今日から また一週間・・・
今朝は ゆったりした気もちでスタートしました。

起床後 身支度を整えて 
部屋干しの洗濯物を ハンガーから外しました。
いつもより 丁寧にたたんだような気がします。
燃えるごみを収集場所にもっていきながら 
少しだけ朝歩き・・・
ぽつり・・・と雨粒が 落ちてきましたが
家に着くころにはやんでいました。

一面灰色の曇天ではあるけれど
こころは 何だかちょっと さわやかです。

いつもの朝より ゆったりしたこころで過ごせるのには
理由があります。

それは 昨日観に行った 映画のおかげなの。

このドキュメンタリー映画です。
愛知県にお住いの ある建築家のご夫婦と雑木林の物語。
   👇
人生フルーツ 公式サイト

今年の初めには TVでも観られたようなので
ご覧になった方も いらっしゃることでしょう。
そのころは この映画のことを知らずにいて
見逃してしまったようです。

その後 どなたかのブログの記事で知り 
ぜひ観たいと思っていました。
東京の映画館が上映しているという情報を得ましたが
なかなか行けずにいたところ
キネマ旬報シアター(千葉県柏市)が 
ロングラン上映していることがわかったの。
常磐線沿線で なじみのあるところなので 出かけた次第です。

遅ればせながら 
この映画 そして 主人公の修一さんと英子さんに
出会うことができました。

    🍃

映画の中身は 先ほどの公式サイトに書かれているので
ここでは こまごまとした内容については省きますね。

90歳の修一さんと 87歳の英子さんの日常の暮らしぶりを
静かに見つめたドキュメンタリー
修一さんの建築家としての人生にも触れながら 
彼に寄り添う英子さんとのふたりの暮らしを
淡々と かつ 優しいまなざしで撮った映画です。

おふたりの暮らしは 月並みな言葉でいえば スローライフ・・・
雑木林の中で ちいさな自然を愛で 
野菜や果実を収穫し 丁寧に料理して味わう。
自分たちでできることは 何でもやってみる。
それをずっと繰り返し 暮らしを紡いできています。
そして そこでは 実にゆったりとした時が 流れている
お互いを 時には 名前で呼び合い
同じ方向を見つめて 暮らしているふたり・・・

樹木希林さんのナレーションも ふたりの物語にぴったり・・・

風が吹けば 枯れ葉が落ちる
枯れ葉が落ちれば 土が肥える
土が肥えれば 果実が実る
こつこつ ゆっくり
人生 フルーツ


このフレーズが 何度も繰り返し 語られました。

こつこつ ゆっくり 人生 フルーツ

人生は 自然の恵みを受けて
ゆっくりゆっくりみのる フルーツのようだ。
そういう意味なのかなぁと思います。

映画の終盤で おひとりになった英子さんが 語ります。
「ひとりになっても 今までと同じようにこつこつやっていけば
何か 見えてくるものがあるように思います」というようなこと。

わたしは この言葉が すごく こころに響いたんです。

こつこつやっていけば 何か見えてくるものがある・・・ 

そうよね!!
日常のこまごまとしたことでも 仕事でも 
こつこつとやっていけば 何か 見えてくるものがある。
そんなふうに思ったんです。

「こつこつ」という平凡な言葉を 
英子さんが語ってくれたことで
「こつこつ」が わたしの中で 急に輝きだしたの。
ふだん何となく思っている当たり前のことが 
はっきりと 自分の内で腑に落ちた・・・そんな感じです。

こつこつと積み重ねていることは
先ほどのフレーズでいうと 「枯れ葉」にあたるかもしれないわ。
日常の 仕事上の いろんなことは 
日々どんどん生まれてきて それをわたしはこなしてく。
いろんなことは どんどん 過去の枯れ葉になるの。
でも その枯れ葉が いい土壌を作るんだわ。
そして そこに 美味しい実がなるんですね。

実をならせるためには こつこつと 
ひとつひとつ丁寧に ただ こつこつと 繰り返していくことね。
そんなふうに 思ったら
こころが晴れやかになりました。
日常の暮らしの 面倒になるようなことでも こつこつと繰り返す
それでいいんだと 気が楽になります。
仕事も ひとつひとつのケースを こつこつと丁寧に。

こつこつとやって 積み重ねていくことで
美味しいフルーツのなる 
実りある人生へと歩めるような気がします。
こつこつ ゆっくり・・・
いろんなこと そんなに 急がなくていい。
ゆっくり こつこつ
こつこつ ゆっくり

あっ ブログもそうね。
日々 こつこつと綴っていたら 
何か見えてくるものがあるはず。

最近思うんです。
わたしにとって ブログは こころ育て 自分育てだなって。

ひとつの記事を書くことで 
自分に向き合うから 自己理解も深まるし
何より 自分についての 新たな発見もありますもの。
せっかく見つけた自分のこころ 
せっかくだから 育てたいって思う。
大げさに言うと 書くことでも 自分を育てていくみたいな
そんな感じがしてるんです。
だから こころ育て 自分育て・・・

