Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

真っ黒な顔をした おっちゃんのこと。

Category - 思いあれこれ
真っ黒な顔をした おっちゃん
少し正しくいうと 真っ黒に日焼けした顔の おっちゃん。
厳密にいうと 真っ黒ではなく
それぐらい 日焼けした顔の おっちゃん。

おっちゃん おっちゃんと 3回も書いて
いったい 誰よ~。
おっちゃんが 何なのさ。
早く 本題に入れば! と言われそうですね。

では そのおっちゃんのことを 少しだけ綴ります。

もったいぶるほどの おっちゃんではないのです。
わたしとは 赤の他人。

月に一度 月末に 資源物を回収にくる おっちゃんなの。
なぁんだといわず しばし おつきあいくださいませ。

このおっちゃんを わたしは ちょびっと リスペクト♪

彼は 歳の頃なら 50代???
小柄で 丸い顔 
あんまり日焼けしていて 
お顔のパーツの良しあしは わからない。
いつも野球帽をかぶってます。

いつの頃からか もう数年になりますが
彼は グリーン回収便という リサイクル業の車で
わたしの住む地域にやってくるようになりました。
新聞紙 段ボール 本などの古紙回収をしています。

うちのほうでは
資源ごみは 各自 月2回ゴミ集積所にもっていって
そこに 市の回収車がくるのですが
わたしは ずっと おっちゃんの回収便を利用しています。

ゴミ集積所までは 50mあるかないかですが
やや坂道で 重い新聞紙などを運んでいくのが大変なの。
おっちゃんの車は 前の道路を徐行しながら
門口に置いてあれば もっていってくれるから 
わたしは 楽チンです。

新聞紙や段ボールは きちんとひもでしばり
駐車スペースに置いておきます。
だいたい午前中には 回収便がきて 
トラックの荷台に載せてもっていってくれるの。
留守にしても 全く問題なし。

そして ちょっとうれしいのは
トイレットペーパーを 置いていってくれるのです。
古紙として出した量に応じて 1~3個。
門扉のそばのテーブルに ちょこんとのっていたり
雨が降りそうなときは 玄関先の濡れない所に
置いてあったりします。

それといっしょに置いてあるのが
翌月の回収日を書いた 小さなお知らせプリント。
そこに こんな手描きの絵が書いてあります。

DSC_0973.jpg

帽子をかぶっているひと おっちゃんよね。

おっちゃん おっちゃんと書いていますが
実は 彼が自らを 「おっちゃん」と言ったからです。
回収にきても たまにしか顔を合わせないから
話をしたことはありません。
数回は 声をかけたことがありますが
「お世話様です」「どうも~ またお願いしますぅ」
そんなやりとりだけ。

ある日 雨が朝から ぽつぽつしていた回収日。
雨の日は 古紙が濡れてしまって 困るでしょ。
くるのかどうか 聞きたくて 思い切って電話をしたの。
いつものお知らせプリントには
おっちゃんの名前と電話番号が書いてあった。

「はい もしもし」とおっちゃん。
「あの~ 雨模様だけど 〇〇町の方に回収便来ますか?」
「ああ いくでぇ おっちゃんは 雨でも行きますよ」

この電話で 彼が 関西出身の方だなと思ったの。
しかも 自分のことを「おっちゃん」というから
その時から わたしも 「おっちゃん」と認識した次第。

おっちゃんは 家々の門口に出してある古紙を見つけると
トラックの助手席から降りてきて(運転手は別のひと)
やおら 古紙を持ち上げて 荷台に載せる。
載せ終わったら トイレットペーパーをもって
家々の玄関先に 置いて回る。
その素早さは 目を見張ります。
なんと機敏な その動き。

おっちゃんは 走る。
おっちゃんは 運ぶ。
おっちゃんは 載せる。
そして
おっちゃんは 走り去ります。
大汗かいて 一生懸命 働きます。
額に汗して働く姿の尊さ
そんな姿に リスペクト♪ というわけ。

車を走らせていると たまに
グリーン回収便の車を見かけることがあります。
グリーン回収便という名のごとく
グリーン 深緑色に塗られた小型トラックなので
結構 目立つのですよ。
「あっ あの おっちゃんかしら?」と見ると
おっちゃんのこともあるし そうでない時もある。
おっちゃんの時は ちょっとうれしくなる♪

