大事なものを 失うかもしれない
そう感じた時の 胸のはりさけそうな思い・・・
そして わたしは 
新たな決意をいたしました。

大げさな書き方をして すみません。
実は 大好きなボーカルグループ
LE VELVETS(ル ヴェルヴェッツ)のことなのです。
まだまだ 誰でも知っているというわけではない
そんなグループなので
「知らな~い」という方も 数多くいらっしゃると思います。

でも わたしにとっては 
大事なだいじなグループのことなので
またまた 記事にいたします。
ご容赦くださいませ。
読んで頂けると うれしいです。

    🍃

先週 
グループのひとりが不祥事を起こしたことを書きましたが
あれ以来 わたしは 意気消沈しておりました。
5人のメンバーのうち そのひとりが無期限活動停止になり
残りは4人です。
彼らは クラシックがベースなので 4人のうち テノールが3人
バリトンが ひとりになってしまう。
そういった 歌声のバランスも問題だけど
それより何より 問題を起こしたひとのいるグループということで
グループ全体が 否定されてしまうのではないだろうか。
そう 考えると
彼らが これからも活動を続けていけるの?と 
とても気がかりだったのです。

もし 解散というようなことになったら 
わたしは 何を楽しみに 後半生を過ごしていったらいいの?
そんなふうにまで 思ったこともありました。

少しオーバーにいうと
LE VELVETSの歌声は 
わたしの生きる希望を 支えてくれるものだからです。

昨年の10月☛わたし ときめいちゃってる♪ で書いたように
メンバーのひとりの歌声が 亡き夫の声に似ていたことから
わたしは このグループの存在を知りました。
以来 ファンクラブにも入会し 自分のできる範囲で 
LE VELVETSを応援しています。
彼らの歌声を聴き 応援していくことは 
自分自身を応援すること・・・
そんなふうに思うから。

全員が音楽大学で学び クラシックから民謡まで 
幅広い曲を歌い上げる その歌声に 魅了され 励まされ 
勇気づけられてきた わたし・・・

そのグループが もしかして なくなってしまうかもしれない
もう あの歌声を聴くことができなくなってしまうかもしれない
そんなことが頭をよぎり 悲しくて 何度も涙が出ました。
部屋に飾ってある 5人で写っている彼らの写真
それを見るのが辛くて つらくて・・・

彼らの歌声を 
ライブで聴くひとときがなくなってしまうのではないか 
もう二度と あの感動を味わうことができなくなってしまう・・・

大事なものを失ってしまうかもしれないという恐れ
そして 失ってしまった時のわたしはどうなるの?
・・・予期的な不安に襲われもしました。
本当に ほんとうに 胸を締めつけられるような 悲しさ・・・

グループの公式サイトに 何度も何度もアクセスして
謝罪文の他に 何か書かれていないか
彼らが今後どうなるのか わからないだろうか・・・
PCの画面とにらめっこ・・・そんなことを 毎日やってました。
どうぞ グループが存続しますようにと 祈るような思い・・・

そして 今週 20日 
HPを見たら 何か書いてある!!
「彼らの今後について 関係者と協議しており 21日の午後に
最終結論に達するので その後に発表予定」というコメント。
わたしは 翌日の午後は仕事なので HPは見られません。
どうなるのか 活動できるのかと考えると 
もう いてもたってもいられない気もちでした。

21日の夕方 ドキドキしながら 
PCの画面を食い入るように見つめると
そこには 書いてありました。

・・・4人で活動を続けることになりました・・・

わたしはそれを読んで またまた 涙が出ました。
また あの歌声を聴ける・・・
4人になってしまったけれど それでも LE VELVETSの歌声
新しい 彼らの歌声が 聴けるんだと思うと
うれしくて 飛び跳ねたいような気もちになった。

そして あの出来事が起こってからの 彼らの心情にも
あらためて 思いを馳せました。 
どんなにか悲しく 悔しく
わたしの辛さなど比べ物にならないほどの
苦しみや痛みを味わったことだろう。
彼ら ひとりひとりもまた 傷ついているのです。
 
これからも活動していく・・・そうはいっても
ある程度の 負のイメージは 拭い去れないだろう。
それを払拭するまでには 長い時間がかかるかもしれない。
様々な場で あの出来事で 失ったものの大きさを知り
打ちひしがれる時もあるだろう。
彼らの前途を思うと また 切ない気もちになるわたし・・・

でも メンバーの こんな決意を読んで
わたしのこころも 元気を取り戻しました。

メンバーのひとり 佐賀さんのコメントより

・・・何を考えても、申し訳なさと悲しみしかありません。
でも 今は 進むしかありません。踏ん張るしかありません。
未来を信じて、泥水を這ってでも 歩き続ける覚悟です。
また このような状態でありながら
4人でのステージの可能性を感じてくださっている皆様に
心から感謝致します。
ご期待にお応えできるように そして一日も早く
皆様からの信頼を取り戻せるように
アーティストとしていかに生きるかを問いながら
決意の一歩を重ねていきます。
 

他の3人も 同じような決意をコメントしています。

そして わたしも決意しました。

これからも LE VELVETSを応援していきます。
これまでと変わりなく 否
これまで以上に 熱いこころで エールを送り続けます。

これが 新しい LE VELVETS
PCの画面を 撮りました。

LE VELVETS

それぞれの表情は いつもに比べたら 明るさがない
厳しい顔をしています。
それだけに 彼らの決意の大きさが感じられて
わたしは 身の引き締まる思いです。
 
一度は失った グループのこころ
さらに 失うかもしれなかった 活動の場
苦しんで苦しんだ末に 救いの手は差し伸べられたのです。
今度こそ 4人一丸となって
素晴らしい歌声と 歌のこころ そして 幸せをはこぶ
素敵なグループになっていってほしい。
それが ファンのひとりとしての わたしの願いです。

    🍃

失うかもしれない・・・
そう 思った時に あらためて 気づきました。
わたしにとって LE VELVETSが 
いかに大切な存在であるかを。

大事なものを 失うかもしれない・・・
そう 思ったときの 胸のはりさけそうな思いを
わたしは 忘れない。
LE VELVETSの歌声は
わたしにとって 大事で大事で必要なもの♪

これからも 彼らを 応援し続ける。
その歌声が 
わたしを鼓舞し 癒し続けてくれるから 💛


     おり~ぶ



今日も おつき合い下さいまして ありがとうございます  

お知らせ
本日は コメント欄 お休みしていますm(__)m

🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



  

あらためて想う 我がいのちのこと。

友達関係は 濃密すぎず つかず離れず・・・