の女の子と遊ぶようになって
・・・以来 きょうだいで遊んだことはないんじゃないかしら。

わたしが高校生の頃は 兄達は 家を出て自活していたので
そのころからの思い出は ほとんどないですね。

Kちゃんは24歳ぐらいで結婚し 
好きな人のお家の婿養子になりました。
生前の母が たまに言ってたの。
「ほんとは お婿にやりたくなかった。でも どうしても
好きで 一緒になるっていうから 仕方なかったよ」
おとなしすぎるぐらいのKちゃんに
そんな情熱があったんだなあと 感心したこともあったわね。

Kちゃんの奥さんに言わせると
「結構 頑固なところある」という一面もあるらしい。
でも 子煩悩で 優しいところもあります。
それと あまり多くを語らないひとなので
何を考えているかわからないようなところもある。
わたしから見るKちゃんは 
すごく辛抱強いひと そんなイメージありますね。

義姉(長兄の妻)には
「お父さんのきょうだいは 淡々としている」と言われます。
彼女のきょうだい達は 女3人男ひとりだから
何かといえば集まったり 行き来したりしているので
義姉いわく かなり濃い間柄とか。
そういうところから見ると
わたしたちきょうだいは あっさりしすぎているみたい。
でも わたしは 子どもの時から ずっとそうだったので
自分にとって 男のきょうだいってこんなふうなんだろうって
思っているし それで 寂しいと感じたことはありません。

仲が悪いわけじゃないけれど 特別仲良しというわけでもない。
でも わたしは 人生の節目節目で 心配してもらったし
兄たちの存在が心強かったなあ。
それにしても わたしは 兄たちに何もしてあげてないわね
甘えるばっかりで・・・

忘れられないシーンがあります。

長兄が病気になって 入退院を繰り返し
いよいよお別れが近づいた時のこと・・・
お薬でもうろう状態になっている彼を みんなで見守っていた。
少し遅れて 病室に入ってきたKちゃんが 
「兄貴」と声をかけると 長兄は ぼんやりとした意識ながら
声のする方に 両手を差し出したんです。
そして 「〇〇・・・」と Kちゃんの名前を呼んだの。
Kちゃんはその手をしっかり握って 長兄と最後の
お別れをしました。
Kちゃんの涙・・・

わたしも もう涙 涙でしたが あとになって 思いました。
長兄は 母とわたしのことを Kちゃんに託していったんだと。
父を早くに亡くしてからは
長男としての責任を一身に感じているようなところが
あったひとだから
Kちゃんに「頼むぞ」と伝えたかったのではないか
そんなふうに思うのです。

Kちゃんは わたしが病気で入院した時も
会社の帰りに寄ってくれたり 必要な物を買ってきてくれたり
いろいろ助けてくれました。
ふだんご無沙汰しているのに きょうだいってありがたいね。

母が 晩年 わたしの家で暮らしていたころは
Kちゃんは時々
お菓子や果物や鉢植えの花をもって 訪ねてくれました。
もちろん 母に会うためよ。
だって 母亡きあとは めっきり来てくれなくなったわね。
来てくれたのは・・・
叔母のことで相談があって わたしが来てもらった時ぐらい。

最近では お彼岸のお参りに義姉の家に行った時
「昨日 Kさんが来てくれて
(わたしが)元気なのかなって言ってたから
元気にしてるって言っといたよ。このきょうだいは
あいかわらず淡白ねぇ」と 義姉に言われる始末。

それで・・・
たまには連絡でもしてみるかと思い 電話をしました。
「もしもし」といつもの低い声。あらぁ なつかしいこと。
私達が身元引受人になっている叔母の事をを報告したり
彼の近況を聞いたりして 4~50分の長電話になっちゃった。
やはり きょうだい 積もる話がありました。