ひとは 生涯 発達し 成長を続ける生き物でしょ。
こつこつ こつこつ 書いていくことで わたしの成長に
つながるのではないかな。 
まあ おいしいフルーツになるか どうかはわからないけれど。

そんなこんなで
「人生 フルーツ」の映画は こころに残る素晴らしいものでした。
また 折にふれて じわりじわりと思い出し
味わいの余韻を楽しんでいきたいと思っています。

と ここまで書いてきたら
外が明るくなってきました。
曇天から 少し晴れ間が見えてきてます。

お庭の花も おひさまの光を喜んでるかな。

DSC_0772.jpg

かわらなでしこ
もう 十数年 この季節に咲いてくれてます。
枯れそうなんだけど 枯れなくて 毎年驚かされる。
この花も こつこつして 生き延びてくれてるのかしら。
こつこつ ゆっくり ずっと咲いてね。

それでは また♪

日々の暮らしも ブログも 

丁寧に 積み重ねよう
こつこつ ゆっくり💛


     おり~ぶ



🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



  

美醜の境い目

食べてる時の顔・・・見せるの 恥ずかしい?

comment iconコメント ( 4 )

この映画は見ていませんがおり~ぶさんのお話を聞いてあたかも見ているようなそんな暖かい気持ちになりました~ほんとにおり~ぶさんは文才があって感性豊なので素晴らしいです~人は誰でも年老いていきます~そのときやはり側にいてくれる人がいたら一緒に歩んで行ける!同じものを見て感じて手を携えて歩めたら素敵な事です~
若いときは一人でも良かったかも知れませんが年をとっていくと尚更誰かとと思います~私の場合は幸い主人がいますがおり~ぶさん‼今からでも遅くはないですよ~まだまだ長い人生ですから映画の御夫婦みたいに人生はフルーツの様に一緒に歩んで行けるような人を見つけてみたらどうでしょうか!真面目な話ですよ~

名前: おもかげ [Edit] 2017-06-26 11:50

穏やかな生き方

おり~ぶさんの今日のブログを読み始めて
すぐに「あ・・・・あのご夫婦のドキュメント!」
って思いました。
私は数か月前か昨年か忘れましたが
テレビでこのドキュメンタリーを見ています。
その時の感動は忘れられず私もツィッターかも知れませんが
すぐに感想を書いたと思います。

そして今月息子の誕生日祝いを買いに街中に出掛けた時
大きな本屋さんでこのお話の本が沢山並んでいました
すぐに気が付いて手に取りました
写真集のようにストリーも書かれていて何冊か(*^▽^*)
私はテレビで見ていたので内容ははっきり覚えていて
修一さんが眠るように亡くなった後英子さんはあれから
どうしてるのかなぁと思いながら本をめくっていました。

おり~ぶさんは映画で見たのですね
本当に感ずるものも心に響く事も沢山ありました
何度も見たいお話です
おり~ぶさんも清々しい気持ちになられて良かったですね。

色々な意味で人生のお手本だなぁと思い私も前向きに
人生を自分なりに過ごしたいなぁと思います(*^▽^*)
いつも有難うございます♡

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-06-26 17:41

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

あたたかい気もちになれたなら よかったぁ。
身に余るお言葉を頂いて すっごく励まされています。
ありがとうございます。

ところで そうですよね。
一緒に歩んでくれるひとがいたら どんなにいいでしょう。
おもかげさんのように お優しいご主人がいたら 幸せねぇ。

今からでも遅くないと言ってくださる おもかげさんのお気もち
何だか とてもうれしいです。

でも もうひとりに慣れちゃったからなぁ。
きっと このまま ひとりよ ずっと(^_-)-☆

おもかげさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-06-26 18:57

Re: 穏やかな生き方:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんばんは。

わぁ かれんさん TVで観てたんですね。
とってもこころに残る ドキュメンタリー映画ですよね。

関連の書籍も 出てるみたいで
わたしもこれから 手にすると思います。
そうなの。
修一さん亡きあとの その後の英子さん 気になりますよね。

実は わたしは 修一さんのなくなるところが映像になっているとは
全く知りませんでした。
だから すごく驚いたし ショックだった。
でも 彼のお顔はとても穏やかで 英子さんのお別れの言葉や
その後の様子にも こころを打たれたの。
だから よけい 英子さん 今は どうしてるのかなあって思うのです。

そう いろんな意味で 人生のお手本だし 理想の姿のようにも思うの。
真似することはできないけれど
生きるヒントをたくさんもらえたから
これから じわじわと思い出しては 心がけてみたいです。
こつこつ ゆっくりの生き方を。
かれんさんもね こつこつ ゆっくり・・・ね。

かれんさん こちらこそ ありがとうございます。


名前: おり~ぶ [Edit] 2017-06-26 19:10

コメントの投稿