Welcome to my blog

わたしといっしょ♡

Article page

朗読の稽古日でした。

Category - 朗読
水戸芸術館主催の.「朗読スタジオ」の稽古。
4月から12月.
毎月.第2・4土曜日に開催されています。

DSC_0164.jpg


一般市民向けの講座で.
読み聞かせや朗読・演劇活動を行っている人.
わたしのように.
単に朗読に興味のある人などが.参加しています。
とにかく.みーんな.朗読が好き♡です。

213667.jpg


朗読スタジオに参加して.2年目。
午前と午後の部がありますが.
わたしは.午後のチーム(10代~70代の男女.30人)。
様々な個性の仲間達から.大いに刺激を受けてます。

講師は.東京で.劇団を主宰されているJ先生。
朗読に関しては.とっても厳しいけれど.
それは.朗読を.誰よりも愛するがゆえ。
人間的な魅力にもあふれた方です。

本日も.開口一番.
「朗読とは.愛の行為である。
読み手の感動を.観客に渡して.その感動を共有する。
だから.読み手の細胞が寝ていては.ダメ。
唱えるのではなく.渡すのです」
と.話されました。

ふだんの稽古でも.
●読み手の内側で感じることが.表現になる。
 感じなければ.伝えられない!!
●想像力の引き出しを.たくさんもて。
●読むのではなくて.話すように。
●身体を変えると.意識がかわり.表現が変わる。
など.など.たくさんのお言葉!!


ところで.
今年のテキストは.O・ヘンリー短編集📖

O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)

本日の作品は.「最後のひと葉」
子ども時代に.教科書で読んだことのある物語。

テキストを手にしてから.2週間。

わたしは.前回の作品では.
「声を張りすぎているから.細かいニュアンスが伝わってこない」
と.指導されたので.
今回は.声を前に出すことよりも.
場面や人物の心情を想像しながら.
話すように読むということを意識して.
練習していきました。

緊張して.身体が硬くなり.
声を張りすぎてしまうのだろうと思ったので.
自分の順番がくるまで.
(いつ.どこを当てられるか.わからないんです)
リラックスする呼吸法を続けて.
本番!?を待ちました。

「〇〇さん」と.J先生の声。

来たぁ (>_<)

*ジョンジーは.窓外の壁に見えている.最後のひと葉が落ちたら.
 自分は死んでしまうと.生きる気力を失っていた。それを聞いた
 老画家のベアマンは.風雨の中.命がけで.壁に最後のひと葉を
 描いたのだった。そのことを.ジョンジーの友達・スーが.ジョンジー
 に伝える場面で.この物語は終わっています。

その.最後の場面をよむことになりました。

「あのね.ジョンジー聞いて。ベアマンさんが肺炎になって.
今日病院で死んだの。二日ともたなかった。昨日の朝.
下の部屋で苦しがっているのを.管理人さんが見つけたのよ。
靴やら着てるものやら.ぐしょぬれで冷え切ってたんだって。
あんな荒れた夜に.どこへ行ってたのか.見当もつかなかったらしいわ。
それからまだ.明かりがついたままのランタンと.
物置から引っ張り出してきたはしごがあって.
絵筆が散らばって.パレットには.緑と黄色の絵の具が混ざっていた。
ねえ.窓の外を見てよ。最後の葉っぱが.壁に残ってるでしょ。
おかしくない?
あれだけ風にさらされて.ちっとも動かなかった。そうなのよ.
あれが.ベアマンさんの傑作・・・
最後のひと葉が落ちた夜に.ついに書き上げたんだわ」

家で練習している時は.
この場面で.いつも涙が出てしまいます。
ここが当たったら.どうしようと思っていた場面・・・

リラックス.リラックスと念じながら.
とにかく.スーの気もちになって!!と
椅子から立ち上がり・・・
よみました。

読んでいる時.はからずも.涙は出ませんでした。

「まあまあ.伝わってきたかな。
でも.もっと.スーの気もちに入り込んで!!
あとは流れに任せて.もし涙声になりそうなら.それはそれでいい」
という.J先生のコメントを聞いていたら.
その時になって.じわっときて.泣きそうになってしまった (-_-;)
終わって.ほっとしたせいかもしれません。


朗読は.聞き手がいてこその.表現活動。
聞き手に.
何を伝えるのか. どうしたら伝えられるのか。
何を渡すのか. どうしたら渡せるのか。

J先生の教えを.
自分の仕事にも当てはめて.受け取っていることに
気づくことがあります。

相談者の思いを聴く. 共感し.共有する. 伝える・・・は 
わたしの仕事上の.重要なテーマですが.
朗読という表現を学ぶことによって.
それらのことを.
より深く.考えるようになってきているなあと.
感じています。

     📖

朗読スタジオの.この椅子は.
わたしを磨く.こころの場です。

DSC_0206.jpg


  最後までお読み頂き.ありがとうございました。

     ✐おり~ぶ





















Category - 朗読