Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

人は人 わたしは わたし♪

Category - 雑感
人は人 わたしは わたし・・・

まず このお話から・・・
一昨日だったか 一緒に退勤した若い同僚が話したこと。
彼女は30歳位かな。 
わたしとほぼ同年齢のお母さんのことをよく話してくれるの。

お母さんをAさん そのパート仲間さんをBさんとしますね。
Aさんには 娘さん(わたしの同僚)がひとり。 
早々とお婿さんが来てくれて お孫さんもひとりいる。
Aさん夫婦は それぞれパートで働きに出ているし 
若夫婦も お子さんを保育園に預けて働いて・・・
大きな家を建てて 住んでいるらしい。

Aさんのパート先には 同じような年齢のお仲間が数人いる。
その中のひとりがBさん。
Bさんは 日頃からAさんのことをかなりうらやましがっている。
それというのは Bさんにもお子さんがいるが まだ孫はいない。
そのお子さん夫婦と同居の有無などは不明です。
いつも Aさんに「あんたのとこはいいねぇ。婿さんも来てくれて
かわいい孫もいて・・・あんな立派な家を建てて・・・」と言って
うらやんでいるとのこと。

ある日 Aさん家族は 某所へ遊びにいったので 
そのお土産のお菓子を パートの職場に持っていき 
お仲間に配ったんだそうだ。
行った場所は いかにも ファミリーが遊びにいくようなところ。
そしたら ひとりだけ どうしても受け取らなかった人がいた。
それが Bさん。
お菓子を渡そうとしても 全く受け取らず
「わたしは いいから・・・要らないから」といって 
追いかけても 逃げてしまったという。
追いかけても逃げたというのは 少々大げさだけれど 
それぐらい頑として 受け取らなかったらしい。

そのことで Aさんは 気分を悪くして 
「孫を連れて仲良く遊んできたお土産だから
Bさんは 受け取らなかったんだ。 
そこまで自分をうらやんでるんだ ねたんでるんだ」と
思ったとのこと。

   *

Bさんが お菓子を受け取らなかった真意はわかりません。
Aさんが思った通りなのか そうでないか 誰にもわからない。
それに 「Bさんが妬んでいる」と感じたAさんの内に
何気に Bさんに対する優越意識が見え隠れします。
ふだんから AさんとBさんの間には 
微妙な対抗意識が潜んでいたんでしょうか。

お菓子を受け取らなかったということは 極端な行為だけれど
こういう話は まま あるように思います。

「隣の芝生はよく見える」という言葉もあるように 
人はどうしても他者と比較して 羨望したり 
あるいは 嫉妬したりするものです。
まあ それは 自然な感情でしょうね。
人との競争意識が 成長を促すということもあるから 
ほどほどに比較して そんなふうになりたいと憧れたりして 
目標にしてしまえれば それはそれでいい。

それにしても 自分より優れているなと感じる人と比較すると
気分は 落ち込みますよ。
たとえ 自分より劣っているなと感じる人と比較しても
優越感はつかのまで また 優れている人は現れます。

先ほどの話の場合は 
Bさんは「自分より多く持っている人」としてAさんをとらえて
いつもうらやんでいた・・・
うらやみ 嫉妬し続ける限り 気もちは晴れませんね。

わたしも 若い頃は 結構 人をうらやんだり 
嫉妬したりしましたねぇ。
嫉妬の感情は 最も醜い感情という偉人もいるぐらいで
嫉妬して地団駄ふんでいるような自分を 
ほんとうに醜い人間だと認識したこと ありましたよ。
この嫉妬心さえなければ 
わたしは清い人間だわなどと 思ったりもした・・・

でも そんな わたしも 今は
人を 極端にうらやんだり 妬んだり
嫉妬したりしなくなっています。
この歳になって
いろんなこと 諦めがつくようになったからでしょうか。
諦めとは「明らかにして 見ること・見極めること」という・・・
その本来の意味の諦めができるようになってきた・・・かな。

      🍃

人と比較する・・・これについては
以前 精神科医の水島広子氏が 
思春期のティーン向けの著書の中で書いていたことに
非常に共感したことがあります。

それは 横の比較をしないで 縦の比較をしなさいというもの。
「横の比較とは 他人との比較。
人と比べて得られる安心や満足などは本当に束の間である。
それよりは 自分を時間軸でみる縦の比較をせよ。
何かしら プラスの変化が見えてくる。
自分なりに努力してきた成果を
何かしら見つけることができるよ」というような内容です。
10代にこれを読んでいたら 
わたしもあれほど
嫉妬の炎を燃やさずに済んだかもしれないわ(^_-)-☆

