昨日の午前中は 義姉の家へ
長兄の月命日でした。
時の流れがはやすぎて
えっ もう一か月経っちゃったのという感じ。

長兄が作った藤棚から 優雅な花がしだれて
辺りを華やかにしています。
年々 見事になってきているような気がする。

義姉宅の藤

うれしいことあり♪
姪っ子が 母の日のプレゼントを 義姉に託してくれてました。
いつの頃からか ちょこっとしたもの 贈ってくれるんです。
わたし 子どもがいないでしょ。誰からも 頂けないもの。
でも そういう理由から というわけでもないらしく
彼女は 義姉の妹さんやお姉さんにも 贈ってるの。
と いうのは 義姉のごきょうだいのお子さん達は 全員
男の子。姪っ子だけが たったひとりの女の子。
それもあってか
おばちゃん達みんなにかわいがられてきてるから
自然に 「どの おばちゃんにも贈ろうかな」って
思ったんじゃないかしら。
おばちゃん達に贈る品物は 同じものだって言ってました。
今年は これなの かわいい靴下です。

mちゃんからの贈り物

ありがた~く 履かせて頂きます。
彼女の気もちが とってもうれしいです。

    🍃

もうすぐ 母の日なんですね。
わたしも 母に 毎年プレゼントしてきたけれど
お別れしてからは 好きなお花を生けるぐらい・・・
やっぱり寂しいわね。

ふと思ったけど・・・
わたしは 「お母さん」と呼ばれたことがなかったわ。
今頃 気づくようなことではないですね。
子どもがいないのだから 当たり前。
お母さんとは呼ばれなかった人生・・・

結婚してた時 子どもがほしいって そりゃ思いましたよ。
そういえば 東京の大学病院まで 検査に行きました。
泣くほど痛い検査だった(>_<) 
結果は 「卵管が通りにくい また 少々できにくい身体かも。
でも 可能性がないわけではないから 頑張って」と 
女医さんに励まされたの。
可能性がないわけではないという言葉は
当時のわたしには 救いでした。

それで 基礎体温もちゃんとつけて
地元の産科医院にも通院しながら ちょっとだけ頑張ったの。
けれど・・・できなかった。
夫は 子ども好きで 幼い甥っ子姪っ子を
上手に遊ばせてくれるようなひと。
だから 子どもを望んでいたと思うけれど 
決して わたしを追い詰めるようなことは 言わなかった。
義母は 「子供の時 高熱を出したことあるから
それもあるかもしれないよ」と言ってくれたわ。
でも 夫の方は 検査まではしませんでした。
だんだんに
「ふたりの人生でもいいかぁ」と思うようになっていたから。
アマチュア劇団での演劇など 同じ趣味で楽しんでもいたし
子どものいない人生もまた それはそれでいいじゃないかと
話し合うようにもなっていました。

親になるのをあきらめて
さあ ふたりの人生をと思った矢先
夫との 突然の別れ・・・人生とは 本当に
自分の力ではどうにもならないってこと あるんだわ。
親になるということだって そうだったように。

    🍃

もし わたしに その時 子どもがいたら・・・今も 嫁ぎ先に
暮らしていて このブログの中身も違っていたわね。
義両親は もう他界しているので 長男の嫁として その家で
義弟たちと交流していたかもしれないわ。
子どもは成長し 孫なんかいたりして(^_-)-☆

そう 思うと 人生って ほんとに不可思議でわからない。
何から何まで ほとんどのこと やっぱり 運命なのかしら。
人生のいくつもの分かれ道で わたしは 
親にならない道を来たということかしら 運命に導かれて・・・。
そう 思ったら これがわたしの生きる道って 開き直れちゃう。
そして だいぶ前に すでに開きっぱなしです(^_-)-☆

親になっていたら・・・それは それは 
今よりもっともっと彩り豊かな人生だったろうな とも思います。
哺乳類として ひととして 子どもを産み 育てる醍醐味
それを味わってみたかったなあ。

だって よく言うでしょ。
親を思う子にまさる親心・・・
子が親を思う気もち以上に 親の 子に対する慈愛の気もちは
さらにさらに 強いものでしょう。
大きく包みこむ母としての深い愛 経験してみたかったわ。
海より深い 母の愛・・・
「自分が親になって 初めて親の気もちがわかった」と
若いひとが言いいますよね。
親として 愛おしんで 愛おしんで 育てていく・・・
そこのところだけは ついぞ体験せずに 
わたしは 人生を終えることになるのだから
それは とても残念なこと・・・

でも 子どもをもたなかった( 否 もてなかった)のが
わたしの人生・・・それは
わたしだけの オンリーワンの人生だから
そのことに悔いはありません。
ないものねだりは ご法度よ。

