Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

ご近所友の涙

Category - 友達
昨日の夕方のこと
仕事の帰り
徒歩で帰宅途中
ご近所友のMちゃんに
ばったり出くわした。

Mちゃんは
わが家から150M位の所に
住んでいるけれど
会うのは ごくごくたまに。
交流を初めて 15年ぐらいに
なるけれど
会う頻度は きわめて低い。
よほどわたしが暇な時
散歩の途中でおじゃましたり
時々 道端でおしゃべりする程度。

彼女は離婚歴があり
子どもさん達も独立しているので
ひとり暮らし。
65歳で会社勤めをやめてからは
畑で野菜を作ったりしながら
フリータイムを楽しんでいる様子。

Mちゃんとわたし
60代のひとりもの同士
わたしは 彼女に
そこはかとない親しみを
感じてます。

その彼女が
前から歩いて来る。
夕方の散歩に行くところだろう。
散歩から戻ったら
すぐ入浴する習慣だと
以前あった時 話していたわ。

わたしは
「散歩?行ってらっしゃい」
と声をかけると
「うん」と 何だか小さな声。
いつもは元気印のひとなのに
どうしたのかしら?
心なしか 表情も明るくない。
「元気?」
「元気じゃないのよ」と。
「どうかしたの?」と聞くと
「それがねぇ」と話し出した。

彼女の話・・・
仲良くしている従姉の方が
一週間ほど前に
交通事故で亡くなったと。
80歳のその方が
事故に合う前日に
たまたまMちゃんの家に
遊びに来ていて
今度花見のドライブをしようと
約束していたというのだ。
80歳とはいえ
かなり元気はつらつとしていて
もちろん車も運転するし
とてもアクティブなひとらしい。
事故に合ったのは
早朝の散歩のとき。
足腰が丈夫でいたいと
いつも散歩を欠かしたことは
なかったらしい。
あまりに痛ましい出来事に
わたしも言葉を失った。

「これからも元気で
いろんなところへ行こうねって
話してたのに
突然そんなことになるなんて。
もう二度と会えないんだと思うと
悲しくて 悲しくて」

Mちゃんの目から
涙がはらはらと流れ出た。
顔をゆがめてむせびなく
Mちゃん。

いつもは快活に話す彼女が
打ちひしがれて 流した涙。
彼女の涙を
わたしは 初めて見たのだ。
この十五年間で初めて。

わたしは 
もらい泣きしながら
ただただ聴いていた。
話したいのだもの Mちゃんは。
聴いてもらいたいのだもの
今 このわたしに。

ひとしきり
様々な思い出など話した後
Mちゃんは 涙をぬぐいながら
「突然いのちを断たれた従姉の
無念を思ったら
悲しんでばかりいられないよね。
従姉を思い出しながら
わたしは
元気に生きていかなくちゃって
思う。
今度のことで人生っていつ
どうなるかわからないんだって
あらためて思ったしね。
聴いてもらってありがとね」
そう言って
ぬぐった目から またはらりと
涙が出た。

歩き出したMちゃんの後ろ姿を
お悔やみの言葉とともに
見送ったわたし。

実は わたしも
先月 叔母をなくしたあと
偶然 家の前でMちゃんに会ったの。
彼女 その時も散歩の途中。

「久しぶりね 元気だった?」
そう聞く彼女に
わたしは 自然に叔母のことを
話し出していた。

叔母のことは ブログに書いて
あなたに読んで頂いたけど
他のひとや友達に
詳しく話したことはなかったの。
でも Mちゃんに「元気だった?」
と問われて
「元気じゃなかったの」と
思わず 正直に答えていたわたし。

その時は いろいろと彼女に
聴いてもらったんです。
「大変だったねぇ」と言ってくれた
彼女の言葉に何だかとても
癒されたれた あの時。

そういうことがあったので
彼女も 従姉さんのこと
話したくなったのかもしれません。

彼女もわたしも
「ねぇ 聴いてよ」と
訪ねていったり 電話をしたり
そういうおつき合いまでは
していない。

でも
こうして道端で偶然会って
話をしたり 話を聴いたりして
大切なひととお別れした悲嘆を
分かち合うことができるなんて。

絶妙なタイミングで
同じようなことを体験したふたり。

ご近所友だからこその
程よい距離感で
想いを共有することができた
こんなご縁に
あらためて感謝した出来事でした。

ネモフィラ

これからも
Mちゃんとは
つかず離れず 何か月も会わず
そうしていても
また ふと道端で
時には
大事な話をするかもしれない。

ゆるゆると
細く 長く
おつき合いしていきたい
ご近所友達 ♡



 ✐ おり~ぶ


お立ち寄り下さって
ありがとうございます。
おもに奇数日に投稿してます
また ぜひぜひ  

ブログランキング♪
60歳代カテゴリーにも参加しました。
よろしくお願いいたします。

応援して頂けると 
すっごくうれしい!(^^)!











web拍手 by FC2


応援 ありがとう(^^)/~~~

thanks.jpg

Category - 友達