Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

見返りを求める? 求めない?

Category - 雑感
昨夜の午後9時 珍しく 携帯の着信音あり
出てみると モンゴル出身の友人。
以前ちょこっと記事にしたことのあるひとで
モンゴルにいる時は 看護師をしてました。

現在は わたしと同じ病棟で働いています。
医療による国際交流で モンゴルから医師たちが来るときは
通訳の仕事 それ以外は スタッフとして働いているの。
家族(夫と子)は 隣県にいるので 単身赴任してます。

彼女は 日本にいながら 母国でのボランティア活動にも
力を入れているの。
高齢者に車いすを そして
恵まれない子供たちに文房具を贈ったりしています。
さらに 看護師の育成にも関心があり 
モンゴルに日本の医療を伝える啓発活動もしています。

その彼女が 「ねぇ きいて」と話した内容は・・・
さしさわりのない程度にかいつまんで言いますと こんなこと。

彼女をAさんとします。
最近 数日帰国していたのですが その時 
知り合いの看護師さんを連れていったらしい。
その人(Bさん)に日本の看護についてレクチャーしてもらった。
あちらで 日本の医療の一端を伝えるため。
現地では 初めてモンゴルに行ったBさんのことを
Aさんの親族(きょうだい達)は こぞって歓待し 
いろいろとお世話をしてあげたらしい。

そして その後
今度は Aさんのきょうだい達が 来日することになったの。
温泉施設に行きたいという希望があったので 
彼女は 来週の月曜日の夕方
近くのお風呂に連れていこうと考えた。
でも 駅からの足がないので
Bさんにお願いしてみようかと思いつく。
そして Bさんに電話をしてみたら 
「わたし 時間ないわ」ときっぱりと断られたらしい。

    🍃

その直後 彼女はわたしに電話をしてきたのです。
「どうして?モンゴルではあんなにいろいろやってあげたのに」
怒り心頭の言葉。
「たった2~3時間 つきあってくれればよかったのに。
~もしてあげたし ~もしてあげたよ。
それなのに こういう時 すぐ断るなんて・・・」

わたしは うんうんとききながら 
彼女の気もちもわからないではないが 
BさんにはBさんの事情もあったのかもしれないとも思った。
その日はどうしても都合のつけられない用事があったのかも。
こころを鬼にして断った可能性もある。
けれど 少なくとも Aさんにとっては 
「なんでよ~」と思わせる言い方だったのかもしれない。

でも その電話で Bさん云々を言っても仕方がない。
とにかく Aさんは 怒ってる。
わたしは ひたすら Aさんの側に立って聴きました。

あれこれ話すうちに Aさんも だんだん冷静になってきたのか
とりあえずBさんのことより より現実的な視点に戻ってきた。
「お風呂や どうやって行ったらいいの?」と聞くので
ふと 送迎だけなら してあげてもいいかと思ったけど
あいにく その日の夕方は予定あり。 
ごめん わたしだって それどころじゃなかった (>_<)

結局
Aさんは タクシーできょうだい達を連れて行くことになり
わたしは その温泉施設の名前を漢字で 
彼女のラインに送ってあげることになった。
ネットで よく調べてみるとのこと。

    🍃

こうして わたしとAさんとのやりとりは終わったのだけれど
AさんとBさんのこのエピソードの中に 
人間関係やコミュニケーションの問題の 
様々な要素が盛り込まれているなあと思った次第です。

そのひとつ・・・
見返りを求める 求めない ということ。

誰かに親切にしてあげた時 「ありがとう」と言われたり
「この前してもらったから こんどはわたしが・・・」などと
言われたりすると それは うれしいものです。 
かといって 感謝の言葉をもらおうとか 
お返しに何かをしてもらおうとか
常に思っているわけではありません。

でも 世の中 give & takeの部分もあるわけで 
暗黙のうちに どこか 見返りを求めているような
そんな気配もないではない。
むしろ それで 人間関係その他の関係 
円滑な部分ありますよね。

