Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

こころの鐘を打ち鳴らして・・・

先日のこと
劇団四季のミュージカル「ノートルダムの鐘」を観ました。
今日の記事は その体験から感じたことを書きます。

「レ・ミゼラブル」を書いたビクトル・ユーゴーの作品を
ミュージカルにしたものです。

「ノートルダムの鐘」は ディズニー映画にもなっていますが
わたしは観ていません。
ただ 子どもの頃「ノートルダムダの背むし男」というお話は
読んだことがありました。話の筋は ほぼ同じだと思う。

ノートルダム

15世紀末のパリ ノートルダムの鐘つき塔には
カジモドという名の鐘つきが住んでいた。
幼い時に聖職者にひきとられた彼は 
その醜い容貌から 外の世界と隔離されている。
塔上から街を眺めて暮らす日々。
話す相手は 石像だけという孤独さ・・・
やがて・・・様々な出来事が展開し
彼は 美しいジプシーの女性エスメラルダと出会う。
彼女は差別心がなく 優しい言葉をかけてくれた初めての人。
彼は初めて人間らしい気もちになって恋をするのだ・・・最後は
火あぶりになりそうになった彼女を 意を決して救い出す。

まあ こんなあらすじです。
俳優さんたちの演技と歌とダンスに魅了され
どんどん引き込まれました。
わたしは 三階席だったので 上から見下ろす感じ。
舞台全体が見えてよかった。
表情も割とはっきり観えたので
登場人物の思いが ビンビンと伝わってきました。

わたしは 
観劇する時はいつも 膝の上にハンカチ用意しているの。
だって 必ず泣くからね。必ず どこかで シクシクするか
号泣するか・・・なのです。

今回は 最後の最後で 涙がどーっとあふれてきました。
それは カジモドが エスメラルダを救おうと決心し 
行動に移すところ。もう理屈じゃなく 涙が出てきてしまった。
だって その深い愛と勇気!!
大聖堂の鐘は 彼のこころを励ますように鳴り響きました。
舞台にも 大きな鐘が複数設置されており大聖堂さながらの
景色ですから よけい盛り上がりますよ。

お話のラストは・・・エスメラルダとカジモドの二人の
折り重なった遺体が発見されたという語りで終わる。
カーテンコール カーテンコールが数回続いた。
そして カーテンコールが終わって 劇場の灯りがついても
わたしは まだ涙が止まらなかった。
拍手しながらも 鼻をすすり 
眼鏡に涙の粒がついて眼鏡が見づらくなってしまって・・・。
またまた 人間賛歌のミュージカルに感動!!

「ノートルダムの鐘」プロモーション映像があります。
ご興味あって お時間のある方は ぜひぜひ♪
1分43秒の映像です。



    🍃

実は このミュージカルを観たのは ほぼ10日前のこと。
今日 やっと 記事として書こうかなと思えました。
なぜ あんなに泣けてきたのか・・・
それが 自分の中でまとまらなかったんです。
自分にとって あのお芝居を観た意味づけのようなものを
しばらく考えていたの。

主人公のカジモドが わが身の危険を冒してまで
エスメラルダを救いたかったその気もち
それにわたしはこころを打たれたんです。
それは 何かに魂を揺さぶられるような 思い
自分が思わず奮い立ち 何かをしようとする思い
困難な状況を打開していく 勇気という名の思い
それが わたしのこころの琴線に触れたのです きっと。

カジモドに感情移入する わたしのこころの中にも
カジモドが住んでいる・・・
彼のような ひとりぼっちの寂しさや哀しさ
自分の境遇ゆえの孤独感も身ににまとっている・・・
そんなところ ほんの少しあるかもしれない わたしにも。

彼は 初めて恋するひとに出会って 人間らしい気もちで
いのちをかけて その宿命を超えていったの。
大聖堂に鳴り響く鐘の音とともに 
自分自身を超える彼の勇気を
決して忘れる事はありません。
あの 荘厳に鳴り響く鐘の音が 今も耳に残っています。

わたしも ここぞという時 あの鐘の音を鳴らそう。
自分のこころの鐘を
小さく あるいは 大きく鳴り響かせよう。
今 そう思っています。

    🍃

ところで
ふと 現実の暮らしに目を向けてみたら・・・

あら わが家の玄関にも 鐘があったわ。

DSC_0623.jpg

だいぶ前 何だか釣鐘が欲しくなって ネットで買って
自分でつけたの。
友達がふざけて ち~んと鳴らしたことがあったっけ。
鳴らしてくれていいんです そのためにつけたんだもの。
でも これからは わたしも鳴らそう いい音よ。

庭を見たら ここにも 釣鐘?

DSC_0621.jpg

スノードロップ かわいい釣鐘の形でしょ。
花言葉は 希望♪
この鐘は鳴るの? う~ん・・・?

