Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

相手のいない ひとりカフェ・・・実はね。

Category - ブログ
今日の話題は
相手のいない ひとりカフェでのできごと。
でも 
特に 何かが起こったというようなことではないの。
実はね・・・ 
 
      🍃

その前に 昨日の流れを書いてみると・・・

朝歩きのあと 朝食 ブログ その他諸々を終えて
ひたちなか市の義姉の家へ
今日が長兄の月命日ですが 一日早くお参りに行きました。
義姉宅で 混ぜご飯のお昼をごちそうになり
その足で 12時50分からの 朗読スタジオのため
水戸芸術館へ

隣市からの移動は ちょっとだけ時間がかかります。
水戸芸術館は 水戸市のど真ん中
朗読スタジオは 遅刻厳禁です。
義姉とあれこれ おしゃべりしてしまい
時間ぎりぎりになってしまった(>_<)
 
焦って 焦って はぁはぁ言いながら入館したので
間に合うかなぁと どきどきでした。
先生より遅かったら どうしよう(>_<)

でも 大丈夫だった。
わたしが 席について2分後に 先生登場。
昨日のテキストは 
歌舞伎「白浪五人男」の弁天小僧菊之助の科白
慣れない言い回しだけど 意外に面白く取り組めました。
レッスンの終わったのが 15時30分。

この朗読スタジオの稽古が終わると 
土曜日のすべてが終わったように 脱力しちゃう。
素人ながら より高みを目指さんとするレッスンは 
楽しいけど 緊張する。
あるいは 緊張するけど 楽しい・・・どっちだろう。
後者だね きっと。

「お疲れ様~ またね」と 朗読仲間と別れて 
ひとり 駐車場に向かおうとして ぽっとこころが動いた。
喉かわいちゃったから なんか飲んで帰ろうかな。
確か前回は 運転中に思い立ち 
レトロカフェに寄って 柚子スカッシュを飲んだのだぁ。
朗読スタジオ帰りの ひとり寄り道
なんだか癖になっちゃったかしら。

昨日は 水戸芸術館を出た後 すぐ思い立ったので
水戸で唯一のデパート 
いわゆる 百貨店内のカフェに行こうと決めた。
徒歩5分のところだから。

     ☕

ここからが 「相手のいないひとりカフェ」・・・

そのカフェ 結構 好きなんです。
もともとが 珈琲の専門店 ☕ 
ちょっと素敵な飲み物も あったりするの。
わたしは あまり珈琲は飲まない方だけど
嫌いというわけでもなくて 珈琲の香りは 好き。
ただ わたしの胃と相性が悪いみたいなんです。
飲みすぎなければ大丈夫なんでしょうが 
以前の体験から できるだけ 飲まないようにしているの。

店内は 買い物途中 & 買い物帰りのようなお客でいっぱい。
狭いお店だから すぐ満席になっちゃう。
わたしの前にも待っているひと達がいて 
しばらく待合の椅子で スマホ 見てました。
ブログ村散策♪

まず 自分のブログをチェック。
投稿できているのは確認したけど 
よく読んでいなかったから
あらためて じっくり 文字を追いました。
何度も見なおしたつもりでも
修正箇所が見つかること 多々あり。
この時は 直さなかった。
間違いがあっても 気づかなかったかも。

なんてったって
午前中から 朗読スタジオが終わるまで
スマホも見てませんでした。
電話もラインも携帯メールも着信がなかったからね。
それより 朝から 何となく慌ただしくて 
ブログ村のお散歩も 全くできませんでした。

自分のブログを読み終えたところで
わたしの順番がきて 入店。
二人掛け用の丸テーブルに着席しました。

珈琲じゃない飲み物 何がいいかなぁ。
・・・これを 注文しましたよ。
フルーツ・アイスティー おいしそう♪

DSC_0802.jpg

アイスティーの向こうに 椅子の背もたれが見えるでしょ。
そう まぎれもなく わたしはひとりでカフェにいますよ~
真向かいの席には誰も座ってません。
ただ 椅子が わたしに向いて そこにあるだけ。
寂しいわけじゃないけど またしても ひとり(^_-)-☆
まあ その雰囲気が好きで ひとりで来たんですけどね。
もし 相手がいれば それはそれで 楽しいけど・・・

アイスティーを頂きながら
またスマホを出して 今度はPCのメールをチェックしました。
時々 友達からメールが来ていたりするので
PCメールもチェックしなくては。

そしたら 何と!! 
FC2ブログから 
「コメントが届いています」メールがきているではないか。
そういう設定にしてあるので FC2の管理場面にいかなくても
メールをみれば コメントの内容がわかります。
ちなみに わたしのブログは 
コメントについては承認制にしてあるので 
未承認の間は 表示されない仕組みです。

コメントは おふたりから 頂いていました♪
おひとりは 初めてコメントを寄せて下さった方 
もう おひとりは 
いつも コメントを入れて下さる ブログ友達さん ♡

FC2からのメールの中で 
急ぎ コメントの文章を拝見しました。
・・・おふたりのコメントの言葉が とてもあたたかく 
いつにも増して すご~くすごく うれしかった♪
ひとの目もはばからず にこにこ にやにやしちゃいました。
相手のいないひとりのテーブルで時間を費やしている
そのシチュエーションが 
ぱっと ほんわかとした空気に包まれた
そんな感じです。

小さな丸テーブルには わたしひとりじゃなく 
あとふたつ椅子があって あたかもそこに おふたりが
座っていてくれるような感覚といったらいいのかな。
とにかく 
誰かと一緒にいるような あったかい感じがしたのです。

わたしは すぐにでもコメントのお返事を書きたくなった。
スマホに入れたFC2アプリの管理画面から
コメントの返信はできるけど・・・
その場ではやめました。
スマホで文字を打つのは まどろっこしいから
落ち着いて文章が書けない。
それに わたしの場合は 
やっぱりキーボードじゃないと ちゃんと書けないなぁ。 
PCからじゃないと無理だわ。
コメントのお返事 こころを込めて書きたいの。
帰宅してから お返事を差し上げることにしました。

     🍏

先ほどのフルーツ・アイスティーは 
シロップをいっぱい入れて おいしくおいしく 頂きました。
りんごやオレンジなど 生のフルーツも 冷たくていい感じ。

おふたりのコメントのおかげで
美味しさ倍増 というところです。

ふと 気がつけば お店の中には 
ひとりで過ごしている女性が数人 見受けられます。
シニアらしきひともいて それぞれ 読書したり 
スマホを見たりしながら ゆっくり珈琲を飲んでいました。

みな それぞれ そのひとだけの ひとりの世界・・・
わたしは?
わたしも ひとりの世界だけど・・・ ひとりじゃなかった。
こころの丸テーブルには 椅子が もうふたつ
確かにありましたよ ルンルンルン♪
もちろん コメントを下さった おふたりの椅子💺

そして その椅子の周りには
ブログを読んで下さっている方々の
そこはかとない気配を感じます。
目には見えないけれど
わたしのこころの声が 教えてくれてるの。
この記事を読んで下さっているあなたの気配・・・
お立ち寄り頂いて
本当に ありがとうございます (*^-^*)

と いうことで
相手のいなかった ひとりカフェ
実は ひとりじゃなかった・・・というお話。
                     おしまい m(__)m

くもこブログ楽しい

                ・・・💛・・・
    
        おり~ぶ


今日も おつき合い下さいまして ありがとうございます  

お知らせ
本日は コメント欄 お休みしていますm(__)m


🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です💛
   👇
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



Category - ブログ