見返りを求めるという意識が強すぎると
それは偽善者ということになると思うけれど
自然なgive とtakeが ほどほどにあるから ひととひととの間に
こころあたたまるエピソードがうまれたりするんだと思います。

見返りを求めてしまうこころ それを全くの悪とは思いません。
考えてみれば 自分の善意そのものが 
他者への見返りかもしれないもの。
だって 親切にしてあげた時 ありがとうと言われて
いい気もちになるって これだって 見返りを頂いたことだから。
「ありがとう」という言葉のプレゼント。
そして 「ありがとうって言ってもらえて いい気もちだったから
また 親切にしてあげよう」というように
giveの行為は強化されていくわけ。
そして お互い いい気もち
お互いさま ♡

でも
giveすると その分のtakeを 必ずもらえるんだと 
あまりに過剰に期待すると 
その期待感と現実のギャップにショックを受けてしまう。
それが 今回のAさんだったのかな。
「~してあげたのに ~もしてもらえない」そう思うと
それは 怒りになるし 人間関係にまで 影響を及ぼします。

だからと言って 
「見返りを求めないこころで生きてます」といえるのは
よほどの達人!!

ならば どんなふうに思ったら
Aさんのこころは 怒りから解放されるんだろう?
BさんがOKしてくれなかった以上
その受け止め方を変えるしかないわけで・・・

う~む これは 難しい・・・

こう 思うのは どうだろう。
Aさんは 日本に来て Bさんにいろいろお世話になっている。
だとすると モンゴルに行った時は 
Bさんへの感謝の気もちでいろいろ親切にしてあげた
・・・Bさんは 喜んでくれた。
相手から受けた親切に恩返しをした・・というように考えると
話はそこで いったん終了し その後のBさんに
過剰な期待をしないで済むような気もするんだけど・・・

あるいは 母国でBさんにたくさん親切にしてあげられたことで
モンゴルの人達のこころをアピールできたから
Bさんはそのことを覚えていてくれるかもしれない。
やがて Aさんに直接的なお返しがなくても 
巡り巡って よい影響があるかもしれない。

う~む かなり無理無理 こじつけてます(>_<)

    🍃

まあ Aさんも冷静になれば いろいろと 
この出来事の意味するものを考えると思います。
ボランティア活動を熱心に行うなど 
奉仕の志高い 賢明なひとですから。
彼女らしい着地点 きっと見つけられる・・・

それにしても とかく ひとは 自分のこととなると 
まずは 吹き荒れる感情に翻弄されますね。
彼女もわたしも それはおんなじ。

   🍃

とにもかくにも
情けは 人の為ならず・・・

病棟で ボランティア活動をしている70代の女性が言ってた。
「他人に親切にしてあげること 善意を施すことは
まわりまわって 自分の子や孫に またその子や孫に
返ってくると思います」
この 壮大な 見返り論 あっぱれだわと思います。

情けは 人の為ならず
他人への愛情 善意 情けは 必ず 自分に返ってくる
行為そのものが 直接的に返ってこなくても
必ず 自分に何らかの形で 返ってくる。
そう思っていれば 気もちがラクになりますね。

ということは わたしも 
自分に返ってくるもの つまり 見返り
求めているわね(>_<)

見返り求める? 求めない?

まあ いずれにしましても

直接的な見返りを求めずに
淡々とした 善い行い
ひとに親切な行い
ほんの少しは できそうな気もします


    ✐ おり~ぶ



🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村







Category - 雑感

6 Comments

おもかげ  

難しいですね!人それぞれ考え方も違えば感じ方も違うのだから~
ボランテア等されていらっしゃる方ってだれかの為に奉仕の精神が強い方が多いと思います~それが当たりまえで私ならこうしてあげるのにと。。。。でも相手はそうでしょうか?やはりBさんはたまたま都合が悪かったのかも!断れたらしょうがないから不満を言わずにタクシーなり自分で調達すれば良いことで見返りを求めてはいけませんね~
ましてそれをおり~ぶさんに電話してくるのはいかがなものでしょうか?
おり~ぶさんが優しい方だと思い、もしかして車出してくれないかと思ったような気がするのは私の思い過ごしから(^-^;

