昨日の新聞記事・・・

「認知症に安心 図書館の試み」という見出しで
図書館の 認知症への取り組みを紹介していました。

認知症のお年寄りが 快適に過ごせる居場所を
図書館にも作ろうというもの。
認知症の人が 興味を持ちそうな本を集めたコーナーを作る。
困っている人への対応の仕方を 職員が学ぶ。
そういったことらしいです。

それだけ 図書館でも 認知症の人への対応に困っている
という現実もあるのでしょうね。
図書館の本を 自分が買ったといって持ち帰ってしまう
そんな人もいるらしいのです。
でも わたしだって 認知症になったら
それぐらいのこと しちゃうかもしれません。

厚労省の推計では 2025年には
認知症の高齢者は65歳以上の5人にひとり・・・
(記事内に書かれていました)

2025年・・・8年後よ わたしは69歳
どうしてるかしら。
いろいろ予防していたって なる時にはなるかもしれない(>_<)
ほんと ひとごとではないなあと思います。

ところで 記事では
次のような 取り組みの事例を紹介していました。
●世田谷図書館の 認知症コーナーの設置
●練馬区の図書館の スタンプカードの利用 職員の研修
●愛知県の市立図書館の 高齢者施設での読み聞かせや
                  グループ回想法

なるほどねぇ。
いいですねぇ。

・認知症や介護保険関連の書籍を 一か所に集める。
・地域包括センターの案内や医療機関のリストを提示する。
・職員も 認知症の人への対応の仕方を学ぶ。
・司書が出張して 高齢者施設で読み聞かせなどをする。

こんな地道な活動が 継続して行われることで
認知症の人やその家族は 安心して 
図書館を利用できるようになるでしょうね。

わたしも たまに 図書館に行きますが
平日は 特に
シニアの方達が たくさん来館しているように思います。
わたしだって 仕事を辞めたら 今よりもっと
図書館を利用することが多くなると思うので
認知症の人はもちろんのこと
高齢者にやさしい図書館づくり どんどんやってほしいな。

記事の中では
「認知症の人にやさしい 小さな本棚」の写真が載っていました。
歳をとれば
背中も丸まり 背が縮み 腰も曲がってくるのです。
おまけに 目も悪くなってくるから
じ~っと近づいて本を探す そんなことも起こってくる。
車いすに乗っているかもしれないしね。
そうなると 目線は ぐ~んと下がるでしょう。
そこで 背の低い 小さな本棚 というわけかな。
認知症とひとくちに行っても 症状も程度も様々だけど
少なくとも 探しやすい本棚という点は 重要ですよね。

   🍃

もし 認知症になっても できるなら 本を読みたいわ。
重症だと難しいかもしれないから そこは厳しいけれど
軽度の時は まだまだ ふつうの暮らしができるかも。

わたし 母の晩年は 一緒にくらしたんだけど
母は 軽度認知症と診断されていました。
脳梗塞もやっていたので 脳血管障害からくる認知症。
わたしが お勤めに行っている間 留守番をしていたり
デイサービスに行ったりしてました。

母は 本好きというわけではなかったけれど
わたしが 図書館から借りてきた 草花の図鑑や
自然を写した写真集など 繰り返しページをめくってました。
とにかく 花好きな母でしたから。

「もう 見ちゃったよ」と言われると
次のを借りてきて・・・そのころは 今より
図書館に通いました。母が喜ぶような本を探しにね。

わたしには 頼れる娘や息子はいないからなあ (>_<)
図書館 自分で行くしかないし・・・
でも もっと 高齢になっても
ぎりぎりまで 自分の足で行けたら それは幸せよね。

住み慣れたところで
それまでの暮らしを維持して行ける
それは とっても幸せなことのように思います。

だから
認知症にやさしい図書館は 大歓迎!!

でも

認知症は 歓迎したくないわ(-"-)
とりあえず
予防にいいこと ひとつぐらい やらないとね。

図書館に行って 本を選び 読んでみる・・・
そんなことも そのひとつかも


         おり~ぶ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




三ヶ月に一度の歯科検診・・・
中身は 歯のお掃除です。
確か 9月にも 歯科のことを書いたような・・・
あれから 5か月経過して
歯周病のわたしの歯 その状態はいかに・・・?