Kちゃんは 会社を定年退職してから 
福祉関係のボランティア活動をやってます。
ちょっとシャイなとこもある彼が そんなことやるんだねと
当初驚いたんだけど まだ続けてるみたい♪
ほんとに ひとって いろんな部分もってるから面白い。
Kちゃんもまた 然り・・・
近くに住むお孫ちゃんのお世話もしているみたいで忙しく
「悠々自適なんて程遠いよ」と言ってました。

    🍃

ところで 誕生日。
フェイスブックのタイムラインに 
「Kちゃん お誕生日おめでとう。いい一年になりますように」
と投稿しました。
しばらくすると 返信コメントが入ってきた。
「いよいよ 介護保険証が届きました。
そんな歳になりました」とあります。
そうか Kちゃんは 65歳になったのね。
祝 65歳

    🍃

わたしたちは これからも
ふだんは 音沙汰なし状態になると思います。
フェイスブックで友達になっていても
ふたりともあまり投稿しないから
細かい近況などわかるはずはございません。
まあ 用事があれば 連絡しますので
お互い健康に気をつけて 暮らしてまいりましょう。

父とは とうにお別れし
長兄とも 母とも お別れして
たった二人きりになってしまったきょうだいです。

兄と妹の このご縁・・・
淡々として あっさりしていても 思いは深く
終生 変わらぬ きょうだいの絆
大切にしていきたいと思います

          ✐ おり~ぶ




 長々とおつき合い下さって ありがとうございます

※ランキングに参加中。応援ポチッと頂けるとうれしいです
 

にほんブログ村







つかず離れず ご近所友達との30分

友は おかんむり・・・

comment iconコメント ( 8 )

お次兄様

おり~ぶさんの兄弟の感じが伝わってきました。
お次兄様は、ほぼ、私と同い年ですね。(笑)

長兄様の最期時の様子が伺いしれました。
次兄様におり~ぶさんとお母さまをお願したのも
責任感の強い方なんだと思いました。

また、次兄様とは、たまにしか、会えないけれど・・
どこか、心強いですね。

いいお話をありがとうございました。

名前: [Edit] 2017-03-29 16:36

わたしも妹とあっさり関係

おり~ぶさん、
こんにちは。
おり~ぶさんの記事、読ませて頂きわたしも一緒だなと思いました。
わたしには2つ違いの妹がいますが、さすがに子供の時は一緒に遊んでおりましたが学年が増すにつけ、お互いそれぞれの友達が良くなっていきました。
結婚してからもそれぞれの生活もあり、お盆やお正月、両親の誕生日等々のイベントの時に会うぐらいでした。でも主人が病気になったとき、妹の娘が交通事故にあった時などの困った時にはお互い飛んでいき、助け合っております。日ごろはクールで何かあった時、助け合う関係ですが、この関係がここち良く、私達にはあっているのでしょう(*^_^*)
いろんな関係がありますね。
主人の兄弟もそのような関係で、べったりしていませんが、春には義姉さんが毎年、いかなごをたいて送ってきてくれたり主人の病気の時も大変お世話になりました。我が家ではあっさり、困った時は助け合う関係がうまくいってるようです。

おり~ぶさんの一番上のお兄さまがお亡くなりになるとき、手をしっかり握られ、お名前を呼んだ記事、お互い意思疎通されていたんだとうるうる、兄弟っていいなと改めて思いました。
母も高齢ですし、いずれかは姉妹、二人になるとおもいます。大切にしていきたいです。

わたくしめのグログの更新、遅い時、いつもご心配頂きありがとうございます。
母の介護の日数が増え、年度末で色々忙しく、わたしの体調をいちに考え、このところ、控えております。
おり~ぶさんや皆さんのブログを読ませて頂くのが楽しみです。
いつもありがとうございます(*^_^*)

