Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

厄を払い 魔を除ける・・・マジで!!

Category - 雑感
6月も はや後半にさしかかろうとしています。
今年も 半年が過ぎようとしているんですね。
時の流れが 加齢とともに速まってきている。
そう 感じてしまうのは 気のせい?

ところで
6月になると 必ず やることがあります。
これまで やっていたことを まず ひとつ。

それは 茅の輪くぐり 
ちのわくぐり・・・
確か 昨年の6月にも ちょこっと記事にしましたが 
また書いちゃいます。

茅(かや)で編んだ こんな輪っかをくぐるんです。

茅の輪

神代の昔 須佐之男命(すさのおのみこと)が 一夜の宿を借り 
厚いもてなしを受けたお礼に 茅で作った輪を授けたら 
その家は 後の世までも栄えたという神話があるそうなの。 
そこから 茅の輪は 疫病を払うと言われているとのこと。

この輪をくぐる時には お作法があって 
左からくぐり くぐったら右に出て
また 左からくぐる つまり 八の字を描くようにくぐるの。
それを 3回。
また 輪をくぐりながら 和歌を唱えるんです。
水無月の夏越の祓する人は千年の命延ぶというなり 
(拾遺集より)
みなづきのなごしのはらいするひとは
ちとせのいのちのぶというなり

わたしは毎年くぐっているので ほぼ暗記しているかなぁ。
何も見ずに この歌を小さい声で唱えながら くぐります。
とちゅうわからなくなったら ムニャムニャとごまかしちゃう。
歌の書いてあるカードも用意されているので 
それを片手にくぐるひともいます。

この夏越の大祓式は 6月30日が本番ですが 
わたしはその日 仕事で行けないことが多いので 
毎年6月中の都合の良い日に
八幡様に詣でることにしています。

あっ そうそう
この輪くぐりと合わせて やることがあるの。 
白い紙の人形(ひとがた)に名前を書いて 
その人形で 左の胸 右の胸を触って 
最後に 名前のところに息を吹きかけます。
それを 気もちばかりの初穂料とともに納めておくと
30日のお式の時に お祓いをしてくれます。

人形を納めて 輪くぐりをしたら お守りも買います。
夏越の祓いの季節限定 茅の輪お守り
数量限定に弱いんですよ わたし。

DSC_0757.jpg

この6月の儀式 
もう10数年 やっています。
それまでは お正月に初詣に伺うぐらいでしたが 
ある時から 時々 お参りに行くようになったんです。

それは やはり 病気をしてから・・・
乳がんと分かった時 手術の前 術後の再発予防の治療・・・
その間 何度となく 八幡様を訪れました。
それは やっぱり 神頼み♡
それこそ 藁をもすがる思いですもの。
これまで それほど眼中にないこととて 
必死でおすがりいたします (^_-)-☆

わたしの場合は 初期ガンではなかったので
治療終了までは 10年間 検査と治療の繰り返しでした。
初めの頃は 3か月ごとに 検査そして治療
後に 半年 そして 一年・・・
というように 間隔は開いていきましたが
検査の度ごとに どうぞ悪い結果が出ないようにと
病院にいく前に 八幡様に寄って 
二礼二拍手一礼をリフレイン♪
お社が 病院への通り道にあるので 好都合だったの。

神道を宗教として 信仰しているわけではないけれど
そうして 八幡様に詣でることでも 
こころの安定を図ってきたように思います。
病への恐れも不安も お詣りすることで 
一瞬でも軽くなったことは 確かですから。
病に向き合う歩みの中で わたしにとっては 
必要な場だったのだと思います。

八幡様は 街中のこんもりとした森の中に 鎮座しています。
樹齢数百年という銀杏や桜 木々の間に咲くたくさんの紫陽花
こじんまりした境内に入ると そこには おごそかで清新な空気
が満ちていて とてもこころが落ち着くんです。

わたしは 今こうして生きていることができる。
そう思うと 八幡様は わたしにとって 
まさしく パワースポットといえるのかもしれません (^_-)-☆
これからも 折にふれて 八幡様のちいさな森に
こころを 休めにまいります。

