朝から 青空が広がっています。
今夜は 天の川が 見られるのでしょうか。

789207.jpg

今日は 七夕・・・
勤務している緩和ケア病棟では 
毎年恒例の 七夕の会が 開かれます。

参加者は 患者さんと ご家族 ♪
デイルーム(病棟のリビング)に集って 
おいしいおやつを頂いたり
ちょっとした 手作業のワークをしたり
音楽を聴いたり
1時間ぐらいのひとときですが
お部屋を出て のんびりと季節の行事を楽しみます。

お部屋で過ごされる方のためには
ワゴンサービスで スタッフが 
小さな笹飾りやおやつをもって 訪問するんですよ。

病棟では
お正月の 鏡開きの会から始まって
節分 ひなまつり 端午の節句 夏祭り お月見 
クリスマス会 など 季節の行事が計画されています。
その間をぬうように ボランティアの方による
音楽のコンサートも開かれるの。
年間通じての これらの行事を
その時々に 入院されている患者さんは
とても楽しみにされています。

病棟にも 春夏秋冬 季節が流れ
そこに 優しく響く 音楽が流れている。
わたしも 行事の時は 裏方のお手伝いをしながら 
みなさんと 楽しい時間を過ごします。

デイルームに飾ってある笹の葉には
願い事の短冊が 色とりどり・・・
昨日 しみじみ読ませて頂いたら
それぞれ いろんなお願い事が書いてありました。

おじいちゃんの病気が 少しでもよくなりますように
一日でも長く 生きられますように
家族が元気で暮らせますように
また 旅行に行けますように
お勉強ができるようになりたい(お孫さんが書いたのかな)
         など など

そんな真剣な お願いごとに交じって
昨日の記事に書いたような 「宝くじがあたりますように」
不謹慎!?な 短冊もあります  これは わたし(^_-)-☆
でも それはそれで いいんじゃないかな。
病棟の七夕飾りだからといって 
決して 特別な七夕飾りでなくていい。
ごくごく ふだんの ふつうの 七夕飾り
そのことに意味があると思うから。

季節の行事は 患者さんが お家で過ごしていたら
ごく ふつうに 目にすること 耳にすること 体験すること
その ふつうのことを 入院中も味わって頂きたい。
入院生活は ある意味 特殊な日常だけれど
患者さんとご家族にとって 大切な大切な日常なのです。
できるだけ ふだんの日常の雰囲気・・・
その雰囲気作りは とても大事なことだと思うの。

七夕の会は 午後からです。
わたしは 主に お茶やおやつを運ぶ係。
今日は エプロンをして お手伝いします♪
患者さんとご家族 おひとりおひとりに お声をかける。
笑顔でね (^_-)-☆

    🍃

七夕の会のお手伝いも 今年は11回目。
病棟に勤務してから 10年が過ぎました。

折にふれて
これまで 出会ってきた 実にたくさんの方々のことが
思い出されます。
出会いがあって 別れがあり また出会う。
まさしく 一期一会の出会い あり。
5月に ✏ 追憶のひと の記事でも書きましたが
患者さんやご家族に ほんとうにたくさんのことを
教えて頂いています。
生きるということ 支えるということ
死ぬということ 遺るということ
病棟は わたしにとっては 働く場であり
学びの場なのです。

    🍃

どこか幻想的な星々の世界にまつわる 七夕・・・という日
あらためて 出会いと別れを思い出し
感慨にふけっているわたしです。


七夕のころ

     金子みすゞ

風が吹き吹き笹藪の
笹のささやきききました。

伸びても伸びてもまだ遠い
夜の星ぞら 天の川
いつになつたら 届かうか。

風がふきふき大海の
波のなげきをききました。

もう七夕もすんだのか
お空の川もうすれるか。

さつき通つた旅びとは
五色のきれいな短冊の
さめてさみしい 笹の枝


風が吹く・・・
聴こえてくるのは 笹のささやき 波の嘆き
星空から 海へと視線が動き
その目は 再び 星空に・・・
まるで 自分が 空から海 また空へと
風に吹かれているような感じがしてきます。
はるか 天空に見える天の川を
旅人が渡っていく 手には 笹飾りを握って・・・

そんな情景が浮かんできて
ちょっぴり 切ない気もちになります。
 
「さつき通つた旅人」という言葉・・・

さつき通つた旅人・・・
この旅人は わたしが出会った
今は亡きひとびとだろうか。

「生きる」願いを 短冊に書いて
旅だっていかれた ひとびとだろうか。
最期まで いのちを輝かせ その人生を全うされた
尊いひとびとだろうか。
そんなふうに感じて 
何だか 胸の奥が熱くなってきます。

出会った方々の思いや願いが
また あらためて わたしの脳裏に浮かんでくる。
生きる
生きようとする思いの強さ・・・
あるいは また 悟りともいえるような
生と死への達観した思い

様々な方々が その生と死とを見せて下さった
そのことに報いるためにも
しっかり生きねばという思いが湧いてくるのです。

ふと 思えば
わたしも 旅人
まだ 天の川は渡れない 人生の旅人です。

この旅を どのように生きるのか
それは 旅の道中 永遠の課題です。

まずは 今日一日の旅をしっかりね♪

地道に 丁寧に・・・生きる 💛


   おり~ぶ



今日も おつき合い下さいまして ありがとうございます  

お知らせ
本日は コメント欄 お休みしていますm(__)m

🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村




追憶のひと

わたし 男に見えたかも・・・

宝くじ・・・