名前: あんこ [Edit] 2017-03-29 16:40

Re: お次兄様 *夏さんへ

夏さん こんばんは。

そうでした。夏さんはちょっとだけ、お姉さんですね。だからなのか、つい夏さんに甘えたくなってしまうような気がしています。

きょうだいって不思議です。いるだけで、こころ強い感じ。長兄もいてくれたらなんて、時々思います。

夏さん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-29 21:40

お兄さんいいなぁ

おり∼ぶさんにはお兄さんが2人もいらしたのですものね
お父さまもお母さまも長男さんも亡くなられて
本当におり~ぶさんは寂しい想いがあるでしょうね

たった一人のお兄さまでも性格があるでしょうから
中々お付き合いもないのかも知れませんね
でもフェイスブックで繋がってるのは安心ですね

お誕生日にはちゃんとお祝いしたり
何かの時には助け合ったりいいなぁと思います

私に兄がいたらきっと「お兄ちゃんお兄ちゃん」って
言ってたかな~想像は良いように巡らせるので
つい理想的な兄の姿を想像しちゃいます(*^▽^*)

私には姉がいるけど小さい時から姉のような感じではなかったし
大きくなってからも頼った事はないし・・・
近くに住んでるのに確執があって今年はまだ一度も会っていません
悲しいなぁと思いますがそんなものかなとも思います

姉のように慕ってる友人がいるのは
甘えられる年上の姉のような人に魅かれるのかも知れません

遠くの身内より近くの他人ともいうし
結局何かあった時に頼れるのは身近な人かも知れません
それでも息子達を通して家族はいいなぁと思います(^^)/

おり~ぶさんもお兄さんといい関係がずっと続きますように(^^)/

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-03-29 21:47

Re: わたしも妹とあっさり関係:あんこさんへ

あんこさん こんばんは。

体調いかがですか?
ご主人や お母さまの介護 その他諸々
お忙しいことと思います。
あんこさんの体調管理は 重要ですよ もちろん 一番に。
どうぞ 無理をなさらずにね。

ブログも ご自分のペースで OK。
わたしも 一日おきにして ペースダウンしたら
かなり 楽になりました(>_<)
楽しく書いてたけど 頑張りすぎてたかもね・・・
と 今になって思います。

そうそう
あんこさんは おふたり姉妹なんですね。
あっさりしてても 困ったときに 助けあえるのが一番だと思います。
お義姉さんとも いい関係みたいだし 何よりですね。

いずれは きょうだいだけになりますものね。
いい関係を続けていきたいです わたしも。

あんこさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-29 23:12

Re: お兄さんいいなぁ:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんばんは。

まだ次兄がいるから 天涯孤独みたいな感じはないですけど
まあ どんなふうであっても 寂しさが全くないということは
ありませんよね。

かれんさんは お子さんがいらっしゃるから
やっぱり 家族って感じがあり ほっとするところありますでしょ。
わたしは そこんところが ちょっと寂しいといえば寂しいかな。
でも これは仕方ない事だから ないものねだりしません(^_-)-☆

かれんさんは お姉さんがいらっしゃるんでしたね。
でも きょうだいの確執が・・・これもまた 仕方ないかぁ。
こんなもんだと割り切るしかないかなぁ。


実際 身近にいる友人や知人に支えられるということも
往々にしてあることだから ふだんからのおつき合いも大事ね。

ののはなかれんさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-29 23:24

いつまでも仲良く暮らして下さいね~
マダマダお二人ともお若いのですからね~
私は7男4女の末っ子です、もう直ぐ72才です
いま残っているのは3人だけになりました
沢山の別れも経験しました
生きているだけで幸せですよね~

名前: 久仁 [Edit] 2017-03-30 13:24

Re: 久仁さんへ

久仁さん こんばんは。

久仁さんは 11人のごきょうだいの末っ子さん。
多くの喪失の悲嘆を ひとつひとつ胸におさめながら 
久仁さんは 生きてこられた。
そして 今がある・・・

わたしなどは 間違いなく まだまだ ひよっこです(>_<)

そう 生きているだけで幸せですよね。
その幸せを 大事に大事にしていきたいです。

久仁さん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-03-30 19:31

コメントの投稿