Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

やるか やらないか それが問題・・・

Category - 朗読
雨の土曜日
かなり激しく降っています。
テラスの柵にも 横なぐりの☂・・・

雨粒

今日は 水戸芸術館の朗読スタジオの初レッスン。
5月~2月まで練習し 最後に発表会があります。
わたしは 今年で 3年目。
第2・4土曜日が レッスン日です。
約3時間弱の 朗読の時間・・・

毎年少しずつ 参加希望者が増えてきているので
応募者から抽選して 参加の有無を決定します。
3月に応募してから どうなるかなと思っていたら・・・
35人の枠に 41人だったので
全員 参加できるようになったとのこと。
これも 芸術館スタッフと J先生のご配慮♡
感謝 感謝です。

参加者は 午前の部 午後の部 合わせて・・・
今年は 約80人弱になるでしょう。
午前と午後の間 J先生の休憩は 10分。
ほとばしる情熱のシャワー 全開です。


わたしは 午後の部に行ってます。
多くのひとが 例年参加しているのですっかり顔なじみ。
発表会に向けて チームワークを求められるから
自然に仲良くなりますね。

J先生は ご自身で劇団を主宰されているし 舞台にも出演。
ときには 声優として 洋画の吹き替えもやっていらっしゃる。

4月には そのJ先生の出演された舞台「ハムレット」
朗読友達とともに 観にいってきました。
写真の中の 右上が J先生です。

ハムレット

「朗読は 愛だ」という信条をおもちの先生は 半端なく厳しい。
素人だからって 容赦しませんもの。
でも 人間大好き 人間万歳の 愛ある方です。

   🍃

わたしは こどもの頃から 声を出すことが好きでした。
音読すること 話すこと 歌を歌うこと 
きょうだいは兄ふたりで 女の子は わたしひとり。
5歳の頃の記憶の中に 庭でござを広げて 
ひとりでお人形や草花などを使って 
ひとり語りをやっているようなシーンがあります。
小学生頃は 教科書を音読するのも好きだったけど 
そのころは 歌うことの方が面白くて 
将来歌手になりたいなんて思ってた。
小学校高学年の時は バスのガイドさんになりたかったわ。

   🍃

こんなふうに こどもの頃に好きだったことが 
ず~っとわたしの中で 温められていたんですね。
60歳になろうとする頃 何かやりたいっていう時に 
登場してきたのが 朗読 だったのです。

やろうと決めると はやいのがわたし。
NHKの朗読の通信コース 
茨城放送のアナウンススクールの朗読部門 そして
水戸芸術館の朗読スタジオと 一気に走りました(^_-)-☆

やってみたら 楽しくて仕方がない。
スクールでもスタジオでも
読み聞かせや朗読好きの仲間と出会えて
それもまた楽しいです。
わたしは まだ日が浅いけど 朗読の仲間の中には 
朗読会を開いたりして活動しているひとたちもいるので
とても刺激的。

その朗読会・・・昨年までは いつもお客として参加してたので
「そろそろ 読み手ににならない?」と誘われたこともあった。
でも 自分は まだまだと思うし とにかく時間がないから
「そのうちね」と言っていたの。
仕事をしているのを言い訳にする気はないのだけれど
朗読の練習にさく時間は 多くはない。
仕事を減らして もっと時間ができたら 
そのときは デビュー!?しようかな
そんなふうに ひそかに思ってます。

   🍃

わたし 朗読を始めるまでは 
これだっていう趣味に没頭するようなことなかったように思うの。
若~い頃 草花の写真を撮るのが好きで
やたら パチリパチリしていたり ちょこっと書道をかじったり
その他 いろいろチャレンジしたけれど 長続きしませんでした。
続けるからいいということでもないけれど 自分としては
長く続けて楽しめるものを ずっと探していたと思う。

そして 満を持して 出会ったことのひとつが 朗読なのです。

満を持して・・・と書いたのは このブログの「ごあいさつ」で
書いたような思いになったからです。
わたしは わたしといっしょ 自分を大事に 大切に生きていこう。
様々な別れのあと これからの生き方を考えて あらためて 
そう思い始めた時 
そうよ こどもの頃から好きだったことやっちゃおうって
 何だか勇気が出たんです。
「やりたいけれど できるかな この歳になって恥ずかしいかな」
なんて 思わずに 誰に遠慮することもない
やりたいからやるって思ったの。
やるの? やらないの? と自分に問うたら 
「やる!!」というところに辿りついて やった結果 
朗読が生きがいのひとつになってます。

    🍃

冒頭に書いた 舞台「ハムレット」の有名なセリフ
「To be or not to be. that is the question.」
「生か 死か それが 問題だ」という翻訳が有名ですが
他にこんな翻訳もあるんです。
「このままで いいのか いけないのか それが問題だ」
「生きてとどまるか 消えてなくなるか それが問題だ」

J先生の舞台では
「あるか あらざるか それが問題だ」と訳されていました。
これもまた 深い意味合いを感じます・・・

今日の記事の内容に関連すると
おり~ぶ訳「やるか やらないか それが問題だ」
というところでしょうか。
何かをやってみたい 動いてみたい という時
わたしの中では 答は ふたつにひとつです。

「やるか やらないか」「やりたいのか やりたくないのか」
「会うのか 会わないのか」「会いたいのか 会いたくないのか」
どちらかに決めてからの選択肢は いろいろあります。
今なのか 明日なのか ゆっくりなのか はやくなのか
どうやるのか・・こうやる ああやる ~
こんなふうに考えていくと
自ずと自分にとって何が大事なことなのか はっきりしてくる
そんなふうに思っています。

これからの人生を
どう ありたいのか
何をしていきたいのか
何を生きがいとしていくのか

限りある人生の 残りの時間の使い方が
ほんの少しだけ
自分の裁量に任されているとしたら
いろんなこと 迷ってばかりは いられない。
何とか元気に動ける今を 逃したくない 大事にしたい。

やるか やらないか それが問題だ・・・
この言葉は わたしの中のキーワード
いまのところはね♪

それでは 今日は
どしゃぶりの雨の中 楽しみという傘をさして
出かけてきます。
昨年の12月以来の 
仲間たちとの再会 


           ✐ おり~ぶ


本日も おつき合い下さいまして ありがとうございます  

お知らせ
  今日は 留守にしておりますので
  コメント欄 閉じさせて頂きますねm(__)m


🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村







Category - 朗読