12月に予約してあったのをうっかり忘れていて
ドタキャンしてしまい 予約を取り直して
先日 歯科にいってきました。

歯科衛生士の女性は3人
それぞれ 個性があって 長く通っていると
なんとなく 違い(やり方 性格?)が感じられてきます。

今回は 比較的 きびきびした感じのひと
話し方も しゃきしゃきとしている。
「椅子を倒しますね」と パシッと言われて
こちらも勢いよく 「ハイッ」と 返事しました。
そんなに元気な訳じゃないんだけれどね。
むしろ 歯科のお椅子は好きじゃな~い。

わたしは 最初の歯茎のチェックの時から
目をつむって 痛そうにしています。
眉間にしわがよってると思う。
だって チクチクと痛いのだもの。

どのような形状の器具かは 何となく想像するけれど
実物をしみじみ見たことはないから
怖さは 百倍 とても鋭利なもので タッチして
歯茎の様子を見てるんでしょ。
わたしのは 若々しく健康的な歯肉ではないから
よけい 痛いんだと思います。

それが終わると まず機械で洗浄 💦
少し 水がしみるような気がするのだけれど
耐えてます(>_<)

次に 器具でお掃除 💦
歯石をとり 歯の裏の汚れを削る 
ギシギシ ギシギシ
どんな擬音語で表現していいかわからないような
複雑な音のような気がするけれど
この ギシギシが
義歯 義歯という悪魔の言葉に聞こえます(>_<)

口の中を 器具が あっちに行ったりこっちに行ったり
衛生士さんも一生懸命汚れを落としてくれてます。
ただ わたしが思うに・・・ 
口の中を ある一定の順番に 例えば
左上奥から右上奥 そして 右奥下に下りて 左奥下に
というように やってくれないかしら?

順番に丁寧に見ていけば 
始まりと終わりがきっちりしているから
わたしとしては安心なのです。
衛生士さんはもちろん いちおう順番にはみていきますよ。
でも まんべんなく 口の中を徘徊したあと
「ああ もう終わりだわ~」とほっとしていると
急にまた 最初にやったところに戻ったりするから
「え~ まだ あったの 汚れてるとこ」って
がっかりしてしまう。
あまり それを繰り返されると 口も疲れてしまうの。

衛生士さんも それだけ 見落としがないように
気をつけてくれているのは よ~くわかるから
わたしのわがままだとは思うのだけれど
歯のお掃除の際の 患者の心理的な負担
ほんの少しだけ ご配慮して頂けるとありがたいなあ。
すみません 勝手言ってm(__)m
衛生士さんのお働きは 大変感謝しております。

歯のお掃除は その後 歯磨きをして フッ素を塗って終了。

5分ぐらい フッ素を塗ったままにして 
あとは 口をゆすいで K医師の診察待ち。

「こんにちは~」と優しい声で 入ってきたK先生は
イケメンよ たぶん。マスクで お顔半分は見えないけどね。

K先生 口の中を隅から隅まで よ~く診て 言いました。
「右上の奥 気をつけてくださいね。
いつ ポロッと落ちるかわかりませんよ。
右下の奥も 同じような状況です。
くれぐれも お大事に。よ~く お手入れしてください」

やっぱりね 言われてしまったあ (>_<)
このごろ 以前より グラグラしているような気がしてたの。
その歯は もう数年来 とりあえずの処置で 何とか
そこに とどまっているのですよ。
何回か 炎症をおこしたりして K先生に
そのたびすがっているのです。
「できるだけ 抜かない」が K先生のモットーなので
何とか ここまで きたわけだけど・・・

いよいよ この右上奥の歯とも お別れが近いのかしら。
あ~あ 切ないわねぇ。

わたしの歯の行く末や いかに・・・

まあ あまり考えていたって しょうがない。
なるようになるからね。

こころをいれかえて!?  お口の中のケアしよう。

衛生士さんも 
「歯茎が下がってきているから 歯ブラシをあまり強くあてると
さらに下がってしまうので やさしくやさしく。歯の裏は縦磨き
してください。糸ようじなども使って 丹念に汚れをとって」と
バシッとアドバイスしてくれました。

次の予約は 5月。
その日までに K先生にお目にかかることのないように
しっかり セルフケアしなくては。

ポロッと落ちたら困るから
大好きなおせんべいやりんごは 左奥歯で噛みますよ。

どうぞ どうぞ いましばらく

ポロッと落ちませんように

            おり~ぶ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村





 