難しい問題ですね~人と関わるという事は良いことも沢山あるけれど煩わしいことnも沢山ありますね

2017/05/12 (Fri) 16:05 | EDIT | REPLY |   

わすれ草  

モンゴルでは、来る人を拒まずに歓迎するそうです。広い平原のど真ん中、見知らぬ人に自分の食べる分も分け与えるという。
それから、モンゴルには「ありがとう」という概念がないと聞かされました。
草原の掟でしょうか。親切にするという意識もなく当たり前のこととしてBさんを歓待したのでしょうね。

Aさん、あれもしてやったのに、という言い方はちょっとモンゴリアンっぽくないような気もしますが。
断られ方がきつかったのかしらね。

2017/05/12 (Fri) 17:02 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

おっしゃるように 人それぞれ感じ方も考え方も違うのが当たり前
そこを 上手に気持ちよくおつき合いしていくのって
難しいものですよね。 
AさんとBさんのようなこと。よくありがちなことの感じもします。
そんな体験をしながら 人との付き合い方を考えたり学んだりしていくように
思います いくつになっても。

車を出してほしいと思って電話したのかな?
そこは わからないなぁ。ふだんは 頼み事は単刀直入にいうひと。
Bさんに頼んだみたいにね。

それにしても 難しい問題ですね。

おもかげさん ありがとうございます(*^-^*)



2017/05/12 (Fri) 19:04 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: わすれ草さんへ

わすれ草さん こんばんは。

なるほど モンゴルにはモンゴルのお国柄 国民性があるんですね。
それにしても「ありがとう」の概念がないというのは
とても 興味深いですね。
親切にして当たり前という認識だと 見返りなどどいう概念も
ないでしょうね その辺のところ 彼女に聞いてみたくなっちゃいます(^_-)-☆

そうなんです。断り方(断られ方)が 今日の話の中の もうひとつの大事な
問題です。記事には書かなかったけれど Noという時のコミュニケーション!!
どんな言葉で どのように断るかで 
Aさんの感情は爆発しなかった可能性 大ですよね。

わすれ草さん ありがとうございます(*^-^*)

2017/05/12 (Fri) 19:20 | REPLY |   

ののはなかれん  

考え方は千差万別(#^.^#)

見返りを求めてしまう心は誰もが少しは持ってるのかも知れませんね。そんな気持ちはないよ私がしてあげたいからしてるだけ・・そういう心から思う優しさも本当の事だと思います。やはり人によって違うのかも知れませんね。自分と他人は違うのだと常日頃思う気持ちも大事なのだと思います。Aさんの育った国民性も重要なのだと思います。
私なんか・・・見返りのない優しさを周りから一ぱい貰って来たので身につまされますがお返しはいつも心でその方を思う事で今まで来ていますが恩返ししたいと思いながらもその力が中々持てないでいます。(経済力と体力)けどそんな方々とは繋がってるので許してくれてると思います。
ある程度は相手の事情を考える思いやりも大事だし受ける方も自分を犠牲にする事を避ける事も大事ですものね。
すみません・・おり~ぶさん(;'∀')いつも話が長くなって。
おり~ぶさんのブログはいろんな事に気づかされて有難いです(^^)/

2017/05/13 (Sat) 09:55 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 考え方は千差万別(#^.^#)::ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんにちは。

そうですよね。考え方は千差万別ですね。
誰一人 全く同じ考えということはないですもの。

かれんさん 見返りのない優しさを頂いているというのは
とても幸せなことと思います。それだけ 人間関係が豊かな証拠です。
いつか恩返し・・と思っている かれんさんの思いもちゃんと
どこかで 受け止めて下さっているんじゃないでしょうか。
お互いの思いやりがあれば 見返り云々を意識しなくなりますよね。
自然に 相手を思った行動なり 言葉なりでお返しできてると思います。

かれんさん 長くなってもかまいませんよ。
わたしも かれんさんのコメントから また気づかされているのです。

ののはなかれんさん ありがとうございます(*^-^*)

2017/05/13 (Sat) 10:42 | REPLY |   

Post a comment