今日は 幸福について♪

この記事のきっかけは・・・
今朝の新聞 コラムに
ブータン人の幸福感についての記事が載っていたこと。

ブータン・・・
もちろん 行ったことはありませんが
ヒマラヤ山脈の麓にある国ですね。
皇室の眞子さまの訪問などでも 話題になりました。

そのブータン人の幸福感は
 「幸せの方程式」と言われているらしい。
幸せ=財/欲望
*財/欲望(欲望分の財 分数です)
幸せの量は 財産の量を 欲望の量で割った数値なんだって。
幸せっていうと つい 
財産を増やせば幸せにつながると考えがちですが
ブータンでは 分母の欲望をおさえる考え方をするそうです。

なるほど。
欲望をおさえられれば 財産が少なくても幸福。
他人をうらやむ感情も小さくなって 
自分のこころは幸せのまま。
ということは
ブータンには 「隣の芝生」という言葉はないでしょうね。 

日本にも 似たような考え方は ありますね。
そのコラムにも書いてありましたが
「足るを知る」という考え方 & 生き方 です。
ただ その哲学 国民に根づいているかというと どうかな?

だって わたしとて 自戒の言葉として あるいは
目標として 唱えておりますが これが なかなか・・・難しい。
まだまだ欲望のかたまりのような わが身には 
とっても 耳の痛いところです。

とにもかくにも
財を増やすより 欲望を減らすという 
この ブータンの幸福感
物質的な豊かさに代わる幸せの尺度として
注目されているようです。

     🍃

ところで
日本人の幸福感は どうでしょうね。

しあわせ 幸せ・・・
この本のタイトル 結構 インパクトあります。
「しあわせる力」
   👇
しあわせる力~禅的幸福論~ (角川SSC新書)

著者の玄侑宗久氏は この本の中で 
「しあわせ」の語源に触れながら 
日本人の幸福感について 述べているの。

それによると
「しあわせ」は もともとは 
「為合わせ」(しあわせと読む)と書いた。
「為合わせ」は 
自分がすることと誰かのすることを合わせること。
そこから「仕合わせ」という書き方になり 
やがて 「しあわせ」になったらしいのです。
つまり ひととひととの関係がうまくいくことを 
「仕合わせ」「しあわせ」と呼んだのですね。

さらに玄侑氏は 
「幸」(さいわい)の言葉についても 言及しています。
それによると 
「さいわい」は語源が「さきわう」そこから「さきわい」になり 
やがて「さいわい」になったらしい。
「さきわう」は 
にぎやかにいろいろな花が咲いている状態のこと。

ひとは ひとりでは 咲き賑わえない。
「さいわい」は やはり ひととひととの間で決まる。
とどのつまり しあわせになるには 人間関係力が大事で
その人間関係力が しあわせをつくる 
このように 氏は 述べているのです。

つまり タイトルにある「しあわせる力」というのは
人間関係力ということに なるのでしょうね。

   🍃

このとらえ方
わたしは すんなり受け入れられました。
やっぱり 日本人だからかな。

日本人が考えた「しあわせ」は 常に相手がいるのです。
ひととのかかわり ひととのつながり 
その中で うまく合うこと
合わせることと合わせてもらうことは 
幸せになる条件のひとつ
そういっても 言い過ぎではありませんね。

ただ お互いに合わせるのが幸せだとしても
一方が合わせたくても 片方が合わせようとしなければ
途端に合わなくなることもあるから
幸せは 相手次第でもありそうです。

そして
「めぐり合わせ」というような言葉もあるように
運や 偶然もあるから 
個人の努力を超えた力に左右されることもありそう。

さらにいえば
合わせることは 
合わせられなくなることの始まりでもあるでしょう。
だって 合わせているつもりでも
食い違い すれ違い ずれ はたまた 裏切りなどという
物騒なことにも陥ることがありますから。
そう 考えると
ひととひととが合う 合わせるところからくる幸せは
もしかしたら 不幸せとも隣り合わせ・・・かな。


でも でも 
ひとは 幸せを求めて
ひとと出会い ひととつながっていくのです。
もちろん わたしも 然り。

幸せは どこからくるの?
それはね
ひととひととのご縁によってもたらされる。

たとえ どんなに物質的に豊かであっても
ひととの あたたかいつながりを得られず
不幸せな気もちで生きていかなくてはならない
そんなこともあるような気がします。

ひとは ひとりで暮らすことはできても
たったひとりで 生きていくことはできない。
ひととのなかでこそ 生きることができるし
幸せを感じることができる・・・

幸せを求めていきます これからも。
ひとりものの わたしですから 
とりあえず 家族としての幸せはないですもん。
他人さまとの 出会いやつながりの中で
小さな幸せ 見つけます♪

玄侑氏のいう 「しあわせる力」磨かなくては。
ひととひととの合わせ方は
ほどよく いい距離感でね。

そして
ブータン人のように 欲望をおさえて 
もたざるところでの幸福感を尊ぶ
そんな暮らしや生き方 参考にしていこう。

今日も 
小さなしあわせ・・・ あるといいな💛


     おり~ぶ



🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



宝くじ・・・

聴覚は 最後の最期まで残る・・・

comment iconコメント ( 2 )

幸福感

ブータン訪問の眞子さまのニュースに心が温かくなりましたね。
私も良く幸福感について考える事があります
昔から一つも変わっていない思いがあります
結婚した時「6畳一間でもいいからお互いに信頼と思いやりがあれば
自ずから幸福感に満たされ幸せな家庭が築ける」と・・・
でもこの想いは一人だけ思っていても駄目ですね
この想いが一致していないと幸せにはなれないのだと
思いました。中々難しいですね・・・
今の日本は治安も良い方で幸せな国なのかなとも思いますが
息子達を見ていると仕事に追われ恋愛もままならず
これから先を考えると決して幸せな未来とは思えないようで
それが悲しいのですが・・・
心のゆとりが幸福感に繋がり小さな事にも幸せだと感じる人に
なれたらいいなぁと思います
おり∼ぶさんと一緒に私も小さな幸せ見つけて行きますね(#^.^#)

名前: ののはなかれん [Edit] 2017-07-06 09:01

Re: 幸福感:ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんにちは。

お互いの信頼と思いやり・・・
同感です。
それが もっとも大切な事ですよね。
両方が 思わないとね 相思相愛じゃないと
幸福感は味わえない ほんとにそうだと思います。

現実には いろいろと難しい問題が
たくさんありますよね。
社会全体にゆとりがなくなっている感じがありますから。
その中で 生きていく若いひとたちのこと
わたしも 憂うること ありますよ。

かれんさんの書かれた
「心のゆとりが幸福感に繋がり小さな事にも幸せだと感じる」
そんなひとに わたしもなりたいと思います。
お互い 小さな幸せ 見つけていきましょうね。
励まし合って♪

かれんさん ありがとうございます。

名前: おり~ぶ [Edit] 2017-07-06 10:20

コメントの投稿