市の広報紙を見ていたら
「老人福祉センターの教室」という見出しが 目に留まった。

老人福祉・・・
まだ遠い言葉だったような気がしていたけど
何だか この頃 身近な言葉に思えてきます。 

その紙面 じっくり読んでみることにしました。

老人福祉センターは 市内に7カ所ある。
そこで 様々な趣味の講座が開かれているらしい。
利用者の対象は 「市内に居住する60歳以上の方」

あら わたしじゃん。

ふむふむ  なになに・・・
料金は無料とある。あら なんて魅力的♪
そこんとは 重要です。
教材費は自己負担。これは 当たり前よね。

どんな趣味の講座があるのかしら。 
民謡 詩吟 歌謡 オカリナ 和太鼓 墨絵 書道 ちぎり絵
絵手紙 エコクラフト 陶芸 フラワーアレンジメント 太極拳
ヨガ スポーツ吹き矢 健康気功 フラダンス 民舞 茶道 など  
 
へぇ~ いろいろあるのね。
定員は 8名~30名 内容によって幅があります。
ひとり 一教室なんだって。

この中で もし わたしが選ぶとしたらどれかしら?
興味があるのは ヨガ 健康気功 オカリナ・・・?
からだにいいこと 定期的に通ってやってみたい気もするし
亡夫・太郎さんがちょこっと楽しんでいたオカリナ・・・
吹き手がいなくて 
ひっそりぽつんと引き出しの中に眠っているので
再登場してもらってもいいかもね。

なんて またまた あれこれ 気まぐれ妄想しちゃいます。

開催日と時間を見たら すべて 平日の午前中で 12時終了。
あるいは 13時から15時。夜の開催はなし。
「老人」の生活スタイルに合わせてるのね。

地区ごとにある市民センター(公民館)でも
趣味の教室をやっていて 年度初めに募集の告知が
あるけれど あちらは どうなのかしら?
ある程度教室で学んで さらに続けたいひとは
○○クラブとして活動しているということも聞いたことがある。
好きなことを見つけて 続けられるって いいね。

そういえば 以前
「趣味がないのよ 何かやりたぁい」と叫んでいた先輩に
「公民館で いろんな講座 やってますよ」と言ったら
「それも いいけど 人間関係が煩わしいんじゃないの?
お勉強が終わって お昼食べにいきましょって誘われるとか
そういうことが嫌だから そこは無理だわ」と苦い顔。

その彼女に 「老人福祉センターの教室は?」なんて言ったら
「駄目 だめ 絶対ダメ~」と怒られそう💦
とは いっても 彼女は 今
勇んで スポーツジムに通ってます。
目的は ただひとつ 体力維持・増強!!
当然 皆さまとのランチには行きません。
3回断ったら 誘われなくなったって。
でも 気もちよく挨拶しあってるって言ってます♪
ひとはひと 自分は自分の我が道 まっしぐら。
それは それで いいんじゃないでしょうか。

老人福祉センターの趣味の教室・・・

仕事を減らして自分のための時間が増えたら
趣味のための こんな受け皿があるのね。

先輩が言っていたように 
ひとが集まれば 確かにいろいろなことはあるでしょう。
いいところがあれば そうでないところもあるのが ひと
光あるところに影があるのは 当たり前・・・

でも どんどん 歳を経てくると
同年代や先輩のひとたちとの 交流は 
より 大事になってくるように感じます。
共に 老いを生きていく その心情を共有できる場は
特に ひとり暮らしのわたしにとっては
なくてはならないもの そんな気がしています。

そういった場は リアルな日常だけにあるのではない。
ブログを書くようになって 読むようになって
みなさんの 今を生きる思い これからを生きていく思いに
触れさせて頂くと
ああ このブログの世界にも 思いを共有して頂ける場が
あったのだ!!と しみじみ うれしく思うのです。

おっとっと
老人福祉センターからブログへと
思いをめぐらせてしまいました(^_-)-☆

老人福祉センターも ブログも
共通するところは ひととの交流が そこにあるということ。
老いていく身には なおさら 欠かせないもの・・・

老人福祉センターの教室のような場も
これからの生きがいのための
重要な選択肢のひとつになるかもしれません。
あくまでも わたしにとってはね♪

老人福祉センター・・・
それにしても この名称 なんとかならないのかしら💦
なんちゃって・・・(^_-)-☆


老いと向き合って 生きる 


           おり~ぶ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村





 