    🍃

そして もうひとつ
これは 今年初めて やること。

あじさいの魔除け なの。
以前 新聞で 読んだんです。
紫陽花を 薬玉に見立てて 飾ってお祈りし 魔除けをする
そんな地域があるようなの。 

ネットで調べてみたら ありました♪
天満神社(兵庫県)のHPに 出てました。

天満神社

古来より七夕の頃に 紫陽花を軒下につるしておくと 
あじさいのもつ霊力により
その家の魔除け 厄除けができるらしい。
まだ 七夕じゃないけど 
ちょうど 我が家のガクアジサイが 咲きそろってきたところ。
切り取ってつるすのは ちょっとかわいそうな気もしましたが
あじさいの こういう愛で方も 許されるかしら。

さっそく 庭に出て お花を切って このように
準備はしたのだけれど・・・

紫陽花魔除け

これを どこにつるすかなぁ と ただ今思案中。

あじさいは 日本が原産の花。
咲きはじめから だんだん花の色が変わったり 
土壌の酸性・アルカリ性で色違いがあるからか 
頭に浮かんだ花言葉は 移り気・・・
ちょっとネガティブな花言葉としては 高慢 無情 冷淡・・・

でも 小さい花が寄り添って 
ひとつの美しい花になっているからか
仲良し 友情 家族団欒 辛抱強い愛情 謙虚 などの
ポジティブな花言葉もあるようです。
母の日には お花屋さんに カーネーションと並んで
あじさいの花がお目見えするのは 
そのポジティブな方の花言葉のおかげかな。

この6月は あじさいで 魔除け(^_-)-☆
高慢 無情 冷淡などの こころの魔が来ないように
あじさいの花を飾ります。
謙虚なこころで 友情を育み 
ひとり暮らしでも ひとり団欒できますように(^^♪
こころの魔を 追い払いますよ~

茅の輪といい あじさいといい・・・
季節の訪れを味わいながら 
厄払いや魔除けができるなんて
日本に生まれて よかったなぁ。

大いなるものに守られて
この日本の四季を 味わうことのできる暮らし

生かされていることへの感謝の思いが湧いてくる
しみじみとした 朝です 💛

  
    おり~ぶ



🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



Category - 雑感

6 Comments

マッチ  

私も

こんにちは。八幡様の横は紫陽花の綺麗な場所ですね。私も毎年行きますよ♬
亡くなった夫はよく写真を撮っていました。
私は神様を信じています。勝手にどこかで必ず夫や両親と一緒にいて見守っていてくれてると思うと力が出てきますよね。
おり〜ぶさん、一人で病気と闘って来たんですね。どんなにか大変だったでしょうね。これからは私もいっしょさせてください。
明日からちょっと同級生たちと旅行に行きます。ブログは毎日読んでますよ。帰ってきたらまたコメントしますね。
おり〜ぶさんにどこかですれ違っているのかなと思ったりすると心ウキウキします♬

2017/06/18 (Sun) 11:22 | REPLY |   

あんこ  

お詣り

おり~ぶさん
こんにちは。
毎年、恒例の八幡様の茅の輪くぐり、行かれたんですね、
こんもりとした樹齢の中、ほっと、落ち着いた気分になれ、心も和みますね、
そうだったんですね、10年は長いです~
わたしも主人が病気の時、丁度駅までの通り道にあった八幡宮様に毎日、
道から手を合わせていたんですよ、
よくぞ、おり~ぶさんを元気にして下さり、ありがとうございます。

先日の佐藤さんのお話、感動しました、日本にもこういう方がおられるのですね、
その前の16日の記事、コメントさせて頂こうと思っていたのですが
おり~ぶさんのご主人さまが急死だったこと、返コメで知り、急に切なく
なり、コメントやめてしまいました(>_<)

紫陽花、軒下につるしたら いいのですね、
今、ロンが入院しているのもあるし、紫陽花の花もあるので
わたしも つるしてみますね、
教えて下さってありがとう。

こちらは昨日まで 真夏日、今日は曇っているけど、蒸し暑くなって
きました、
わたしのブログ、ロンが良くなり、落ち着くまでコメント欄、閉じております。
今日はロンの面会お休みなので、家でゆっくりしております。
おり~ぶさんも ゆっくりしてね(*^_^*)
いつもありがとうございます。

2017/06/18 (Sun) 11:23 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 私も:マッチさんへ