そして
わたしのこころの中にも 鐘があるわね。
こんなの・・・。
心の鐘
そして 最後に この短歌・・・
歌人・若山牧水の作品の中に これを見つけました。

けふもまた こころの鉦(かね)を 打ちならし
打ちならしつつ あくがれて行く


「あくがれて」は 「あこがれて」の古語です。
こころの鐘を打ち鳴らして
憧れて行く・・・今日のわたしの思いにぴったりです。

何に憧れていくのか
これは いろいろありますよ。
わたしの中の夢や希望 ひととの出会い ものとの出会い
いつでも いつでも いろんなものに憧れてますからね。
今回のミュージカルでは
いのちをかけて 愛するひとを守ろうとしたカジモドの勇気も
それを演じた俳優さんのことも 憧れの対象になりました。

ともかく 
いろんなものに憧れながら 
わたしのこころの鐘を打ち鳴らしつつ
歩んでいくことにいたします 💛


          ✐ おり~ぶ



 最後まで 読んで下さって ありがとうございます m(__)m

🌻ランキングに参加中~
あなたの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村





Category - 観劇・ライブ・アート鑑賞

6 Comments

おもかげ  

ミュージカル行かれたんですか~‼素敵
お勤めしていたとき会社でよく福利厚生の一貫としてライオンキングやキャット等のミュージカルをお安く見られ企画が度々ありましたが時間的に無理だったので参加したことはありませんが一度は行って見たいと思っています~

若いときは歌ったり踊ったりするのが好きでしたが今では声も体も動きません(^-^;

それと前のブログのお話ですが。。。びっくり‼
おり~ぶさんのお母様のお名前つるさんとおっしゃるんですね~
私の母もなんと言う事でしょう( ´∀`)同じ名前ですよ~‼母はカタカナでツルと言います~なんだかおり~ぶさとは共通点が多いような気がします~

2017/04/24 (Mon) 17:41 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

そうなんです。わたし 結構 ミュージカル 好きなんですよ。
かといって たくさん観にいけるわけではないのですが。
歌ったり踊ったりのミュージカル ほんとに楽しいですよ。
それに やっぱり 人間賛歌のドラマが繰り広げられるからね。
一度みたら やみつきになると思います。
ぜひぜひ おもかげさんも♪

まあ おもかげさんのお母様も ツルさん
なんという偶然でしょう。
平仮名とカタカナの違いだけよ。
うれしいわぁ♡

おもかげさん ありがとうございます。

2017/04/24 (Mon) 19:15 | REPLY |   

あんこ  

どこからくるのでしょうか

おり~ぶさん、
こんばんは。
感動的なミュージカルですね、
先日の「キューティ ブロンド」を初め、おり~ぶさんは色々な事に関心を持たれ、生き生きととても素敵です。
そのエネルギーはどこからくるのでしょうか、

わたしは最近、守りの生活に入ってしまってます( ´艸`)
ご近所のお若くみえる方も好奇心旺盛で やはり若さの秘訣は色々な事に関心をもつこと、重要ですね、
それと この記事を書かれるのにご自分との対話、さすが心理士さんだと思いましたよ。
おり~ぶさんのお玄関にある ”鐘” 素敵ですね、
私もわたしの心の中の鐘、鳴らして 憧れよう(^^)/

先日の記事ですが、どんな記事であろうが大歓迎です(*^_^*)
いつも楽しみに待っておりま~す。
ありがとうございます。

2017/04/24 (Mon) 19:50 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: どこからくるのでしょうか:あんこさんへ

あんこさん こんばんは。

そうなの 感動しましたよ。
あのね エネルギー どこからくるのかなあ。
わたしにもわからないけど きっと エネルギーをかける相手が
いないからだと思います。

わたしも 守りに徹することありますよ。
自然なこころのあり様にまかせる それも大事ですものね。
でも 好奇心は 若さの秘訣 その通りかも。
こころ ウキウキ こころの鐘 時々鳴らしましょ。

それと 自分との対話って あんこさんが書いてくれて
気づきましたが ブログの記事を書くことは
自分との対話そのものです きっと わたしにとっては。

どんな記事でも 楽しみって言って下さって
すごく うれしいです!!

あんこさん ありがとうございます。


2017/04/24 (Mon) 21:04 | EDIT | REPLY |   

大自然の法則  

感謝の心を持って手を合わせて幸せ

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

2017/04/26 (Wed) 07:10 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 感謝の心を持って手を合わせて幸せ;大自然の法則さんへ

大自然の法則さん おはようございます。

大変ありがたいお話を頂き 感激しております。
亀盲の浮木 この言葉を初めて知りました。
めぐり合いというものが どれだけ奇跡的なことなのか
あらためて 深く深く感じています。

自分のいのちは 数え切れないほどの多くの方々の命を
受け継いでいるのだと思うと おのずと 
生かされていること そして かけがえのないわたしということを
思い 感謝のこころが湧いてまいります。
背筋を伸ばし 手を合わせます。
感謝のこころを 常に大切にして 歩みます。

大自然の法則さん ブログでこうしてお会いして
コメントを頂きます事も深く 感謝しております。
ありがとうございます。

2017/04/26 (Wed) 08:13 | REPLY |   

Post a comment