「お母さん」とは呼ばれなかったけど 産んでくれた母を
「母さん 母さん」と こころから呼べたこと
それができたから 満足してます。
無償の愛って こんなことだわと思わせてもらったのだから
本当に感謝 感謝です。

こんな詩があります。


      坂本 遼
おかんは たったひとり
峠田のてっぺんで鍬にもたれ
大きな空に
小ちやいからだを
ぴよつくり浮かして
空いっぱいになく雲雀の声を
ぢつと聞いてゐるやろで

里の方で牛がないたら
ぢつと余韻(ひびき)に耳をかたむけてゐるやろで

大きい 美しい
春がまはつてくるたんびに
おかんの年がよるのが
目に見へるようで かなしい
おかんがみたい



おかんが みたい…おかんに 会いたい
・・・同感です。

    🍃

あらあら ついつい過去を振り返ってしまった
雨の朝・・・

次兄が 以前 母に贈ってくれたクレマチス
わが家の庭で 一輪 咲き始めたところ
雨粒を受けながらも 凛として 美しく・・・

花言葉は・・・ 美しい精神   旅人の喜び

クレマチス白

もうすぐ 母の日💛


        おり~ぶ



🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村







即 再検査!! 心配事はつきないわね。

これって オカルト?!

comment iconコメント ( 12 )

私は八日が誕生日でよく母の日と重なりましたが今年は一週間遅れたので花生産者は大変だったそうです!それは暖かったのでカーネーションが早く咲いてしまったのに母の日が一週間遅かった~‼

クレマチス綺麗ですねぇ~お母様が見守っているように見えますよ~‼
私が最後に母にあげたのは柏葉アジサイでした~届いたその夜母と電話して次の朝母は倒れたんです!詳しいことは今度ブログでお話しますね(^-^;

うちの娘も妊娠の事同じように言われていますが本人はまだ諦めて居ないようで期待はしています

名前: おもかげ [Edit] 2017-05-10 19:09

アジサイの名前間違えましたわ~(^-^;
墨田の花火という名前でしたわ~

名前: おもかげ [Edit] 2017-05-10 19:28

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

そうかぁ 母の日とおもかげさんのお誕生日
重なってたんですね。二重のお祝い♪ 

なるほど カーネーション生産者にもご苦労があるんですね。

クレマチスもそうだけど 庭には母の形見のようなお花 いっぱいです。

おもかげさんのお母様 そうだったんですか。
柏葉アジサイをご覧になった その翌日に・・・
おもかげさん どれほど お辛かったか お察しします。
そのお話 あとで 記事で読ませて頂きますね。

娘さん 念願かなうといいですね!!
期待していましょ お祈りしましょ♡

おもかげさん ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-10 19:39

Re: おもかげさんへ

おもかげさん 再び こんばんは(^_-)-☆

柏葉アジサイじゃなくて 墨田の花火 ね。
とっても素敵なガクアジサイかな。

おもかげさん 花の名前 教えて下さって
ありがとうございます (*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-10 19:45

おはようございます

おり~ぶさん
おはようございます。
藤の花、綺麗ですね、お家に藤の花、あるのいいですね。

人生は中々自分の思い通りにはいかないもの、と良く聞きますが、
ほんとに、そうだなと思うこの頃ですが、
おり~ぶさんはご自分の人生を 勿論、多少の葛藤はおありだったとは思いますがおり~ぶさんならではのオンリーワンの人生と受け止められて
やはり凄いなあと 感じました。
わたしは 今まだその途中です(笑)

お母さまの白いクレマチス、それでいいんだよ、それでいいんだよとおり~ぶさんの事、励ましているように思えました(*^_^*)

先日のコメントですが 電話での、聴きあい、ピアカウンセリングと
いう事、教えて頂いて、ありがとうございました。
お友達の方から 声がけしてもらい、以前、彼女は違う人とやっていたそうです、
長く続けていきたいです(*^^)v
いつもありがとうございます。

名前: あんこ [Edit] 2017-05-11 07:32

Re: おはようございます:あんこさんへ

あんこさん おはようございます。

藤 や クレマチス 花はいいねぇ 癒されます。
ところで あんこさん わたしも まだまだよ。
だから すごくありません(^_-)-☆
発展途上人間だから ブログの記事に書いたりして
自分を慰めているわけなんです とほほ。
だから あんこさんもわたしも おんなじよ ともに発展途上人♪
たぶん 一生 発展途上よ それで いいもの。

