先日のこと
勤務している病院で 新人の看護師さんの研修があり
メンタルヘルスについてお話しました。
新人さんは27名。転職して資格を取得した30~40代の方も
数人いますが とにかく全員 初々しく輝いています。
入職して1か月 少しずつ慣れてきたところで
ストレスにどう対処して こころの健康を守っていったらいいか
知って頂く大切な場。

とかく頑張りすぎて 燃え尽き症候群に陥ってしまいがちな
看護師というお仕事・・・ 希望に燃えて就職した彼女たちに
自分を守りながら いいお仕事をしていってほしい。
そんな願いを込めて リラクゼーションの体験を交えながら
簡単な心理テストやストレス自己診断などやってもらいました。
レクチャーの最後に 紹介したのは 一冊の本・・・
彼女たちに 今のフレッシュなこころを枯らしてほしくない
かけがえのない じぶんのこころを育てていってほしい
そう思ったからです。

  👇
こころに水をやり育てるための50のレッスン

どちらかというと 若い人向きの雰囲気をもつ内容ですが
「おとな」のわたしが読んでも いろんな気づきのあるので
折にふれて 手にとっているものです。

   🍃

前置きが長くなって すみません。

今日の話題は こころの水やり・・・
若いひとにも おとなにも 女性にも 男性にも
・・・こころの水やり とっても大切だと思います。

おとなの男性の こころの水やりについて ふたつ・・・

★その1 Oさん 65歳
彼を知ったのは 2014年。介護職初任者研修という
講座で会いました。介護職初任者研修というより
(旧)ヘルパー2級取得講座といったほうがわかりやすい。
わたし 叔母をこちらのホームに呼び寄せた時
介護のことを知りたくなっちゃって
この講座(土・日コース)に通ったの。

一緒に入学したのが Oさんでした。
若い人にも気さくに話しかけるような 
少々頭髪が薄くなったおじさん(^_-)-☆
20人ぐらいの生徒の中で 最年長。
当時わたしは59歳 彼の次に年長だったような・・・

彼は 企業を退職したばかりでした。
仕事人生を終えて さあ これから 何か新しいことを始めよう。
そう思った時に浮かんだのが 介護の勉強だったとのこと。
現役時代に 親御さんを看取る経験をしていて 
その時は忙しく 十分に見てあげられなかったと悔やんでいた。
「親の次は 自分の番だから どんどん弱っていって 
介護を受けるような事態になることは避けられないだろう
だから 介護がどんなものか 介護する側の勉強をしてみよう」
と 思ったそうです。

来たるべき将来に備えて 介護について学ぶという発想に
わたしは感銘を受けました。
「介護されるようになったら 嫌だねえ」ではなくて 
どんなふうに介護されるんだろう そこを知りたい・・・
なんと前向きな考え方でしょう。
Oおじさんは 授業中も質問などして積極的。
30代の男性とコンビを組んで 
体位・おむつ交換や車いすの移乗のスキルなど
熱心に学んでいました。
講座を終えて 生徒仲間と一緒に撮った写真の中で
とびきりの笑顔が弾けています。

★その2 Tさん 70代半ば?
彼を知ったのは 2015年。
水戸芸術館の朗読スタジオという講座です。
彼は その前年から学んでいました。
同期の女性達から 「Tさん Tさん」と
よく声をかけられているので 入ったばかりのわたしも
彼の名をすぐ覚えてしまった。ちなみに講座では例年
男性は35人中3~4名というところです。

長年お勤めをしてきたような 真面目な印象のTさんの朗読は 
ひとことでいうと うまい!! 中肉中背の どちらかというと
華奢にみえる身体から 柔らかな味わいのある声が出るのです。
 
きくところによると 実は Tさんには悲しい出来事があった。
朗読スタジオに入る前年に 奥さんを亡くされていたのです。
ひとりぼっちになってしまい 暫くは茫然として
生きる気力もなくしていたけれど これではいけないと思い
前からやってみたかった朗読の講座に申し込んだとのこと。

辛く 悲しい喪失の暗闇から 彼のこころを
外の世界に向けたものは なんであったのか・・・
月2回のレッスンで 彼の姿を目にする度に
その心中に思いを馳せました。前を向いて歩いていこうと
自分を奮い立たせた 勇気とも呼べるようなこころを
その朗読から 感じていたのです。
 
Tさんは その年の発表会の後 東京へ転居・・・
娘さん家族のもとで暮らすことになったのです。
もう 朗読スタジオには通えない・・・
仲間の有志が 送別会を開くことになって
わたしも参加しました。どうしても 彼を見送りたかった。
長い長い悲嘆の途中で 朗読スタジオで生き生きと過ごされた
尊い時間・・・そんなTさんに 「お元気で」と告げたかったの。
レストランで撮った写真には
はにかんだ ちょっと寂しそうなTさんがいます。
 
     🍃

草木が 水やりを怠れば枯れてしまうように
こころも 水やりをしなければ 枯れてしまう。
まして 老年になればなるほど 様々な状況の中で
枯れやすいいのちを 生きねばならない。
身体には 栄養と運動と休養を
こころには 水やりと栄養を・・・

