Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

知らず知らず 偏ってくる。

Category - with aging
もう土曜日 また土曜日 うれしい土曜日

確か 先週の土曜日にブログに投稿したのは
花の金曜日の様子を書いた記事でした。

今日の記事も まずは昨日のことから・・・

退勤後の夕方 
実は 巨大商業施設の宝くじ売り場に行きたかった。
先週買った 人生初のロト6 
日曜日が抽選日だったから
ネットでチェックしていたら・・・
何とまぁ 当たってたんです。
5口で1000円 買って 1口だけ 5等が当たったの♪
5等は1000円
ということは プラマイゼロなんだけどね。
損はしなかったということで まずまずよ。
だから 当選金はどうやって受けとるのか
宝くじ売り場に行きたかったわけ。

でも 昨夜は いろいろとやることがあって
宝くじ売り場行きは 断念しました。

実は
日曜日に 【大人のための絵本セラピー】の予定あり。

大人のための絵本セラピーって 何?
聞いたことないよとおっしゃる方
まだまだ多いかと思われます。
以前 こんな記事を書いていまので
未読で お時間のある方は よろしかったら ぜひぜひm(__)m
   ☟
大人のための絵本セラピー

大人のための絵本セラピーは
絵本を通したコミュニケーションによる
気づきと癒しのワークショップ・・・

どんな絵本を使うかは ほぼ決まりつつあるのだけれど
もう一歩 詰めないとね。
プログラム作りと 準備・・・
そのためには 時間が必要だから
「今日は花金だぁ」と ゆっくりしていられなかったの。

    📖

入浴 夕食 後片付けを とんとんとんと済ませて
いざ いろいろと 絵本を並べて にらめっこ。
頭の中では あーでもない こーでもないと
知恵をしぼるのだけれど だんだん行き詰ってくる。

注意散漫になってきたので 気分転換。
何かいい情報ないかなぁと
SNSの 絵本仲間の交流ページに行ってみた。
すると ちょうど 
絵本セラピスト協会の代表が投稿したところだった。

この本を書いた方です。 
   ☟
大人のための絵本セラピー 絵本はこころの処方箋

彼の投稿から・・・

どれだけたくさんの視点をもてるか
どれだけ視野を広げられるか
そこが分かれ目
いつもいつも 同じような情報源に触れていたら
知らず知らず偏ってくる
意識して 視点を増やしに行こう
自由に生きるためには
視野を広げて 選択肢を増やすこと考えなきゃ。


ほんと 当たり前のことなんですよ。
書いてあること。

でも 誰が それを書いているかで 
言葉の重みが違ってくる。
代表の言葉は まさしく それなんです。
「大人のための絵本セラピー」というワークを
考え出したひとだからね
わたしにとっては 彼の言葉が
ダイヤモンドのように 輝く言葉になってしまう。

投稿された言葉の中で
わたしが ドキッとしたのは

知らず知らず 偏ってくる・・・というところ。

それで 頭に浮かんだのは
なぜか 自分のブログ記事のことでした。

わたしは 昨日 
ヤマユリのことを書いたのですが
その記事内で 昨年書いた やはり同じように刈り残された
アザミの記事を 紹介しました。

去年も 今年も 同じようなことを書いていた・・・

まぁ 日記ブログだから それでOKなんです。
それに
同じ人間が書いているのだから
同じような視点で 同じようなことをリフレインするのは
当然と言えば 当然のこと。
その見方 とらえ方 書き方が わたしの個性といえなくもない。

でも その視点だけが わたしらしさと決めつけて
自分で満足してしまっていないだろうか?
ふと そんなふうに思った次第。

ひとつのものの見方にこだわって 凝り固まって
他の多様な見方ができなくなっているかもしれないな。
そんな気がしたんです。

例えば 読もうと手にする本 一冊だって
好みの域を出ないもので 満足している。
自分の嗜好と違った本の中に
全く別の
素晴らしい出会いがあるかもしれないのにね。

年齢を重ねて 
関節や筋肉の柔軟性が低下してきているように
わたしの頭も偏って 固まって
柔軟性が なくなってきているかも。
考え方の癖のようなものも 
がんこに身についているかも。

例えば こんなとこ・・・
固定観念から 型にはまった考え方をしていることがある。
思い込みの強いところがあり それで失敗することがある。
何かひとつのことにこだわってしまい 
前に進めないことがある。
                 etc

わたし もともと そんなところがある上に
疲れた時の肩凝りのように
パツンパツンに 凝り固まっている
そんな感じの見方や考え方をしている時 ありますもの。

知らず知らず 偏ってきているのは 確かです。

頭がカチカチでは 新しいアイディアは生まれない。
絵本セラピーのプログラムをつくりながら
あらためて 身に沁みます。
柔軟性のなさ。

    🌻

とりあえず 視野を広げて 考えてみるか
ということで
意識して 視点を増やしに行こう・・・
これを 実行してみました。
といっても 身近なところです。
今 わたしにとって 最も身近な情報源♪

ブログ村で 絵本のカテゴリー 探したの(^_-)-☆
何で 今まで 思いつかなかったんだろう。
ほんと 頭が カチンコチンだわ。

そしたら 何と 
「絵本・児童書」のカテゴリーがあったんです。
そして その中に ひとつだけ見つけた。
絵本セラピストさんのブログがあるではないの。
これには うれしいやら 感激するやら♪
その方のブログ 過去記事まで読みふけり 
ただただ 時間が過ぎていきました。

結局 絵本セラピーのプログラムは
未完成と相成りましたが
ひとつ 重要なポイントを見つけることができたの。

それは
大人のための絵本セラピーを受ける側の
そのひと達の立場に立って
考えるという 最も大事な事。
相手の立場に立って 絵本を選び プログラムを作る。

それって あたりまえのことなんだけど
意外と忘れてしまうかもしれない。
自分が 何の絵本を読みたいか
何を伝えたいか
そればかりを 自己中心的に考えていくと
相手のためじゃなく 
自分だけのための絵本セラピーに陥ってしまう。
それじゃ 自己満足だけで終わっちゃうよ。
「セラピー」とはいえなくなります。

ああ そのことに あらためて気づけてよかった。
相手の立場に立って考えられるというのも
視野を広げたことで得られた 柔軟性だと思うから。

      📖

知らず知らず偏ってきて 柔軟性がなくなってくる。
それも 老化と いえなくもないかな。
でも そんな状態は できるだけ遅らせたい。
これ以上 老け込んではいられない 老け込みたくない。
わたしの脳

だから 意識して 視野を広げること しなくちゃね。
これが自分のものの見方・考え方と 決めつけず
自由自在に 多様な視点から考えられたら素敵だわ。
まあ そんなとこまでは 望みようもないけれど
少なくとも 
視野を広げて 柔軟な見方ができるように
自分なりの努力はしていきたいな。

例えば
今度 手にする本は 全く読まなかったジャンルのもの
その程度の チャレンジだけでも する価値 あるかな。
ブログ村のお散歩も
行ったことないカテゴリーにも たまには訪問してみましょ。
そんなところから ぼちぼちね。

知らず知らず 偏ってきてる・・・
まずは そのことを意識することから。

ダメよ ロト6当たったから また買おうかな
そんなことばっかり 考えていたんでは (^_-)-☆

        ♡

 
       ✏ おり~ぶ



今日も お運び下さいまして ありがとうございます  

お知らせ
本日は  コメント欄 お休みしていますm(__)m


🌻ランキングに参加中~
あなたからの応援ポチッにも すご~く励まされてます。
ありがとうございます 感謝 感謝です

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ


にほんブログ村



Category - with aging