数日前 届いた 大きな青い封筒・・・
重要書類とあったが 少々忙しく 封を開けずにいた。

昨日 おもむろに中身を取り出すと
共済組合からの 年金の書類でした。

昭和30年4月2日生から 昭和32年4月1日生の人には
62歳から 特別支給の老齢厚生年金が支給されるとのこと。

先輩からきいていたことでしたが
ついにわたしにも 届いたわという感じ。

わたしは 21年間 共済組合に加入。
その後は 国民年金を毎月毎月・・・💦

でも
書類を読んでいくと
遺族年金を受けている人は 別の書類が必要とのこと。
そう わたしは 夫の遺族年金♡を受給してるのですよ。

電話せよと書いてあるので そうしたところ
年金の受給選択申出書が必要だって・・・
遺族年金か その特別支給の老齢・・・か
どちらかを選択するらしい。

この どちらかひとつということについては
わたしも 認識はしていましたが
それは 65歳からだと 勝手に思い込んでました。
もう この時点でも どちらかチョイスなんだなあ。
浅はかな 知識でした(>_<)

自分の方を選んだら
遺族年金は完全ストップ・・・そりゃ そうだよね。
そういう仕組みですから しかたない。
遺族年金と 自分の年金と 金額を比較しなくては
決められないから 試算書も送ってもらうことにしました。

試算書が届いたら じっくり検討しなくては。

たぶんどちらを選んでも
年金だけでまかなっていくのは かなり厳しいと思ってます。

今 パート勤務している病院も
更新期間はあと一年 つまり来年度で 卒業になるので
新たな収入源を確保しなくては と 思っているのですが・・・
まあ いろいろ 難しいわねぇ。
いつまでたっても 悠々自適な毎日にはならないだろうな。

まあ もともと 働くのは苦にならない。
うちの母のこと 以前も書いたと思うけれど
75歳まで 金魚の卸売り業の手伝いをしてレジも打ってたの。
そんな姿を見ていたので 
こころとからだがOKなら もうしばらくは働きたい思います。

こんなふうに 書いていると
夢みる夢子のわたしも
経済面の老いの現実に 向き合わざるを得ませんね。

老齢厚生年金のお知らせを見たら
いよいよ わたしにも来てくれたのね!(^^)!という思い
いよいよ 年金だけの暮らしが近いんだわ(*_*)という思い
いろいろあって 何だか 複雑です。

仲良しの先輩が 以前 言ってたの。
「年金の書類が届いた時 すごくショックで
しばらくの間 封を開けられなかったの。
ああ そんなに齢とっちゃったのぉ」って。
彼女は 今も 現役バリバリ
老いに抗っているのか なんなのか
仕事人間の様相を呈してます。

わたしのショックは そこまでではないけれど
彼女の気もち ちょっとだけわかるような気がします。

     🍃

それにしても
「老齢」という二文字は かなりネガティブな感じよね。
自然食レストランのシニア割引デイに はりきって行き
「はい 60歳以上です!!」なんて 胸 張ってるし
映画館のシニア料金なんて 喜んで利用してるのにね。
シニアというだけで ほんわかしちゃうんですから
言葉の魔力 恐るべし。

日本ブログ村の カテゴリー「女性シニア」も
「老齢女性」としてたら 誰も登録しなかったりして(-_-;)

あらあら
話がちょこっと 横道に入っちゃった。
そうそう 年金・・・

   🍃

いよいよ 年金だけの生活が じわりじわりと
迫ってきています。
かぎりある予算の中で暮らしていくことは
これまでと同じだけど
さらに 小さな枠組みの中での暮らし・・・

でも 何とかしていくとは思います きっとね(^_-)-☆

こういう時こそ
「足るを知る」の精神・・・

ないものねだりをせず
いまあるものに感謝しながら
こころは豊かに暮らしていければなあ。

わたしの一生だって すでにかぎりがあるのですから
かぎりあるところでの かぎりある暮らし
あたりまえのことなんだんなあと 思います。


それはそうと
来たるべき 年金だけの生活に備えて
節約 節約 


           ✐ おり~ぶ




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




わーくもこ

初っぱなから こんな顔ですみません。

実は 昨日 とんでもないことをやってしまった(>_<)

それはね こんなこと (-_-;)

午前中は 久しぶりのパステル画のお稽古
個人レッスンで先生が 家に来てくれます。
9時~11時の予定なんだけど 長引いてしまい
先生を見送って 時計を見たら 11時40分。

12時半過ぎには 家を出て 仕事に行かなきゃならない。
もう 大慌て。急いで ありあわせの食事をして
仕事着に着替えました。

ブーっと 車で7~8分の病院へ。
階段を ハアハア上がって 誰も出はらっている
ナースステーションを横目に見ながら スイスイと
荷物を置きに 休憩室へ。 

わたしの行く時間帯は 遅番のスタッフが食事中です。
「お疲れ様で~す」といつものようにドアを開ける。
4人のスタッフが「おつかれ・・・」とわたしを見たら
口々に 言うではありませんか!!