おっちゃんは 今日も どこかの町で
古紙を回収しているかもしれません。

    ♪

おっちゃんのお話は これで おしまい。
読んでくださって ありがとうございました。

     *

ブログ村のカテゴリー
今月から エッセイ・随筆のカテゴリーにも参加いたします。
エッセイ・随筆カテゴリーのみなさま 
お仲間に入れてくださいませ。
どうぞ よろしくお願いいたします m(__)m

     *

今日は ついたち 9月の始まりです。
9月は 夜長月 長雨月 穂長月とか。

あなたにも
わたしにも
こころ豊かなひとときが  訪れますように ♡

        ✎ おり~ぶ

 本日も お運びくださいまして ありがとうございます 



🌻ランキングに参加しています🌻
あなたからの 応援ポチッで 元気100倍 (^^)/
いつも ありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

 

Category - 思いあれこれ

4 Comments

おもかげ  

今月から奇数日が更新日になるんですね~一日おきでも毎日書くのとは気持ちに余裕が出来るしお仕事されているから時間の余裕が出来ていいんじゃありませんから!ま、奇数日に拘らなくてもって言ってもおり~ぶさんのことですから言わないことにしておきますね~

私も最近は一日おきでです‼私の場合は毎日書くネタがないのと更新の時間を他の時間に使いたいと思うからです~無理をせず続ける事が一番ですからね!

うちのお隣さんも個人の回収の方が取りに来ています~トイレットペーパーを置いていっているようです~

個人と市の回収の違い自体知らないでいますが私はうちの駐車場横の指定ゴミ置き場に毎週置いています~ほとんどがそうしています。

2017/09/01 (Fri) 14:40 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: おもかげさんへ

おもかげさん こんばんは。

そうなんですよ。
わたしって 妙なところでこだわるの。
でも
奇数日って決めたら こころのスペースがぐっと空きました。
無理せず ゆっくり続けていくつもりです。

おもかげさんも 一日おきですね。
おもかげさん ブログの他に いろいろと
楽しみをおもちだから 時間の配分は重要ね。

やはり そちらにも回収業者さん 来てるのね。
でも おもかげさんちのすぐ横に 市の回収車がくるのなら
そのほうが 便利ですよ♪

おもかげさん ありがとうございます。

2017/09/01 (Fri) 17:53 | REPLY |   

ののはなかれん  

50代(*'ω'*)

おっちゃんと言うので高齢者かと思いながらいたら
50代なんですね(*^▽^*)

私も北海道から兵庫に引っ越した時は
スーパーに行って店内で
主婦の会話や子供と話すお母さんの会話を聞いて
なんだか日本ではなくて海外に来たような気分でした

それも最初だけでしたが
パートに出てからは何かと言葉の事が話題になりました
地元の人が多い田舎町(一応は市だけど)なので
他県から来てる人が珍しいみたいでした

その時に社内でよく「おっちゃん」って言葉を耳にしました
私も分からない言葉があると良く聞きましたよ

真っ黒に日焼けしたプロの廃品回収のおっちゃんの
姿は眩しいですね(*^▽^*)おり~ぶさんに強い印象を
与えたのですものね(#^.^#)

がんばれ!おっちゃん!(*^▽^*)

2017/09/02 (Sat) 09:04 | EDIT | REPLY |   

おり~ぶ  

Re: 50代(*'ω'*):ののはなかれんさんへ

ののはなかれんさん こんにちは。
コメント ありがとうございます。

おっちゃんの年齢は わたしの想像です。
それぐらいかなと。
「おっちゃん」って わたしには 関西的にきこえるんだけど
実際は どうかわかりません。
その地方 地域で 言葉っていろいろだからね。
わたしは 関東にしか住んだことがないので
関西の言葉は とても新鮮。
おっちゃんとの電話のやりとりが そうでした♪

かれんさんは 兵庫にもいらしたから
言葉の違いを 実際の暮らしの中で経験なさったのね。
兵庫は かれんさんの第二の故郷かしら。

おっちゃんにとっても ここが第二の故郷かもね。
ほんと これからも元気で 古紙回収に来てほしいです。

2017/09/02 (Sat) 16:59 | REPLY |   

Post a comment