マッチさん こんにちは。

八幡様 行かれるんですね。
それじゃ どこかですれ違っているかもしれませんね。
わあ ドキドキしちゃう。

アジサイ 綺麗ですよね。
そう ご主人さま 写真 ご趣味だったのかな。
この季節は アマチュアカメラマンの方々 大勢見かけます。

そうなんですよ・・・
マッチさん お優しいお言葉 ありがとうございます。
こころの拠り所になった場のひとつが 八幡様。
マッチさんにとっても 大切な場ですね。

同級生の方々とのご旅行 
ワイワイと楽しんできてくださいね 行ってらっしゃい♪

マッチさん ありがとうございます。

2017/06/18 (Sun) 11:31 | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: お詣り:あんこさんへ

あんこさん こんにちは。

ロンくん いかがですか?
ブログを読んで どうしたかしらと心配しておりました。
でも 病院にいるのだから
獣医さんにおまかせするしかありませんね。
どうぞ お大事にね。

あんこさんも 八幡様に手を合わせていらしたのね。
祈る思い 神様でも仏様でも イエスキリストさまでも
祈りたい そんな気もちの時 ほんとうにいろいろありますね。
あんこさんも その大変な状況を乗り越えていらしたんだものね。
わたしも あんこさんも まだまだその道は続くけど
祈って 祈って 歩もうね。

佐藤さんについての記事・・・そうだったのね。
確かに コメントの返信で さらっと夫のこと書いたわね。
びっくりさせて ごめんなさい。
今まで 書いたことなかったことだったわ。
あんこさんは とても 正直な方・・・
わたし あんこさんのそんなところも いいなぁって思ってます。

そうそう ロンくんのために
魔除けのアジサイ 飾ってみて。きっと 治るよ。

関西は 暑いんですね。こちらは ちょっと小寒いです。
あんこさんも 今日はゆっくりなさってね。
わたしも ゆっくりのんびりしています。

あんこさん こちらこそ
ありがとうございます。

2017/06/18 (Sun) 11:46 | REPLY |   

ののはなかれん  

誠実な生き方

おり~ぶさんの前向きで一生懸命で誠実な生き方が
きっと神さまに届いて命を繋いでくれて現在に至ってるのでしょうね

北海道は歴史が浅くて風習や神社やお寺が多くはなく
庶民に馴染も薄いです

行事もあまりなくて寂しいですよ
家の神棚は普段は行けない
神社の変りですものね
ですから地域の神社と北海道神宮のお札を毎年頂いて来ます

神棚と仏壇とどちらの方がお参りする回数が多いかと言うと
お仏壇ですが本当は朝起きたらまず神棚なのでしょうね(^^)/

私も相方を失い父を失い母も傍から失い・・・
精神的にかなり落ちましたし
自分の身体もこんな風になって

もう神頼みか先祖供養しかないのかなと
思ったりしましたが・・・

いつもきちんと愛を持って誠実に生きる事が供養になると思いながら
暮しています。ひとそれぞれ信仰する神は違っても人として恥ずかしくないように暮らす努力はしたいと思います

でも自分の身の丈程が一番大切かと・・
立派な事が出来なくても自分が無理なく出来る事から・・・

そのお手本のひとつはおり~ぶさんでもあるんですよ(*^▽^*)
これからも宜しくお付き合いお願いします

2017/06/19 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 誠実な生き方:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんにちは。

いのちが繋がっている有難さ ほんとにかみしめております。
感謝の気もち 忘れないようにしたい。

北海道は そうなのですね。
開拓・・というイメージだと 祈る場というものが
たくさんあるような感じだけどなぁ。

かれんさんも お札頂いているんですね。
わたしも 小さな神棚にお札 おまつりしています。
お仏壇と神棚と どっちが先でもいいんじゃなぁい♪

かれんさん お辛い事たくさん経験されてきてますよね。
でも いつも 前を向いて 楽しく生きていこうとなさってる。
わたしこそ 尊敬していますよ。
愛をもって 誠実に生きるって とても素敵な言葉です。
かれんさんの生き方 そのものだと思うわ。

自分の身の丈にあった 自分らしい生き方
それは わたしも目指しているところですよ。
こちらこそ これからもよろしくお願いいたします。

かれんさん ありがとうございます。

2017/06/20 (Tue) 10:43 | REPLY |   

Post a comment