「〇〇さん 今日 火曜日だよ」
「どうしちゃったの?」
「なんか 考え事でもしてたんですか?」

えっくもこ

わたしは・・・
その時 初めて気がつきました!!

今日の職場は ここじゃなかった(>_<)

月・水・木・金しか出勤しないわたしが 来たのだもの
スタッフが 驚くはず。

え~っ わたし どうしちゃったんだろうなんて
思っている暇なんかない。
ここじゃないということは・・・
第二・第四の火曜の仕事は 某協会の相談室ではないか!!
そこも 午後1時開始なんです。

「わあ どうしよう  今日は△△△だったの 1時からなのよ」
と 慌てまくっていると
スタッフは わたしより 驚いたような顔で
「え~っ もうすぐ 1時ですよ 間に合いますか?」
「はやく 電話かけなきゃ」って
お箸を持ったまま 心配してくれて・・・
ほんと いいひと達なんです。

って そんなことを言ってるひまはなく
台風一過のようにして 休憩室をあとにしました。
スタッフさん 緊迫!?のひととき ごめんなさい。

病院の外へ出て 某協会に電話をしました。
もう12時50分 完全に間に合いません。
家に戻って 持っていかなくてはならないものもあるし。

電話に出たのは 某協会の事務局長さん
「すみません 急用ができてしまい
30分ほど 遅れます。申し訳ありません」と
こころから言いました。急用というのは ウソなんだけど
今 事情を説明している場合じゃありません。

「だいじょぶですよ。相談の予約 入ってませんから
気をつけてきてください」とお優しい対応に感謝!!
予約が入っていたら とんでもないことになってた(>_<)

ほぼ 30分遅れで 本来の仕事場に到着。
「実は 勘違いして 病院の方に行ってしまって遅れました」
と 正直に話すと
「ああ そんなこともありますよ。連休明けで
月曜日と思ったかな」と 言ってくれましたが これも
1時に予約が入ってなくて 当面困る人が誰もいなかったから。
本来は 許されることではありません。

帰宅する 車中で いろいろ振り返りました。

まず 思ったのは
わたし だいじょうぶかしら 認知的におかしくなっちゃった?

くもこあたま?

年齢相応のものはありますよ それは。
不注意や 思い込みも 確かにあったと思います。

事務局長さんの言うように 連休明けで 月曜日・・・
そんな勘違いも ほんの少しあったかな。
あとは パステルのあと慌てていて 冷静さを欠いていたわね。
仕事に行かなきゃという時点で 
いつもの病院の仕事という 思い込み
制服がわりの 自分なりに決めた服装があるんですが
昨日は 疑いもなく いつものシャツとカーディガンとパンツ。
それを 着ながら たしかに考え事もしてました。
連休前に話を聴いたスタッフのこと どうなったかな?ってね。

それにしても どこかの時点で 気づくはずでしょ ふつう。
認知能力 やっぱり落ちてるのよね。

ほんとに わたし だいじょうぶ?

もともと おっちょこちょいなので
自分の不注意や早とちり 思い込みでドジしちゃうのは
今に始まったことではないけれど
今回ばかりは 恥ずかしさを通り越して かなりショック(>_<)
ひとつのことを考えていると 他のことに注意がいかない。
そんな 体験が増えているような気がします。
若い時に比べて 脳の働きのキャパシティーが狭まっている
そんな感じです。

いかん いかん これはいかん。
わたしの脳は ごまかしがききません。
ふと ふりかえれば 物忘れもほどほどにありますし
61歳の 等身大の 脳なのです。
あるいは 実年齢より 老けてるかもしれない(>_<)

むむむ・・・

ならば そのことを受け入れて 
できるだけ 脳が働いてくれるような工夫をいたしましょ。
とびぬけた脳じゃなくていい それなりの脳でいいから
ひとに迷惑かけないで
自分なりの暮らし方 していきたいからね。

少しだけ 頑張ってみるつもり

        ✐ おり~ぶ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村