水やり

わたしは OさんやTさんの 初めてのチャレンジも
こころへの水やりだと思うのです。
ただただ のんびりして何もしなければ
こころもいつしか枯れきってしまう。
こころの水やりは 誰もやってはくれません。
自らが 自らのこころに 水をやる・・・
時には 一滴 時には じゃぶじゃぶと 水をかける時
こころは生き返るということが あるんじゃないだろうか。
自分でかける 一粒の水滴が
その後の人生の再構築につながる事も
あるような気がするのです。

冒頭にご紹介した本の中に こんなフレーズがある。
自分の人生は 自分が主人公・・・
だから 自分のこころを守り 育てるのも 自分です。

水分不足にならないように
せっせ せっせと 
こころに 水をやりながら 暮らしてく・・・

ひとりぼっちの ささやかなこころの芽を
枯らさないように 折らないように 
大事に育てていくつもり💛


        ✐ おり~ぶ




🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村









完全無欠!?な おひとりさま

向こう三軒両隣・・・

comment iconコメント ( 4 )

お父さんに水やりを!

おり~ぶさん
ありがとう。

私は、自分には水やりをしているけれど

お父さん(主人)には、していなかったかも・・
もちろん、自分自身でやるべきなんだけれど・・

うちのおとうさんは、今は認知症予備軍みたいなのですが
まだ間に合うね。
病気を遅らせることは出来るかもね。

うちのお父さんは、以前は高校教師で、どちらかというと
熱血教師でした。(笑)
今は見る影もなく、とても悲しいです。

子供達も遠のくわね。決して、お父さんを嫌いではないけど
見るのが辛いのね。(笑) だから、来ないわ・・

たっぷり、お水やりたいところだけど
枯れないように、焦らず、少しづつ、私がお水をやってみるわ。

おり~ぶさん
気付かせてくださってありがとう!

名前: [Edit] 2017-05-03 14:38

Re: お父さんに水やりを!:夏さんへ

夏さん こんにちは。

あらぁ そんなふうに受け取って下さって よかったぁ。
筆者としては どんなふうに読んでくださるかなぁって
気になりますもの。

ご主人 そうでしたの 熱血教師!!
生徒思いで 素晴らしいお仕事なさってたんですね。
ご主人のなかの その内なる資源が 今だってちゃんと残ってる。
ただ 年齢とか様々なことで 表に出ていないだけかも と思います。
だから 夏さんの愛の水やりで じわりじわりと
眠ってるものが 起きてくるかもしれませんね。
まだまだ 十分 間に合います(^_-)-☆

そっと見守りながら 時にはちゃぷんと 時にはひたひたと
そして たまにはざぶんと 少しずつ すこしずつ
愛の水やり・・・いいなあ 夏さんには 水やりしてあげられるひとがいる♡

でも このコメントも わたしにとっては 愛の水だわ。
フレッシュな気もちになりました。

夏さん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-03 16:44

自分への水やり

おり~ぶさん
こんばんは。
わたしもおり~ぶさんのレクチャー、受けたかったです。
確かに、わたしも 時々水がかわく時あります。
異常に甘いものが欲しくなると要注意。
酷い時は、そのことさえも気付くことなく、体壊したり……
わたしの場合はどぼどぼの水やり、必要です。
ご紹介のお二人の男性、素敵ですね、
中々、できないです。

先日は朝からお騒がせしました。てっきり12時の更新と思い込んで
いたので、4月の末の更新も気づきませんでした。
思い込みって こわいですねぇ
ほんとにめっちゃ驚きました(笑)
実は コメントだした後、ゆっくり読んで、詩もなんども読み返した後、
またまたひっくり返りそうだったんですよ、
コメントが直ぐかえってきたので(笑)
それも思い込み、コメントのお返事、いつも夕方か夜なので、まさか
すぐにお返事、頂けるとは思っていなかったの。
それにどうしてだか、もうお仕事にいかれてると思ってたので( ´艸`)

お陰様で 朝から大笑いで楽しい一日でした。
いつもありがとうございます。

名前: あんこ [Edit] 2017-05-03 20:00

Re: 自分への水やり:あんこさんへ

あんこさん こんばんは。

そうね。ほどほどの水やりをね。
水不足だなって 気づくことが まず大事なことかもね。
とにかく 頑張りすぎないでね あんこさん。

男性ふたりのお話・・いいのいいの できなくて。
わたしだって できないもん。
ひとそれぞれ 違うんだからね。

ところで 先日は失礼しました(^_-)-☆
たまたま 昼食後にPCを開けたら あんこさんからのコメント♪
うれしくて すぐお返事書いちゃったの。
今まで ずっと12時予約投稿だったから
びっくりさせましたね すみません。
ちゃんとお伝えしなかったわたしがいけないのだから
あんこさんの思い込み・・・じゃないですよ。
投稿の時刻まで把握して下さっていたあんこさん
本当に 感謝 感謝です。

これからも よろしくお願いしますね。
笑って 笑って(^◇^) 仲よくしていきましょう♪

あんこさん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-03 21:18

コメントの投稿