うんうん ピアカウンセリング
あんこさん いい方といい出会いしてるなぁって思います。
ぜひ 続けていってほしいです。

あんこさん こちらこそ ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-11 09:21

エゴノキ ミズキ ハリエンジュ ヤマボウシ ・・・白い花が街をいろどってくれますね。

ブログを見て涙した私です。 自分の力ではどうにもならない事に溢れている人生です。でも空を見上げて花に元気をもらいまた、きょうも楽しい事をさがして進みます。

おり~ぶさんのブログにはとてもご縁を感じています。
過日 NHKの家族に乾杯!で水戸芸術館が出てきたのです。
思わずテレビに向かいおり~ぶさんと叫んでいた私です。

又、お友達との再会のお話に出てきたハンカチノキも5月4回
に小石川植物園で感激したばかりでした。

私のHNのキジョランはアサギマダラの食草で高尾山でよく見る事ができるのです。高尾山のブログも読みましたよ。

勝手に深いご縁を感じている私ですが、これからもよろしく・・・

今生の今が倖せ 衣被(鈴木真砂女)
好きな句です

名前: 鬼女蘭(キジョラン) [Edit] 2017-05-11 11:26

Re: 鬼女蘭さんへ

鬼女蘭さん こんばんは。

また お会いできて とても うれしいです♪

自分では どうにもならないことばかりの人生だけど
わたしも 木や花に元気をもらって楽しい事を探しながら 歩んでいます。
おんなじですね。
冒頭の 白い花 どれも 素敵な木の花です・・・

水戸芸術館を見て わたしを思いだして下さるなんて 感激です。
また ハンカチの木 何度もご覧になったんですね。
高尾山の記事も 読んで下さって・・・このうえない嬉しさです。

 キジョランという花は 鬼女蘭さんからコメントを頂くまで知りませんでした。
3月にコメントを頂いて 実はネットで調べましたよ。
らんの一種かなと思ったら 全く違いました。
何とも言えず 不思議な花・・・
わたしは 見たことがなかったので 驚きました。
いつか 見てみたい花です。

そんな鬼女蘭さんとの 不思議なご縁
ご縁と感じて頂けて ものすごく ありがたいです。
ブログを読んで下さり さらにコメントも書いてくださったんですもの
わたしのほうこそ ご縁を感じておりました。

真砂女の句 いい句だわ。
今生の今が倖せ・・・そうですね。
教えて頂いて また しみじみとした気持ちになりました。

鬼女蘭さん ありがとうございます。
これからも どうぞ よろしくお願いいたします(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-11 20:47

涙が

おりーぶさん、今日は。お母さんのこと読んでいて涙がでました。私も誰かに会わせてくれるなら亡くなった母に会いたいです。思い出しても涙が出るほど母の愛を感じて大きくなりました。私達姉妹6人だったのですが、(多いでしょ?)母に全員叱られた経験がないんですよ。おりーぶさんもお母さんに十分愛情を注がれて幸せだったのではないかなと思います。私は子供がいますが、喜びも苦労もありましたよ。今は全て終わってほっとしています。おりーぶさん、私も一人で暮らしています。毎日おりーぶさんのブログに励まされています。どこかでお会いしているのを想像しながら更新を楽しみにしていますね。

名前: マッチ [Edit] 2017-05-15 00:45

Re: 涙が:マッチさんへ

マッチさん おはようございます。

また お会いできて うれしいです。

そうでしたか。優しい優しいお母さまだったんですね。
マッチさん お幸せでしたね。
そのお母さまが こころの中でずっと見守っていて下さるから
今も お幸せでいらっしゃると思います。
マッチさんも お子さんを育てるのは ご苦労もあったかと思いますが
それ以上に たくさんの喜びも頂いたのではないでしょうか。
マッチさんが お母さまを想うように お子さん達も
マッチさんの愛を こころ深く感じていらっしゃると思います。

わたしも 母のことは 想ってやみません。
この一生を終える時も 母のところに行けるのだと思うと
恐くないぐらい(^_-)-☆
それぐらい 母が大好きです。

マッチさん ありがとうございます(*^-^*)
更新を待っていてくださる あなたのお顔を想像しながら
頑張って 綴っていきますね♪

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-15 07:10

母のところへ

本当に、母の所に行けるなら死も怖くないです。父にも夫にも会えますしね。夫はまだ「早かったんじゃないか」とか言いそうです笑。おり~ぶさんのブログはほんわかしていて1人暮らしの寂しさも頑張ろうと思わせてくれます。ありがとうございます。

名前: マッチ [Edit] 2017-05-15 16:23

Re: 母のところへ:マッチさんへ

マッチさん おはようございます。
お返事が遅れて すみません。

そうですね そう思うと 怖くありません。
これも 大事な死生観でしょうね。
ほんわかしていると言って頂いて うれしいです(^^♪

マッチさん こちらこそ
ありがとうございます(*^-^*)

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-05-16 06:50

コメントの投稿