早朝 ふと.立ち止まった。

田んぼのあぜ道に.この姿・・・

IMG_0422.jpg

アザミです。
まだ.つぼみ・・・

なぜ.わたしの目にとまったのか。

田んぼのあぜ道は.草が伸びすぎると
農家の方が.刈り払い機で草刈りをするのです。

ちょうど.きれいに刈り込んだあと。

このアザミだけ
刈り取られずに.すくっと立っていたのです。
力強いでしょ。

ここからは想像ですが・・・

農家の方 仮に.いちろうさんと呼ぶことにします。

いちろうさんは.汗をぬぐいながら
刈り払い機を動かしている。
田んぼのまわりを.ぐるっと刈るのですから
大変な作業です。
グーングーンと進んできたら
おやっと思い.思わず機械を止めた。

アザミだなあ。
いちろうさんは.もちろん名前を知っていた。
里山には.結構見られる花だから。

まだ.つぼみじゃないか。
刈り取るには.忍びないなあ。
そう.思って
周りの草だけ.慎重に刈りとっていった。

と.こんな筋書きかなあ!?

いちろうさんは.昭和生まれ。
こんな歌が.頭をよぎったかもしれません。

あざみの歌 
      作詞 横井浩 作曲 八洲秀章
      (昭和24年.NHKラジオ歌謡で全国に放送)

山には 山の憂いあり
海には 海の悲しみや
まして こころの花園に
咲きし あざみの花ならば

高嶺の百合のそれよりも
秘めたる夢も ひとすじに
くれない燃ゆる その姿
あざみに 深きわが想い

いとしき花よ 汝(な)はあざみ
こころの花よ 汝はあざみ
さだめの道は はてなくも
かおれよせめて わが胸に


この歌は.作詞の横井さんが
下諏訪・霧ヶ峰八島湿原を散策中
自分の理想の女性を.あざみにだぶらせて
創作したものだそうです。

恋の歌だったんですね。
いちろうさんが
そこまで知っていたかどうかは.不明 (^_-)-☆

でも
アザミを見て
刈り取らずに残してあげたいって思ったのは
事実でしょう。

なんという.粋なはからい!!
いちろうさん.素敵です♡

IMG_0424.jpg

つ・ぼ・み
ほんのり.あざみ色が見えてきたところです。


ところで

あざみの歌の詩を書いていたら
新たな気づきが・・・

    ♫

秘めたる夢も ひとすじに
くれない燃ゆる その姿

さだめの道は はてなくも
かおれよ せめて わが胸に

    ♫


野に咲く.可憐なアザミ
伸び伸びと.たくましく咲くアザミ
葉っぱのとげとげは.いっぱいあるけれど
農家のいちろうさんの手をとめさせた
愛らしいアザミ

そんなアザミの花を
わたしのこころの花園にも
咲かせたいなあって思います。

そんなことを気づかせてくれた
いちろうさんに感謝!!

粋な おはからい ありがとう ♡

 
      ✐おり~ぶ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ









マイ エンジェル

ゆらり ゆらゆら.ワカメ運動

comment iconコメント ( 2 )

おり~ぶさん、おはようございます。

あざみのお話すてきでした。
田んぼのあぜ道に残ったアザミに、おり~ぶさんの広がる想像力。
おり~ぶさんは、きっと心豊かなお方なのですね。

見習いたいと思いました^^

名前: アーモンド [Edit] 2016-08-19 10:02

Re: comment

アーモンドさん.こんばんは~♪

コメントを.ありがとうございます。

あざみの話.すてきって言ってもらえて
うれしいです!
ブログに書きたい話って思うと
つい空想癖が出ちゃうんです(>_<)

ほめて頂いて
ありがとうございます(^_-)-☆

名前: おり~ぶ [Edit] 2016-08-19 17:42

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)