確かに 横の比較じゃなく 
縦の比較を意識すると こころが軽くなりますよ。
これまでの人生 縦の比較でみたら 
自分なりに頑張ってきてるわ~と思いますもの。
それは 誰のものでもない わたしの人生の成果だから。

60代になると
人それぞれ もっているものの違いは 歴然ですよね。
さきほどのBさんが気にしていたかもしれない 孫の有無なども 
大きな違いかもしれません。
自分ではどうしようもないところでの 人との差にだけ
固執すると
とっても不幸な気もちになるような気がします。
比べようとしたら 何だって気になりますから。

例えば Bさんの視点で わたしを見たとしたら 
きっと彼女は 優越感を感じるかもしれませんね。
だって わたしは 孫どころか 夫はいない 子はいない
ひとりぼっちだからね。
どう願っても 変わらないところです。

わたしは AさんやBさんが もし身近にいたとしても
あんまり うらやまないと思います。
だって 人は人 わたしはわたしだから。
「わたしは すてきなひとりぼっちよ」と 
こころの中では胸をはってます ちょっぴり 強がりだけど。
ちなみに この「すてきなひとりぼっち」
詩人・谷川俊太郎さんの本の題名。
とても気に入っている わたしにとってのパワーフレーズです。

    🍃

このブログもね
ランキングに参加してますが これも 横の比較でみて
順位ばかりを気にしていると
モチベーション上がるどころか 下がります(>_<)
だって 上を見たら 限りなく遠い世界が広がっている。
でも 自分の時間軸の縦の比較でみると
昨日より多くの方が読んで下さった!!
応援ポチ 昨日より頂けたわ!!
というようなところに目がいくから
モチベーションがあがるし 小さな幸せ感 頂けます。
その ささやかな幸せが わたしの求めるところ♪

だから 
人と比較する横の比較よりは
自分だけの縦の比較の方が 自分を大切にしていける。
そんなふうに感じています。

昨日よりは 今日の自分
今日よりは 明日の自分

わたしは すてきなひとりぼっち
オンリーワン ワンの わたしです。

花々だって どっちがきれいなんて 
競い合っていないような気がします。
今朝のわが家の花々・・・

しゃくなげ

しゃくなげ

むらさきつゆくさ

つゆくさ

それぞれが 懸命に 自分の花を咲かせている
わたしには そんなふうに見えてます。

人は人 わたしは わたし


       ✐ おり~ぶ




🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも 励まされてます。
ありがとうございます💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



Category - 雑感

8 Comments

あんこ  

人との比較

おり~ぶさん
こんにちは、
今日、2回目のコメントになりました(*^_^*)

そうですねえ、わたしも若い時や学生の時、人と良く比較したり、妬んだり
しましたよ、
わたしの周りは優秀な人や家庭環境も裕福な人が多かったので、母にねだって同じような系統の服など買ってもらったり、お宅に招いてもらっても圧倒されることばかりでした、
勉強面や性格面でも、この人はこんないいところがあるけど、自分にもこんないいところもあると 思うことができるようになるのには かなり年数要しました。
おり~ぶさんが言われるように人と比較すると、本来の自分のいいところや、しあわせを感じることができにくくなりますね、

わたしの今の状況は 毎日の生活に必死のパッチで 現状維持で一杯、という自分の位置です(^^)/が、今の状況を受け入れながら昨日の自分より、成長していきたいですね、
改めて、自分の位置を確認できて 良かったです。
おり~ぶさん、いつもありがとうございます。

2017/05/17 (Wed) 11:55 | EDIT | REPLY |   

マッチ  

すてきなひとりぼっち

おり~ぶさん、今日のブログは考えさせられました。私にも経験があります。私は旅行好きで今もアイルランドに🇮🇪いるんですが、旅行の度におみやげを買ってきていたらある時いつも貰うばかりで心苦しいからもう心配しないでと言われて、あっそうなんだと気がつきました。彼女とは今でも強い信頼関係を築いています。言ってもらってよかったと思います。
人を羨ましく思う時は自分の恵まれていることを数えます。健康、家があること。友人、姉妹がいる、食べて行ける年金をもらえるとか笑。です。
今日、おりーぶさんからすてきなひとりぼっちという言葉を教えてもらい、これから私も使わさせてください。すてきなひとりぼっち🎶いいですね。

2017/05/17 (Wed) 17:14 | REPLY |   

おもかげ  

いつもおり~ぶさんの書き込み見て文才があって説得力があって感心させられます~これも人は人は!私には文才もありませんがそれを妬んだりはしません‼
羨ましいと思います~うちも嫁も孫も居ませんがそれはどうすることもできなせんし、いなければ居ないなりに夫婦で楽しめば良いかなあと切り替えます(^-^;

おり~ぶさんはお一人様ですがお友だちと沢山あって色んなところに観劇とか等楽しんでいらっしゃる( ´∀`)

私も以前一切お菓子は食べませんでしたから勧められても食べませんでした~
職場ではそんな私を知っている人は進めませんが知らない人には変に思ったかも知れませんね(^-^;
今はパクパク食べますのでぷくぷくですわ~

2017/05/17 (Wed) 19:03 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 人との比較:あんこさんへ

あんこさん こんにちは。

またまた お会いできてうれしいですよ~
あんこさんも 若い頃 人を妬んだりしたことあったんですね。
わたしも おんなじでよ。
自分のいいところがわからないと 人のいいところも
本当は 見えないかもしれませんね。
全く比較しないということはできないけれど
やっぱり 自分を信じて 大事にしなくてはね。

あんこさん 現状維持というのは 最も大事なことのように思いますよ。
いろんな大変さはあっても いつも明るく前向きに過ごしている
あんこさんを わたし 見習ってるの。
だから これからも 日々の生活に必死でパッチでお願いします(^_-)-☆

あんこさん ありがとうございます(*^-^*) 

2017/05/17 (Wed) 19:31 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: すてきなひとりぼっち・マッチさんへ

マッチさん こんばんは。

素敵なお友達をお持ちですね。そういうことを 率直に言いあえて
なおかつ 信頼関係で結ばれている そんな友達 最高です。
その方も マッチさんを信頼しているからこそ 言ってくれたんだと思います。

人をうらやましく思う時は 自分の恵まれていることを数える
とってもいいアイディアだわ。自分のいいとこ 見つけた方がいいですものね。

「すてきなひとりぼっち」いい言葉でしょ。マッチさんも使ってください♪

ところで アイルランドにいらっしゃるなんて
それこそ う・ら・や・ま・し・い(笑)
ギネスビール 飲みたいな~ 
いいな いいな いいな♪
素敵な旅をしてくださいね。

マッチさん ありがとうございます(*^-^*)

2017/05/17 (Wed) 19:51 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

お褒めの言葉を頂き 照れちゃいますよ~ 
文才なんて とんでもない ない(^_-)-☆
おもかげさんが 人を妬んだりしない方だということ
わたし そう思ってます。
ブログの記事 読んでたらわかりますもの。
ご夫婦 仲よく 楽しんでいらっしゃるのも とってもいい感じ。

わたしも おもかげさんも それぞれの暮らしを楽しんでいるから
ふたりとも ハッピーですよ~

ところで お菓子のこと・・・
記事の中のBさん ほんとはお菓子がダメだったんじゃないのかなと
思うところもあったんです。
おもかげさんのコメントを読んで やはり そういう人もいるよね~と
再認識いたしました。

おもかげさん ありがとうございます(*^-^*)

2017/05/17 (Wed) 19:59 | REPLY |   

ののはなかれん  

比較をしない生き方

昔中学生で寮に入った時貧富の差に驚きました。貧富と言っても私立のお嬢様学校で当時にしては普通以上の経済力のある家庭の子供だったのだと思いますが家は公務員なので貧しい方です。あの当時で運転手付きの車で登校したり寮では毎週山のような外国製のお菓子が送られて来たり素敵なお洋服を着ていたり世の中にはこんなにも恵まれている人が居るのだと思いました。あの時初めて容姿も頭脳もお金も3拍子揃ってる人と自分を比較しました。けどそれを羨ましいと思わなかった自分だったのが救いでした。自分は自分の考えでしたが大人になって今になって父親がいない母だけの家族関係になるとやはり夫婦がいて子供がいて孫がいる家庭を羨ましいと思うのは本音です。でも過去を振り返って自分にはとっても幸せな時間があったのだと思う事でその気持ちが解消されます。其の過去があって今は幸せだと思うようにしています。人は人・私は私ですね(*^▽^*)おり~ぶさんの記事を読んで精進します。いつも有難う。

2017/05/18 (Thu) 09:55 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 比較をしない生き方:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんにちは。

そうでしたか 中学時代にそんな経験をなさったんですね。
うらやましいと思わなかったかれんさん
当時から ご自分というものをもっていらしたのか。

まあ ないものねだりをしたら 際限がありませんね。
ないものより あるものに目を向ける
あるものの方が 圧倒的に少なかったとしても
それはそれで いいように思います。
あるものに どれだけ価値を見出させるかの方が
大事だと思うから。

今が幸せと思えるなら それが一番。
わたしも そう思ってますよ。

ののはなかれんさん ありがとうございます(*^-^*)

2017/05/18 (Thu) 10:46 | REPLY |   

Post a comment